外出して心を休める

冬の夜、札幌市内の豊平川河川敷で心を休める

投稿日:2015年12月2日 更新日:

 札幌で働いていて仕事で疲れたら、豊平川河川敷に散歩に出かけてみましょう。

 11月までならまだ河川敷を歩けます。
 12月以降の真冬でも、市中心部付近だけなら河川敷に少し降りられます。

このページの写真について

 フォトレタッチ関連の話題を述べますと、このページの写真はほとんどが初代のSIGMA DP1でRAWで撮影して、明るさや彩度、色をおおまかに調整しただけのものです。

 DP1で撮影したままだとあまり色が好ましくなく、カメラプロファイルを適用して少しましになりますが、シャドウの部分だけが尋常でないほどシアン寄りだったりし、絶妙な状態に色補正しようとすると範囲選択的にかなり手を入れなければならず、かなり大変な作業になります。

 しかし、夜の写真は昼間と違って色に厳しくないので、ごまかしがききます。


楽天市場 Amazon


楽天ブックス Amazon

すすきの、中島公園あたりの豊平川は冬でも少し降りられる

 すすきの、中島公園あたりの近くの豊平川は、冬で雪が積もっていても少し河川敷に降りられます。

 橋で言えば、豊平橋から幌平橋までの区域です。

冬の豊平川河川敷の様子

 冬の豊平川河川敷の様子です。

 日中や夕方までなら歩くスキーや犬の散歩の人などがいます。

 夜になるとほとんど人がいません。

歩くスキーの跡

豊平川河川敷

豊平川河川敷

豊平川河川敷

中島公園とすすきの近辺のマンション・ホテル群

 豊平川河川敷から見た中島公園とすすきの近辺のマンションホテル群です。

豊平川河川敷 中島公園とすすきの近辺のマンションとホテル群

豊平川河川敷 中島公園とすすきの近辺のマンションとホテル群

川辺でくつろげる場所

 川辺でくつろげる場所です。

豊平川 川沿いでくつろげるエリア SIGMA DP1

豊平川 川沿いでくつろげるエリア

 この辺りは川岸でくつろげるようになっているエリアです。
 暖かい季節は夜でもくつろいでいる人がたまにいますが、さすがに雪が積もってはもう誰もいません。

 秋の昼間にここでくつろいでいたら、サケが目の前を泳いでいました。

豊平川 川岸でくつろげるエリア

豊平川 川岸でくつろげるエリア

豊平川

豊平川

カラスの住処の木

 カラスの住処にもなっている木です。

豊平川 カラスの住処の木

豊平川 カラスの住処の木

 ここはいつもカラスがたくさんいるエリアです。

 豊平川河川敷では、よくカラスの夫妻が川を眺めてくつろいでいたりします。

 街は人間とカラスで共存している場所なので、カラスの暮らしに迷惑をかけないよう注意しましょう。

幌平橋近辺の豊平川河川敷

 幌平橋の近くから、札幌市中心部方向を見てみます。

 左には中島公園周辺のホテル・マンション群があります。

豊平川

豊平川

 幌平橋付近の豊平川です。

豊平川 幌平橋付近

豊平川 幌平橋付近

 幌平橋です。

豊平川 幌平橋

豊平川 幌平橋

 幌平橋の展望台は冬なのですでに立ち入り禁止になっています。

 北海道は冬になると閉まる施設がたくさんあり、特に公衆トイレの多くが閉まってしまうので不便です。

豊平川 幌平橋

豊平川 幌平橋

 以上、冬の夜の豊平川河川敷の様子でした。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

人と動物の関係について学ぶ本

 豊平川河川敷を散歩すると人間以外の生き物たちと会う機会も多いです。
 また私たちの社会は人間以外の生き物たちと密接に関わっています。
 人間以外の生き物たちとの関係をあらためて学び、考えを整理し、行動を見直してみましょう。

  • 動物倫理入門 [ ローリー・グルーエン ]

    楽天ブックス Amazon

    「自然とは異質の空間で飼うペット、食卓にのぼる畜産動物、医学の「進歩」に供される実験動物…
     動物と人間の関係をめぐる悩ましい問題を包括的かつ簡潔に提示。
     人間例外主義を問い直す。」

  • マンガで学ぶ動物倫理 わたしたちは動物とどうつきあえばよいのか [ 伊勢田哲治 ]

    楽天ブックス Amazon

    「ペットの殺処分、肉食、動物実験、外来種、野生動物の保護と駆除、動物園、イルカ・クジラ問題など……、人と動物の間には考えるべき重要な問題がたくさんあります。
     人間の命を奪うことは許されないが、動物は必ずしもそうでもない。
     同じ動物でもペットは愛され、外来生物は駆除される。なぜこのように扱いが違うのでしょう。その違いに根拠はあるのでしょうか。
     動物倫理とは、人間は動物とどう接するべきか、人と動物のあるべき関係とはどんなものかということを、ときには根本にまでさかのぼりながら考える分野です。
     高校生2人組が結成した「生き物探偵」が人と動物をめぐるさまざまな「事件」に出会うマンガを通して、みなさんも一緒に考えてみませんか. 」

  • 動物の心 知性・感情・言葉・社会 (日経BPムック ナショナルジオグラフィック別冊)

    楽天ブックス Amazon

    「かつて、動物とは刺激に応答するだけの「ゼンマイ仕掛けの機械」のような存在で、そこには心的世界などないと見られていた時代もありました。
     しかし、科学の進歩によって動物の行動を詳しく観察・分析することができるようになった結果、動物たちは私たちが思っていたよりはるかに多彩で豊かな心の世界を持っていることがわかってきました。
     本書では、知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。」

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正

  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理

  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ

など

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-外出して心を休める
-

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.