カラーマネジメント対応ソフトの操作 PDFに関する記事

WindowsのAcrobat Readerからメーカー純正紙に正確な色で印刷する方法

2020年7月31日

 印刷用のPDFのレイアウトデータなど、PDFファイルを正確な色でインクジェットプリンターで印刷したいケースは多いでしょう。

 Acrobat Reader自体にはそれほど詳しいカラーマネジメントの機能はありませんが、OSのカラーマネジメント機能を利用すると、プリンタープロファイルを利用した正確な印刷が行えます。

 ここでは、プリンターメーカー純正紙とプリンター付属のプリンタープロファイルを使用し、PDFファイルをWindows®のAcrobat Readerからカラーマネジメントを行ってインクジェットプリンターで印刷する手順の一例をご紹介します。

メーカー純正紙以外に印刷したい場合は別の方法が必要

 インクジェットプリンターにはたいていプリンターメーカー純正紙用のプリンタープロファイルが付属しています。
 このプリンター付属のプロファイルを利用して、メーカー純正紙に正確な色で印刷ができます。
 一方、メーカー純正紙以外を使う場合は、自分のプリンターと使用する用紙の組み合わせ対して作成したプリンタープロファイルを用意する必要があります。
 一部の高級なインクジェットプリンター用紙は用紙のメーカーがプリンタープロファイルを提供しているので、それを使います。
 用紙のメーカーがプリンタープロファイルを提供していない場合は、プリンタープロファイルを自作します。

当ブログ参考記事


ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

Acrobat Readerでもカラーマネジメントを利用した印刷ができる

 Adobe® Acrobat®なら、アプリケーションソフト自体に詳細なカラーマネジメント機能があり、アプリケーションソフト側でカラーマネジメントを行って印刷したりできます。

 一方、Acrobat Readerはそれほど細かいカラーマネジメント機能はありません。

 しかし、WindowsもMacも、OS自体にカラーマネジメント機能が備わっており、OSのカラーマネジメント機能を利用するとAcrobat Readerからもカラーマネジメントを利用した印刷が可能です。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

Acrobat Readerからカラーマネジメントを利用してインクジェットプリンターで印刷する手順の一例

 WindowsのAcrobat Readerから、プリンタープロファイルを選択してカラーマネジメントを利用してインクジェットプリンターで印刷してみます。

印刷するPDFファイル、プリンター、用紙

 このページでは、Adobe® Illustrator®で作成したCMYKドキュメントを、PDF/X-1aで書き出したPDFファイルをプリンターで印刷してみます。

 プリンターは、EPSON®の家庭用のインクジェットプリンターを使用します。

 用紙はEPSONの純正紙を使用します。

手順1 PDFファイルを開く

 Acrobat Readerで普通にPDFファイルを開きます。

PDFファイルを開く

手順2 プリンタードライバーの設定へ進む

 メニューから[ファイル>印刷]と進み、「印刷」の画面を開きます。

 「プリンター」の欄で使用するプリンターを選びます。

 「プロパティ」をクリックして、プリンタードライバーの設定画面へ進みます。

Acrobat Readerの「印刷」の画面

手順3 用紙種類の設定

 プリンタードライバーの設定画面の「用紙種類」の設定欄で、使用する用紙に合った項目を選択します。

 プリンター用紙の説明書に、プリンタードライバーの「用紙種類」の設定について説明がありますので、その説明に従って選択します。

 例えば、この例で使用しているインクジェットプリンター用紙、EPSON「写真用紙ライト 薄手光沢」のパッケージには以下のような説明があります。

印刷設定 ●写真用紙ライト<薄手光沢>に印刷するときはプリンタードライバーで次のように設定してください。
用紙種類:写真用紙ライト(写真用紙ライトがない場合はEPSON写真用紙)

 このページの例で使用しているEPSON EP-4004のプリンタードライバーの用紙種類の選択肢には「写真用紙ライト」はないため、「EPSON写真用紙」を選びました。

プリンタードライバーの設定画面で「用紙種類」を設定

手順4 「印刷品質」の設定

 プリンタードライバーの設定画面で「印刷品質」を設定します。

 「印刷品質」は好みで選びます。

※ただし、このページのようにプリンター付属のプリンタープロファイルを使用して印刷する場合は「印刷品質」は高くした方がカラーマネジメントの精度は高くなる可能性が高いです。

印刷品質の設定

手順5 双方向印刷か単方向印刷かの設定

 双方向印刷をするか単方向印刷をするかの設定をします。

 双方向印刷は印刷速度は早いですが印刷の精度は少し落ち、単方向印刷は印刷速度は遅いですが印刷の精度は少し高いです。

 先ほど設定した「印刷品質」の設定欄で、「詳細設定」を選びます。

「印刷品質」の「詳細設定」に進む

 表示された「品質詳細設定」の画面の「双方向印刷」の欄を設定します。

 双方向印刷をする場合は「双方向印刷」にチェックを入れ単方向印刷をする場合は「双方向印刷」のチェックを外します。

双方向印刷をする設定

単方向印刷をする設定

手順6 「カラー」の設定

 「カラー」の欄は、カラーのデータを印刷するので「カラー」を選びます。

カラーのデータを印刷するなら「カラー」の欄でカラーを選択

手順7 「色補正」でカラーマネジメントに直接関係する設定

 「色補正」の欄でカラーマネジメントに直接関係する設定を行います。

 「ユーザー設定」を選択し、「設定」をクリックします。

「色補正」で「ユーザー設定」を選び、「設定」に進む

 「ユーザー色補正」の画面で、「ICM」を選択します。
 これでWindows自体のカラーマネジメント機能を使う設定になりました。

 「補正方法」の欄で「ドライバーICM補正(簡易)」を選びます。

 「インテント」の欄は「知覚的」か「相対的な色域を維持」のどちらかでたいてい問題ありません。

 「プリンタープロファイル」の欄で「EPSON 標準」を選びます。
 その結果、使用するメーカー純正紙に対応したプリンター付属のプリンタープロファイルが自動的に選ばれ、「プリンタープロファイル情報」の欄に表示されます。

 この例では、プリンター「EPSON EP-4004」と用紙「EPSON 写真用紙ライト 薄手光沢」に対応したプリンター付属のプロファイル「EP-4004 Photo Paper(G)」が選択されています。

「ユーザー色補正」の設定画面

 「閉じる」をクリックします。

手順8 用紙サイズの設定

 「用紙サイズ」の欄で使用する用紙のサイズを選びます。

用紙サイズの設定

データのサイズと「用紙サイズ」の設定などの関係

 大きいデータを小さい用紙に印刷するなど、拡大・縮小が必要な印刷をプリンタードライバーの機能だけで行うとしたら、「用紙サイズ」や「出力用紙」の設定などがかなりややこしく、直感的でない分かりにくい設定が必要になります。
 しかし、Acrobat Readerで印刷する場合は、拡大・縮小はAcrobat Readerの印刷設定画面の「ページサイズ処理」の機能を使えばある程度直感的で分かりやすく設定できます。
 そのため、上記の「用紙サイズ」の設定は単純に使用する用紙のサイズを選んでおけば多くの場合問題ないでしょう。

 「OK」をクリックしてプリンタードライバーの設定を完了します。

手順9 サイズの設定など

 Acrobat Readerの「印刷」の画面の「ページサイズ処理」の欄を設定します。

 例えば印刷用のレイアウトデータなどを実際のサイズでプリンター出力したい場合なら「実際のサイズ」を選択します。

 実際のサイズでなくて良いのでとりあえず使用する用紙に収まるよう縮小して印刷したいなら「合わせる」などを選択します。

「ページサイズ処理」の設定

手順10 印刷の実行

 「印刷」をクリックして印刷を開始します。

 以上で印刷完了です。

カラーマネージメント技術は人のためにある

印刷結果

 印刷結果は以下の通りです。
※プリンター出力した用紙をカラーマネジメントを行ってスキャニングしているため、スキャニング時の誤差が含まれています。

 プリンタープロファイルを自作したわけではなく、プリンターに付属しているプリンタープロファイルを使用して印刷しているので、多少の誤差はあります。

 しかし、カラーマネジメント自体は正しく行われており、ある程度カラーマッチングできています。

印刷結果をスキャニングしたもの

元のCMYKのPDFデータ

 以上、プリンターメーカー純正紙とプリンター付属のプリンタープロファイルを使用し、PDFファイルをWindows®のAcrobat Readerから、プリンタープロファイルを指定してカラーマネジメントを行ってインクジェットプリンターで印刷する手順の一例をご紹介しました。

当ブログ参考記事

Adobe Acrobat


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, PDFに関する記事
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜