カラーマネジメント関連機器 カラーマネジメントツールの使い方

色を正確に見るのに適した照明 Z-80PRO2 

投稿日:

Z-LIGHT LEDデスクライト 高演色LED ブラック 上締めクランプ付き Z-80PROIIB

 物の色は照明によって変わります。
 そこで、色について人と正確に話すには、照明の基準を決めます。

 物の色を確認するときに適した机用の照明、Z-80PRO2をご紹介します。

色を正確に見る時に使われる照明の光源はいくつかある

よく使う光源

 色を正確に見たい時に使う照明の光源は一種類に決まっているわけではありません。

 一般的には、色温度6500Kで演色性が高い照明をよく使います。

 印刷業界などでは、色温度5000Kで演色性の高い照明を使います。

反射原稿・印刷物の観察用の照明の規格

 反射原稿・印刷物は、以下の条件の照明で観察することが推奨されています。

CIE昼光D50 平均演色評価数Ra95以上

(※ここに掲載したものは主な数値のみです。実際はもう少し詳しいです。)

観察条件の日本印刷学会推奨規格について

 (一社)日本印刷学会推奨規格 JSPST-2008「製版・印刷分野における反射物とディスプレイの色評価を伴う作業時の観察条件」が、日本印刷学会のウェブサイトで販売されています。

Z-80PRO2 色温度5000Kの高演色LED照明

 山田照明のZ-80PRO2は写真などをみるときの照明として適しています。


楽天市場 Amazon

メーカーのウェブサイト

主な仕様

  • 製品名 Z-80PROII
  • LED12.0W(白熱灯100W相当)
  • 色温度 5000K
  • Ra97
  • 消費電力 12W
  • 無段階調光

色温度5000Kの照明

 Z-80PRO2の光源は色温度5000Kです。

 写真などを見る場合は色温度5000Kの照明で見る場合が多いので、写真の作業等に向いています。

高演色性の照明 平均演色評価数Ra97 特殊演色評価の結果も良い

 Z-80PRO2の光源は高演色性で、平均演色評価数Ra97ということです。

 自然光に近いです。

 平均演色評価数だけでは演色性を評価しきれない部分があります。
 Z-80PRO2のメーカーの説明によれば、特殊演色評価でも良い結果になるよう作られているということです。

Z-80PRO2の使い方の例

部屋全体の照明は昼白色が良い

 Z-80PRO2はデスクライトです。
 そのため、部屋の天井照明を点けた状態で、Z-80PRO2を使用する場合が多いでしょう。

 部屋の天井照明として例えば色温度6500K、昼光色の照明を使用し、机でZ-80PRO2を使用したとします。

 そうすると、6500Kの光とZ-80PRO2の5000Kの光が混ざります。

 この状態で写真などを見ると、6500Kの光と5000Kの光が混ざった光で見た色に見えます。

 このような光で物を見るのが間違いということは特にありませんが、自分がどのような光で物を見ているのか判断しにくくなります。

 そこで、部屋の天井照明は昼白色のものを使うと良いでしょう
 昼白色の照明の色温度はたいてい5000K前後です。

 このようにすると、天井照明が高演色性ではないとしても、色温度はZ-80PRO2と近くなります。
 この結果、物を見たとき色温度5000K前後の光で見た色である、と把握できて作業しやすいです。

目的の明るさに調整する方法

 例えば、写真を500lxの明るさで確認したいとします。

 以下の手順で明るさを細かく調整することができます。

step
1
大体の感覚で明るさを調整する

 まず、Z-80PRO2の明るさ調整用のボタンを長押しして、見た目の感覚でだいたい500lxになるように明るさを調整してみます。

step
2
机の明るさ(lx)を測定する

 感覚でだいたい調整したのち、机の明るさ(lx)を測定してみます。

 明るさの測定は照度計を使用したり、測色器を使用したりします。

 色を正確に扱う作業をしている人なら、カラーマネジメントツールを持っている場合も多いでしょう。
 カラーマネジメント用の測色器で、明るさを測定できるものもあります。

step
3
Z-80PRO2の明るさを再度調整する

 机の明るさを測定した結果、もし500lxより大きく離れていたら、再度Z-80PRO2の明るさを調整します。

 Z-80PRO2の明るさを調整し、机の明るさ(lx)を測定、という作業を何度か繰り返し、ある程度500lxに近い状態にします。

step
4
Z-80PRO2の光源の位置を上下に調整し、明るさを調整する

 Z-80PRO2の調光機能ではそれ以上調整できなくなったら、次は光源自体を上下に動かして明るさを調整します。

 明るさの測定結果が500lxより明るい場合は、Z-80PRO2を若干上げます。
 明るさの測定結果が500lxより暗い場合は、Z-80PRO2を若干下げます。

step
5
机の明るさ(lx)を測定する

 Z-80PRO2を上下に動かして微調整したのち、机の明るさ(lx)を測定します。

step
6
再びZ-80PRO2の光源の位置を上下に微調整し、明るさを微調整する

 再びZ-80PRO2の光源の位置を上下に微調整し、明るさを微調整します。

 光源を上下に微調整し、机の明るさを測定、を繰り返して、机を500lxに十分近づいたら完了です。

 以上、物の色を確認するときに適した机用の照明、Z-80PRO2をご紹介しました。

スポンサーリンク

Z-80PRO2


楽天市場 Amazon

メーカーのウェブサイト

当ブログ参考記事


色を扱う事務所の天井の照明を、色評価用の高演色LEDに変えるには

 写真やグラフィックデザインの仕事をしたり、色が重要な商品を扱う場合などは、色を正確に見る必要があります。  家庭用と違い、事務所の天井照明に使える高演色LED照明は色々な会社で製造されています。   ...


商品の本来の色とは? 照明によって変わる商品の色を人に伝える方法

 服や装飾品その他、微妙な色のバリエーションがたくさんある商品は世の中にたくさんあります。  そういった商品の色がどういう色が人に伝えるためには、「こういう色」と表現できなければなりません。  ところ ...


照明に関する本

ムック

カラーマネジメントの本



平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント関連機器, カラーマネジメントツールの使い方
-

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.