子どもたちの人権

横断歩道上で男の子の命が奪われた事件に関する署名のご紹介

投稿日:2017年7月21日 更新日:

 横断歩道で人が横断しようとしていたら、車は停止するよう法律で定められています。
 ところがこの法律はあまり認識されておらず、多くの子どもたちが横断歩道上で車によって命を奪われています。

 当事務所では「道路交通法第38条」を形骸化させないキャンペーンを勝手に展開しています。

 また一つ、埼玉県で子どもの命が奪われる許されざる事件があり、裁判に関する署名が集められていますのでご紹介します。
【この署名は終了しました】

埼玉県の信号のない横断歩道上で男の子がひき殺された

 2017年4月13日の夕方、男の子が自転車で公園に向かっている途中、信号機のない横断歩道で車の運転手にひき殺されたという事件がありました。

信号のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしていたら、車は停止しなければならない 〜道路交通法第38条〜

 道路交通法第38条により、信号のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしていたら、車は停止しなければならないと定められています。仮に法律がなかったとしても、交通事故防止のためには弱者を優先させる必要があります。

道路交通法第三十八条(横断歩道等における歩行者等の優先)
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

キャンペーン「前を全く見ずに運転し、横断歩道上の息子(9歳)をノンブレーキでひき殺した犯人に厳罰を強く求めます」

 ネットで署名集めなどのキャンペーンができるプラットフォーム「Change.org」において、キャンペーン「前を全く見ずに運転し、横断歩道上の息子(9歳)をノンブレーキでひき殺した犯人に厳罰を強く求めます」が実施されました。

 命を奪われた男の子のご両親が立ち上げたキャンペーンです。

 現在はこのキャンペーンは終了しています。

横断歩道における違法行為の横行に関する参考情報

MRT宮崎放送 2016年10月6日 徹底取材Next調査班「安全?横断歩道で車が止まらない・・・ 」

 MRT宮崎放送が、2016年10月6日放送の 徹底取材Next調査班「安全?横断歩道で車が止まらない・・・ 」という番組のコーナーの動画をYoutubeにアップしています。

 信号のない横断歩道で常態化してしまっている違法行為の実態を、大変分かりやすくまとめています。
 特に少なくとも子どもをお持ちの方には一目見ておいていただきたい動画です。
 6分間の短いコーナーですので、ぜひご試聴ください。

JAFの「歩行者優先についての自動車運転実態調査」

 この違法の横行については、最近はJAFも少し問題意識を持ったようで、先日JAFによる実態調査が行われました。

交通事故総合分析センター発行『イタルダ インフォメーション No.100』

「公益財団法人 交通事故総合分析センター」発行の『イタルダ インフォメーション No.100』に、特集記事「確認しよう横断歩道 『横断歩行者妨害違反』による自己分析」が掲載されています。
 「横断歩行者妨害違反」について詳しく書かれており、大変参考になります。

 以上、埼玉県で起きた、子どもの命が奪われる許されざる事件の裁判に関する署名をご紹介しました。

当ブログ参考記事


参考ウェブサイト

車社会に関する本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-子どもたちの人権
-

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.