カラーマネジメントでよくある疑問

プリント写真などを見るとき 部屋の明るさはどのくらいが適当か

2018年4月30日


 写真や色校などは、明るい部屋で見れば明るく、暗い部屋で見れば暗く見えます。
 モニターとプリンターのカラーマッチングなどを考えるとき、プリンター出力物を見る部屋はどのくらいの明るさが良いのか迷うのではないでしょうか。

 ここでは、プリント写真などを見るときの部屋の明るさについて考えてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

色が重要なものを見るときの明るさの基準や規格

明るさに関する基準は色々あってはっきりしない

 例えば光源の色については、D65やD50など広く使われている無難な基準があります。

 一方、明るさに関しては基準がいろいろあったり、大まかだったりして、はっきりしません。

明るさに関する規格の例

 明るさに関する規格の例をあげてみます。

日本印刷学会推奨規格

 日本印刷学会推奨規格では、反射原稿等を観察するときの観察ブースの照度を以下のように規定しています。

  • 2000±500[lx]

詳しくは日本印刷学会のサイトなどをご参照ください

ISO

 ISOでも、反射原稿の色評価用の照明の照度を以下のように規定しています。

  • 2000±500[lx]

詳しくはISO 3664 などを入手して下さい

JIS照度基準

 JIS照度基準には色々な用途の照度が載っていますが、写真や色校を見るときに適用できそうなものとしては以下のような基準が載っています。

精密機械、電子部品の製造、印刷工場での極めて細かい視作業
1500[lx] (注記 色が重要な場合はRa90以上、超精密な視作業の場合には2000[lx])
繊維工場での選別、検査、印刷工場での植字、校正、化学工場での分析などの細かい視作業
750[lx] (注記 色が重要な場合はRa90以上、精密な視作業の場合には1000[lx])
一般の製造工場などでの普通の視作業
500[lx] (注記 色が重要な場合はRa90以上)

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

写真などの反射原稿を見るときの明るさ 具体例

色校と原稿の比較など色にシビアなものを比較するなら2000lx

 上記の基準のうち、日本印刷学会推奨規格やISOの2000[lx]という明るさは、例えば色に厳しい色校と原稿など二つの色を比較したりするときにふさわしい明るさです。

 原稿と色校正などのわずかな色の差を確認する場合なら、2000[lx]くらいの明るい場所で見る必要がある、ということです。
 確かに、暗いと微妙な色の差は判断しにくいです。

 印刷業界などでカラーマネジメントの仕組みに則って業務を行い、反射原稿の色と色校正の色を正確に比較するようなときは2000[lx]で見ることになります。

写真のプリンター出力とモニター表示を比較するなら500[lx]くらいが良いのではないか

 2000[lx]はかなり明るいです。
 普通の事務所や家の照明をつけた部屋で2000[lx]になっている場所はおそらくあまりありません。(窓から外の光が入っていれば2000[lx]以上になることもあります)
 デパートなどでかなり明るい売り場なら2000[lx]の場所はたぶんあります。

 室内で写真をみるときに2000[lx]の明るさで見るということはあまりないと思います。

 モニターと出力物を同時に見ながら作業する場合に適切な明るさとして、日本印刷技術協会が以下のような環境を奨めています。

一般的なDTP環境では、印刷物をチェックする校正環境はアナログ時代とは異なり、5000Kで500~600luxくらいの部屋でモニター管面の輝度80cd以下(できれば60~70cd)が望ましい。この環境下ならモニターの色と校正刷りが近似するはずである。

日本印刷技術協会「【DTPエキスパートカリキュラムver.12】[色]2-2 色」
https://www.jagat.or.jp/cat5/dtp/exam/curriculum/color

 当ブログ運営者の私の業務経験でも、写真や商品を見る明るさを500lx前後にすると、お客様の環境と近くなるケースが多いです。

 以上のようなことから、プリントした写真とモニター表示を比較したりするような作業では、照度500[lx]前後でプリンター出力を見るのが無難ではないかと思います。

 以上、プリント写真などを見るときの部屋の明るさについて考えてみました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜