撮影

デジカメ写真を店でプリント

FUJIFILM高品質銀塩プリント「プレミアムプリント」 プロファイルはどうするべきか

 富士フイルムの高品質銀塩プリントのサービス「プレミアムプリント」というものがあります。  一般向けのカメラや現像ソフト、写真編集ソフトでもカラープロファイルが色々選べるようになっているため、「プレミアムプリント」に依頼する写...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Photoshop Elementsからプリンタープロファイルを使って写真印刷する手順

 デジカメでの撮影から、Adobe® Photoshop® Elementsを使って、プリンタープロファイルを利用してプリンター出力をするところまでの作業を、実際にやってみましょう。 今回の前提条件  こ...
Photoshop Elementsの使い方

AdobeRGBで撮影し店でプリントする方法 Photoshop Elementsで一処理加える

 デジカメで撮影するとき、念のためAdobeRGBモードで撮影したいこともあるでしょう。  しかし、AdobeRGBの写真をそのまま店でプリントすると色が変わってしまうことが多いです。  色が変わってしまわないためには、簡単な変...
Photoshopの使い方

Photoshopの「レンズ補正」の使い方の一例

 撮影したままの写真は、レンズの影響で歪みが生じたり、周りが暗く写ったりしています。  そこで、レンズの影響を補正することが多いです。  ここではAdobe® Photoshop®の「レンズ補正」の機能の使い...
ビジネスパーソンの文具雑貨

刺繍のブックカバーの写真の色調補正をしてみる

 人物や景色の写真なら、色を大いに演出しても良いでしょう。  一方、商品写真はあまり演出すると写真と実物が違ってしまい支障がでるので、実物と写真ができるだけ同じ色になるよう仕上げたい場合が多いでしょう。  ここではブックカバ...
Lightroomの使い方

LightroomでRAWデータにカメラプロファイルを適用する方法

 RAWで写真を撮影したら、現像ソフトで自作のカメラプロファイルを適用したいこともあります。  ここではLightroomでRAW現像する時、カメラプロファイルを適用する方法をご紹介します。 ※ここで紹介しているのはLi...
カラーマネジメントツールの使い方

i1Studioでカメラプロファイルを作成する方法

 撮影した写真の現像作業をカラーマネジメントの理屈に則って進めたい場合、カメラプロファイルを自作します。  X-Rite® i1Studioはカメラプロファイル作成もできるツールです。  ここではi1Studio...
カラーマネジメント関連機器

ColorChecker Studioはプリンター・モニター・カメラ等の色管理ツール 初級-上級者向き

 プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングを行うような場合、ディスプレイやプリンターのプロファイルを自分で作る必要が出てきます。  プリンターのカラープロファイルを作成するための...
カラーマネジメント関連機器

色を扱う事務所の天井の照明を、色評価用の高演色LEDに変えるには

 写真やグラフィックデザインの仕事をしたり、色が重要な商品を扱う場合などは、色を正確に見る必要があります。  家庭用と違い、事務所の天井照明に使える高演色LED照明は色々な会社で製造されています。  ここでは、事務所の照明を...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

LightroomでRAWデータにカメラプロファイルを適用する方法

 写真のデータをパソコン、スマホ、タブレット等で共有して扱えるAdobe® Photoshop® Lightroom®を使っている人は多いでしょう。  Lightroom ClassicでRAW現像を行...
一般的な写真撮影

ネガフィルムに書いてある デーライトタイプ・デーライト用 とはどういう意味か

 フィルムカメラで使うネガフィルム等を買うとき、パッケージに「デーライトタイプ」と書いてあります。  デーライトタイプがあるなら別のタイプもあると思われるので、不安になることもあるでしょう。  ここでは、フィルムに書かれたデ...
カラーマネジメント関連機器

Color Checker Passportとはカメラのカラーマネジメント用ツール

 ディスプレイやプリンターはキャリブレーション作業・デバイスプロファイル作成によってカラーマッチングして使います。  デジタルカメラもデバイスプロファイルのようなものをつくってカラーマネジメントを行うことができます。  ...
カラーマネジメントの基本

カラーマネジメントツール 結局どれを買えば良いのか

 測色器と付属品一式がセットになったカラーマネジメントツールは、少しずつ内容が違う種類がたくさんあってまぎらわしく、どれを購入すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。  ここでは、どのような用途のときにどのツールを...
商品写真の色の悩み

商品写真を実物と同じ色に撮影する方法

 最近はカメラの性能も良くなり、写真撮影が手軽になったので、ネットショップなどに掲載する商品写真をご自分で撮影するということも多くなっているのではないでしょうか。  商品によっては、商品の色が重要であり、商品写真と実物の色に大...
一般的な写真撮影

レンズのF値が2.8、4.0、5.6…のような数字である理由のおおまかな説明

 レンズの明るさを示す絞り値、Fナンバーは、2.8、4.0、5.6といった数字になっています。  カメラは人が作った道具なので、レンズのF値の数字も何か理由があってそのような数字にしているものと思われます。  ここではF...
スポンサーリンク