色を扱うための知識

商品の本来の色とは? 照明によって変わる商品の色を人に伝える方法

 服や装飾品その他、微妙な色のバリエーションがたくさんある商品は世の中にたくさんあります。

 そういった商品の色がどういう色か人に伝えるためには、「こういう色」と表現できなければなりません。

 ところが物の色は事務所、屋外、家の中など、環境次第で違って見えてしまうので、「どういう色」と言えばよいのかつかみどころがないのではないでしょうか。

 ここでは、物の色をどういう光の下で確認すれば良いのかをご紹介します。

商品の色は商品を照らす照明によって変わってしまう

 昼光色のLED照明の下で商品の写真を撮影して、お客様にその商品写真を見せて「こういう色の商品です」と伝えたとします。

 その商品写真を見て「いい色ですね」と言ってお客様が商品を購入したとします。

 もしお客様が自分の家の電球色の照明の部屋で商品を見たら「写真と色が違うではないか」と思うでしょう。

 写真に写っている商品は昼光色の照明に照らされていますが、一方お客様が家で見ている商品は電球色の照明に照らされているからです。

 このように、商品の色は商品を照らす照明が違うと別の色に見えてしまいます。

色を人に伝えるには、商品を見る時の照明の色を決める

 商品の色は商品を見る時の照明が違うと別の色に見えてしまいます。

 そこで、商品を見る時の照明を同じくすれば、場所が違っても同じ色に見えます。

 例えば昼白色のLED照明の下で商品の写真を撮影して、お客様にその商品写真を見せて「こういう色の商品です」と伝えたとします。

 その商品写真を見て「いい色ですね」と言ってお客様が商品を購入したとします。

 お客様が自宅の昼白色のLED照明の部屋で商品を見たら、ほぼ商品写真と同じ色に見えるでしょう。

具体的な照明の色の基準

 上記の説明のように、色についてやり取りするには物の色を見るときの照明の色を決める必要があるため、CIE(国際照明委員会)やJIS、日本印刷学会などでいくつか照明の規格が作られています。

 一般的によく使う規格としてはCIE標準イルミナントD65、CIEイルミナントD50などがあります。

D50は昼間の南の色

 D50は、おおまかにいうと晴れの日の昼間の南の色です。北側よりは少し黄色っぽいです。
 真っ白な部分の色温度はおよそ5000Kです。

 一般的に売られている照明器具でこのD50の光に似ている照明は、「昼白色」の照明です。

D65は昼間の北の色

 D65は、ごくおおまかにいうと昼間の北の色です。太陽が昇っている南側よりは少し青いです。
 真っ白な部分の色温度はおよそ6500Kです。

 一般的に売られている照明器具でこのD65の光に似ている照明は、「昼光色」の照明です。

商品を見る照明としてD50を基準にするのがおすすめ

 D50に近い照明を基準とするのがおすすめです。

 家庭でも事務所でも、D50に近い昼白色の照明は広く使われています。

 また、より正確に物の色を確認するために使われる高演色性の色評価用照明も、D50に近い5000Kの製品が広く使われており、手に入りやすいです。

D65に近い照明下で見た時はどうなるか

 同じ商品をD50の照明下で見た場合の写真と、D65の照明下で見た場合の写真を並べて比較すると、D50よりD65の場合の方が青白く見えます。
 逆に、D65よりD50の方が黄色っぽく見えます。

 ところが、これはあくまで比較した場合です。

 D50の照明の部屋にいると、人の視覚は色順応の性質により白いものは白く見えるように補正されます。

 D65の照明の部屋にいても、人の視覚は白いものは白く見えるように補正されます。

 その結果、D50の部屋では物が黄色っぽく見えたり、D65の部屋では物が青白く見えたりはしません。

 ほぼ同じように見えます。

D50の照明下で色について話をする

D50の照明下で見たときの商品の写真を掲載

 照明の基準をD50と決めたら、商品写真もD50の照明下で見た時の商品の写真
を使います。

お客様がD50に近い照明下で商品を見た場合

 お客様が、昼白色の照明などD50に近い光源の下で、手元の商品とモニター上の商品写真の色を見比べたとします。

 この場合、手元の商品はD50に近い照明下で見ており、モニター上の商品写真もD50の照明下で見た時の色になっているので、ある程度近い色に見える可能性が高いです。

お客様がD65に近い照明で商品を見た場合

 お客様が、昼光色の照明などD65に近い光源の下で、手元の商品とモニター上の商品写真の色を見比べたとします。

 この場合、手元の商品はD65に近い照明下で見ている一方、モニター上の商品写真はD50の照明下で見た時の色になっているので、手元の商品とモニター上の商品写真の色が少し違う色に見える可能性があります。

 これは商品写真をモニター上で見てもらう場合には避けられない問題です。

秩序立てた説明でお客様の理解を得る

 上記の問題は理論上仕方のない現象であるため、秩序立てた説明を行えばお客様の理解を得られる可能性があります。

 例えば以下のような説明で、理解を得られる可能性があるのではないでしょうか。

「この商品写真は昼白色の照明下で見た場合の色になっています。商品の色は照明が変わると少し違って見えてしまう可能性があります。何卒ご了承ください」

商品を見る時の明るさの問題について

 商品を見る時の照明の色の他に、明るさの問題があります。

 明るさは、照明の色と違って基準を決めるのはかなり困難です。

 明るさは、商品を日中の屋外で見れば10000ルクス以上、かなり明るい室内で見れば1000ルクス前後、通常の明るさの事務所や部屋であれば500ルクス前後など、見る状況で大きく異なります。

 また、同じ明るさの部屋でも、商品を持ち上て見たり下ろして見たりすることで照明との距離が変われば、簡単に明るさは数百ルクス変化したりします。

明るい方が彩度が高めに見える

 明るさの違いによる色の見え方の違いの一例としては、明るいところで見るほど彩度が高く見えます。

商品によって適した明るさを検討すると良い

 明るさは、基準のようなものはいくらかありますが、商品写真を扱うときに単純に利用できるような基準はあまりありません。

 そこで、商品によって適した明るさを検討するのが良いのではないでしょうか。

 お客様が、多くの場合室内で商品を見て、モニター上の商品写真の色と見比べる可能性が高いケースでは、例えば明るさを500ルクス前後に決めておくと無難かもしれません。

 あるいは、お客様が多くの場合日中の屋外で商品を見て、屋外でスマホ等の画面で商品写真の色と比較する可能性が高いケースでは、例えば明るさを2000ルクスくらいなど高めに決めておくと無難かもしれません。

明るさの違いによる色の見え方の違いをお客様に説明する

 明るさの違いによっても色の見え方に違いが出てしまうため、この点でもお客様へ秩序立てた説明をした方が良いかもしれません。

 照明の色の違いによる説明に、明るさの観点も加えて、例えば以下のような説明によってお客様の理解を得られるのではないでしょうか。

「この商品写真は昼白色の照明下、明るさおよそ500lx前後で見た場合の色になっています。商品の色は照明の条件が変わると少し違って見えてしまう可能性があります。何卒ご了承ください」

 以上、商品の色を人に伝える方法についてご紹介しました。

-色を扱うための知識