モニターによる商品写真の表示

カラーマネジメントモニターで商品写真を見る簡易的な方法

 商品写真のデータをチェックするとき、色を正確に表示する必要があります。
 カラーマネジメントモニターを使えば色を正確に表示できます。
 ところが、モニターのキャリブレーション作業は少しややこしいので、実行できず困る場合もあるのではないでしょうか。

 ここでは、カラーマネジメントモニターでキャリブレーション作業をできるだけ省略して商品写真を正しく表示する方法をご紹介します。

カラーマネジメントモニターのsRGBモードで表示すると良い

 モニターに関しては、カラーマネジメントモニターの「sRGBモード」のようなプリセットで表示すれば、商品写真などのデータを正確な色で表示できます。

カラーマネジメントモニターはたいてい工場出荷時にキャリブレーション済み

 ハードウェアキャリブレーションによって高い精度のキャリブレーションが可能な「カラーマネジメントモニター」があります。

 多くの場合、カラーマネジメントモニターを使うときは自分でキャリブレーション目標を設定してキャリブレーションを行います。

 一方、カラーマネジメントモニターには多くの場合、「sRGBモード」、「●●モード」など予め設定してありキャリブレーションせずに使えるプリセットがあります。

 そのような、自分でキャリブレーションせずにプリセットのモードで表示する場合も正確な表示がされるように、カラーマネジメントモニターは工場出荷時にキャリブレーションされています。

写真のデータを簡単に正確な色で見たい時はsRGBモードで表示すると良い

 カラーマネジメントモニターを用意し、sRGBモードで表示することで、商品写真などのデータを正確な色で見ることができます。

 例えばEIZO®のカラーマネジメントモニターの場合、たいてい「sRGBモード」という表示モードが付いており、ディスプレイ全面のボタンでモードを選べます。

 EIZO®のカラーマネジメントモニターColorEdge®であれば、最も低価格のモデルでもsRGBモードは付いています。

色温度、ガンマなどは変更できませんが、気にする必要はありません

 sRGBモードで表示する場合、自分でキャリブレーションを行わないので、当然ながら色温度、ガンマなどは選べません。

 白色点の色温度はsRGBの色温度である約6500Kで表示されます。

 ガンマはsRGBのガンマである約2.2になります。

 ややこしくなるので詳しい説明は省略しますが、この数値は気にする必要はありません。
 このsRGBモードで表示すれば、データの色は正確に表示されています。

画像データを表示するソフトについて

 モニターに関しては上記の説明の通り、カラーマネジメントモニターのsRGBモードを使うだけで問題ありません。

 もう一つ必要なこととして、商品写真などのデータを表示するアプリケーションソフトの問題があります。

画像データがsRGBの場合、たいてい何で開いても問題なし

 sRGBはパソコン、モニター、プリンターなど様々なところで使われている標準色空間です。

 パソコンや周辺機器などは、無意識にsRGBのデータを扱ったときにうまく作業できるように作られています。

 そのため、商品写真の画像データがsRGBのデータなら、どのアプリケーションソフトで開いてもたいてい正確に表示されます。

 ウェブサイトに掲載する写真も、sRGBの画像データが基本になっています。

sRGB以外の画像データの場合、カラーマネジメント対応アプリケーションソフトが必要

 sRGB以外の画像データを正確に表示するには、カラーマネジメント対応アプリケーションソフトを使う必要があります。

 カラーマネジメント対応ではない多くのアプリケーションソフトは、sRGB色空間で作成されたデータを扱う前提で作られています。

 sRGBを前提としているソフトでsRGB以外のデータを扱うと、データが示す色とは異なる色で表示されてしまいます。

 Adobe® Photoshop®、Adobe® Photoshop® Elementsなど、カラーマネジメント対応のアプリケーションソフトを使って適切な手順で表示すると、sRGB以外の色空間で作成された画像データも正確な色で表示できます。

カラーマネジメト対応アプリケーション使用時の注意点

 カラーマネジメント対応アプリケーションソフトは様々な色空間のデータを正しく扱える反面、注意点もあります。

 sRGBの画像データをカラーマネジメント対応アプリケーションソフトで開く場合、手順を間違えると不正確な色で表示されてしまいます。

 その点、カラーマネジメントに対応していない一般的なアプリケーションソフトは、色空間の扱いに詳しくなくてもsRGBのデータを扱う限りはほぼ正確な色で作業ができるように作られているので、楽です。

Photoshop Elementsによる写真のデータの開き方

 Photoshop Elementsで写真を正確な色で表示するには、以下のような手順で開きます。

手順エキスパート」を選択します。

エキスパートを選ぶ

手順編集 > カラー設定]と進み、カラー設定で「画面表示用に最適化」を選択し、OKをクリックします。

カラー設定で「画面表示用に最適化」を選択

 これにより、写真のデータを開いたとき、埋め込みプロファイルがあれば埋め込みプロファイルを使って開かれます。
 例えば、AdobeRGB埋め込みの写真のデータを開けば、AdobeRGBカラースペースで開かれます。
 sRGB埋め込みの写真のデータを開けば、sRGBカラースペースで開かれます。

 よって、プロファイル埋め込みの画像データは問題なく正確に表示されます。

 一方、埋め込みプロファイルのないデータを開いた場合は、sRGBカラースペースで開かれます。
 sRGBの画像データで埋め込みプロファイルなしのデータはたくさんあるので、sRGBカラースペースで開くのが無難です。
 もしsRGB以外のカラースペースで作成した画像データであるにもかかわらず埋め込みプロファイルがない場合は、おそらくデータ作成元のミスです。ほとんどないケースですので対応しなくても問題ありません。

手順 カラー設定は済んだので、あとは普通に画像データを開きます。その結果正確な色で表示されます。

写真のデータがsRGB以外でも、モニターはsRGBモードで問題なく正確に表示されます

 上記の説明のとおり、カラーマネジメント対応アプリケーションソフトで写真のデータを開き、カラーマネジメントモニターのsRGBモードで表示すれば、sRGB以外のデータでも正確な色が表示できます。

 モニターがsRGBモードであれば、AdobeRGBの写真は正確にモニター表示できないのではないか、と感じるかもしれません。
 しかしその心配はいりません。
 上記の説明の手順で表示すれば、AdobeRGBなどの写真の色が、sRGBモードのディスプレイで表示するために変換されて正確に表示されます。

スマホや一般的なPCモニターと比較してみるのも良いでしょう

 以上のように、カラーマネジメントモニターのsRGBモードを使用すると商品写真のデータの本来の色を見ることができます。

 もしネットショップであれば、お客様は商品写真を自身の端末のウェブブラウザで表示するでしょう。

 そこで、カラーマネジメントモニターのsRGBモードで正確に表示した写真と同じ写真を、お手元のスマホや、事務作業用のパソコン画面などで表示して比べてみるのも良いでしょう。
 お客様が写真のデータ本来の色とどのくらい似た色で表示しているかを推測できます。
 意外と近い色かもしれませんし、古いパソコンの画面などではかなり違う色に表示されてしまうかもしれません。

 以上、カラーマネジメントモニターのsRGBモードを使って、商品写真を簡単に正しく表示する方法をご紹介しました。

-モニターによる商品写真の表示