モニターによる商品写真の表示

一般的なモニターで商品写真を見る簡易的な方法

 ウェブ上の商品写真など、画像データは見る人の環境によって色がまちまちになるため、正確な色を表示するのが難しいのが現状です。

 ここでは、商品写真を見るときにできる限りデータ本来の色に近い色で閲覧するための、ディスプレイの表示モードについてご紹介します。

色がまちまちになる理由 〜RGB画像をどういう色で表示するかは各自のディスプレイの自由〜

 Rは赤、Gは緑、Bは青と、一応は決まっていますが、RGB画像をどういう色で表示するかは正確には決まっていません。
 そのため、それぞれのディスプレイで明るく派手に表示したり、コントラスト低めに表示したり、自由に表示することになります。
 そのため、写真のデータも見る人のディスプレイによってまちまちの色に表示されてしまいます。

色がまちまちにならないため、標準色空間sRGBというものがある

ウェブやパソコン周辺機器などで広く使われている標準色空間sRGB

 RGBデータを何色で表示するかがまちまちでは色々と不都合であるため、例えばRGB(200,220,195)はこういう色、RGB(24,63,58)はこういう色、というように決めた規格があります。
 そういった規格の一つがsRGBというものです。

 sRGBは、IEC(国際電気標準会議)が決めた色空間の国際標準規格です。
 元々はCRTディスプレイの色を基にして決められた規格ですが、液晶ディスプレイが普及した現在もデジカメ、プリンター、ディスプレイなどで広く使われています。

専門分野以外では、ほとんどの場合sRGBが前提になっている

 現在のところ、インターネット上で共通の色空間としてはsRGBが最も一般的です。
 そのため、ウェブサイトに掲載されている画像データは基本的にsRGB色空間のデータになっています。

 また、一般的なパソコン、スマホ、アプリケーションソフトなどもsRGB色空間のデータを扱う前提になっています。

 一部、写真や印刷関連など、色を専門に扱う分野ではsRGB以外の色空間も利用されています。
 そのようなAdobe® Photoshop®など、グラフィックを扱う業界向けのアプリケーションソフトではsRGB以外の色空間を使うことも想定されています。

商品写真を見る時、ディスプレイはsRGB特性に近づけるのが適切

 商品写真を見るときは、ご自分のディスプレイをsRGBの特性に近づけて表示すると、データの示す色に近い色で表示できる可能性が最も高いです。

方法1 ディスプレイの表示モードをsRGBにする

 ディスプレイによっては、例えば「sRGBモード」というような名前で、sRGB特性で表示するプリセットがある機種があります。
 例えばEIZO®、ASUS®のディスプレイなどではsRGBの表示モードがあります。

 その場合は、sRGBのモードを選べばsRGB特性に近い状態で表示できます。

 お持ちのディスプレイの説明書をご覧ください。

方法2 sRGBのモードがない場合 色温度、ガンマを可能な範囲でsRGBに近づける

 ご自分でお持ちのスマホ、タブレット、PCモニターでsRGBの表示モードがない場合、色温度、ガンマをsRGBに近づけることでsRGB特性の表示に近づきます。

 sRGBの色温度、ガンマは以下の通りです。

色温度
6500K
ガンマ
2.2

方法3 色温度やガンマが選べない場合 初期状態にする

 ディスプレイによっては色温度やガンマが選べるようにはなっていないかもしれません。

 その場合は、ディスプレイを初期状態にしてみます。

 sRGBはディスプレイで使われている代表的な色空間であるため、ディスプレイの初期状態はsRGBに比較的近い場合が多いです。

 ご自分のお好みで設定を変えるよりは、初期設定の状態の方がsRGBに近い可能性が高いです。

 以上、商品写真を見るときにできる限りデータ本来の色に近い色で閲覧するための、ディスプレイの表示モードについてご紹介しました。

-モニターによる商品写真の表示