フォトレタッチ・写真編集の知識 画像データの知識

先にCMYKモードにせず最後にCMYK変換する理由

2019年2月13日

 CMYK画像を作る時、たいていはRGBで画像を完成させた後、最後にCMYKに変換します。

 なぜ最初にCMYKに変換せずに最後に変換するのか、実務上の理由の一例をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

一般的な画像データ作成の手順 RGBで完成させる。用途に合わせてCMYK変換する

 一般的に、画像データはRGBの状態で補正や加工を行い、完成させます。

 オフセット印刷に使用するなど、CMYKのデータが必要になったときには、その用途に合わせてCMYKに変換してCMYK画像データを作成します。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

CMYKではなくRGBの状態で画像編集作業を行う実務上の理由の例

RGB画像の方が画像編集ソフトで色々な処理が行える

 例えばAdobe® Photoshop®で画像データの色補正や加工を行うとします。

 その時、RGBデータでは使用できて、CMYKデータでは使用できない機能がたくさんあります。

 そのため、RGBの状態で作業した方がより多様な処理が行えます。

RGB画像の方が補正の効果が出やすい

 例えばPhotoshopで画像編集作業を行う場合、RGBデータでもCMYKデータでもどちらでも使用できる補正機能もあります。

 しかし、同じ補正機能を使用しても、RGBデータの方がCMYKデータより変化の度合いが大きい場合が多いです。

 例として同じ写真のRGBデータとCMYKデータにPhotoshopで色補正を行ったとき、RGBデータの方が色を大きく変化させられる場合が多いです。

CMYK画像は用途が決まらないとCMYK値を決められない

 RGBは原色がR、G、Bの3つしかないので、1つの色を表すRGB値の組み合わせは1つしかありません。

 一方CMYK画像は原色がC、M、Y、Kの4つあるため、1つの色を表すCMYK値の組み合わせはいくつもあります。

 例えば、暗い緑色を表すCMYK値の組み合わせがいくつもある中で、どのCMYK値にするかはCMYKデータの用途によって選びます。
 日本でコート紙に枚葉オフセット印刷をする、というように用途が決まると、適切なCMYK値が選べます。

 逆に、具体的に用途が決まっていないとCMYK値が決められません。

 このような理由で、用途がまだ不確かな段階でCMYKモードにして画像編集作業を行うのは不便なので避けます。

CMYK画像のCMYK値は微妙な調整をすることもあるので用途が決まってからCMYK変換する

 CMYK画像は、具体的な用途に合わせてCMYK値を操作することがよくあります。

 例えば、場所によってCMYの成分をすべてなくしたい場合もあります。
 青空に濁りを感じないように青空の部分のYの成分を消したりもします。
 ビールに濁りを感じないようにビールの部分のCの成分を消したりもします。
 白い雪に濁りを感じないように雪からYの成分を消したりもします。

 CMYK画像はそのように具体的な用途に合わせて微調整することがよくあるので、用途が明確になってからCMYK変換して微調整した方が無難です。

CMYKからCMYKへの変換は避けたい場合が多い

 CMYKモードで画像編集作業を行って完成させて、用途が明確になった段階でその用途に最適なCMYK画像へ変換すればよいと思うかもしれません。

 しかし、前記の通りCMYK画像はCMYK値を微妙に調整することがよくあります。
 そのため、CMYKからCMYKに単純に変換するだけでは済みません。
 CMYKからCMYKへ変換した後、CMYK値を微調整する必要が出てきます。

 また、CMYK画像は用途に合わせてCMYK値を絶妙な数値に調整して完成させる場合が多い画像なので、CMYK画像をまた別のCMYKプロファイルへ変換するというのは避けたいです。

まとめ

 以上のような理由で、画像編集作業を行う時はRGBの状態で行い、画像を完成させて、具体的な用途に合わせてCMYK変換してさらにCMYK値を微妙に調整する、という流れで進めるのが無難です。

 以上、なぜ最初にCMYKに変換せずに最後に変換するのか、実務上の理由の一例をご紹介しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-フォトレタッチ・写真編集の知識, 画像データの知識
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜