サービスの詳細

 JPGなどの商品写真データの色を、実際の商品の色と同じ色になるよう合わせ込み、調整済みの画像データを納品します。

 こういった作業は、一般的なフォトレタッチャーが行う写真の演出のようなクリエイティブな作業とは別の、色を理屈に沿って機械的に扱う技能が必要になります。

色が重要な要素となる商品

 様々な商品の中でも、複数のカラーバリエーションがあるなど、色が重要な要素となる商品もあります。

 そういった商品を実店舗ではなくショッピングサイトで販売するような場合、商品写真と実際の商品の色の差が顧客満足を下げてしまうようなケースも起こり得るのではないでしょうか。

 モニター上の商品と実物の色が近くなるよう商品写真のデータを色補正することで、不満足を防げる可能性が高まります。

ネット通販等のウェブ上で使用する商品写真にも有効

 ウェブ上で使用する商品写真は、閲覧する方のモニターの環境によって色が変わりますので、シビアな色の合わせ込みは意味がないと思われるかもしれません。

 しかし、写真データ自体は、sRGBカラースペースでの表示を想定して、デバイスに依存しない絶対的な色の情報を持たせることができます。

 あてずっぽうではなく、明確な数値管理で写真を作成していることが説明できれば、お客様のご理解を得られ、スムーズな取引が行える可能性が高まります。

 色の明確な基準を決めてあり、理由が論理的に説明できるか、あるいは基準があいまいで論理的な説明ができないか、の違いによってお客様とのやり取りがまったく違ってきてしまうという場面は、オフセット印刷における色校正でも多く見られます。

オフセット印刷にも使用可能

 色を合わせ込んだ写真のデータは、オフセット印刷にも使用可能です。

 完成した商品写真データは、相対的ではなく絶対的な色彩値が決定しています。よって、色に関して正確な理解をしている印刷会社に写真データを入稿し、色は合わせ済みなのでデータの色のまま印刷するよう依頼すれば、合わせた色のまま印刷ができます。

 この作業は印刷会社の色の理解のレベルによっては「できない」と返答されることもありえますので、印刷会社の選択に気をつける必要があります。

商品写真の色を実物の色に合わせる作業の流れ

 商品写真の色を商品実物の色に合わせる作業は、おおまかに以下のような流れで行います。

照明の基準を決める

 物の色は、それを照らす光源によって変わります。

 同じ物でも日中に外で見る色と、夜に事務所内で見る色は少し違って見えます。

 そこで、物を見るときの光源の基準を決める必要があります。

 当サービスでは、基本的に以下の照明下で見た商品の色を基準にします。

  • 色温度5000K
  • 平均演色評価数Ra97

※一般的な事務所・家庭用の昼白色の照明と同じような色です。

明るさ

 同じ環境光の下で同じ商品を見ても、明るさが異なると色が違って見えます。

 そこで、明るさの基準もある程度決めておいた方が望ましいです。

 一般的な家庭や事務所の環境では、400〜1000lxの間くらいの明るさでものを見ている場合が多いです。

商品の色を測定、観察

 基準の照明下における商品の色を測色器で測定します。

 測定値を単純に利用しても色が近くならない場合もあるため、目視で観察もします。

※当事務所の測色器で正確に測定できない製品もあります。そういう場合は目視のみで作業を進めます。

商品写真のデータの色調補正

 商品写真のデータを、測定した測色値を使って色調補正します。

 単純に測色値を利用しても色が近くならない場合も多いため、さらに商品を観察しながら色調補正をします。

 カラーバリエーションの写真などは、同一の背景で撮影されることが多いと思います。

 そのため、同一背景で商品の色のみ異なる場合は、商品の色のみ補正を加え、背景の色がまちまちにならないようマスク処理して作業します。

デバイスに依存しない色表現によるデータの完成

 デバイスに依存しない絶対的な色表現によって画像データが完成します。

 具体的には、例えばAdobeRGBカラープロファイルを埋め込んだTIF画像などで保存します。この画像はカラープロファイルとRGB値の組み合わせにより、絶対的な色表現になっています。

最終出力条件に合わせてデータを変換

 一般的な写真の画像データは、RGBかCMYKの数値で表現されています。

 同じRGB値、CMYK値でも、表示・出力を行う機器によって異なる色になってしまいます。

 そこで、表示・出力を行う機器に合わせて画像データを変換し、RGB値、CMYK値を確定します。

ウェブサイト掲載用の商品写真の場合

 ショッピングサイトなどに掲載する商品写真の場合、スマホ等のモバイル機器やPCモニター表示に最適なRGBデータにします。

 実際のところ、液晶ディスプレイの表示色は機器によって少し違います。
 また、同じ機種のディスプレイを使用していても、人によっては明るさ・色合い等を調整している場合もあります。

 ウェブサイトは不特定多数の方が閲覧するため、モニター表示が人によって差があるのはどうすることもできません。

 そこで、スマホ、PC、いずれの場合もディスプレイの表示特性として最も一般的に採用されているsRGBという特性に合わせて変換します。

オフセット印刷の場合

 特に詳しい印刷条件が分からない場合は、日本国内におけるコート紙の枚葉オフセット印刷の基準であるJapan Color 2011 Coatedに変換します。

 印刷所でCMYK変換する場合は、RGB状態でお渡しします。

商品写真を見るお客様への説明

 商品の観察条件を明確に決めておくことで、商品写真をご覧になるお客様への対応等において、あいまいではなく論理的な一貫した説明をすることができ、お客様の納得が得られやすくなります。

 例えば、「この商品写真は、昼白色の照明で、およそ500lxの明るさで見た色になっています。」と説明します。

 もし商品実物と違って見える場合、商品をご覧になっているお客様の部屋の照明と商品写真で使用している照明の違いが原因で若干色に差が出ていることを納得してもらうことで、理解が得られやすくなります。

写真の色の合わせ込みについてご相談ください

 商品写真の色について何なりとご相談ください。

 レタッチの発注のご予定がなくても、相談だけでも全く構いませんので、お問い合わせいただけると幸いです。