オフセット印刷

画像データの知識

RGBをCMYKに変換した時のCMYK値を調べるフォーム

 RGBからCMYKに変換した時のCMYK値を知りたいケースは多いでしょう。  RGBからCMYKへプロファイル変換した結果のCMYK値の一例をあげてみます。 ※このページのフォームは重すぎてスマホ等 ...

画像データの知識

自動計算 解像度dpi 出力寸法mm データサイズpx の計算機

 画像データを使う時、最終出力の条件に合わせて解像度を決め、必要な寸法で印刷できるようサイズを変更します。  以下は、「画像の解像度」「画像の出力寸法」「画像データのサイズ」の関係を計算するための計算 ...

Photoshopの使い方 画像データの知識

特色2色印刷を前提にしたダブルトーンの写真の作り方

 Adobe® Photoshop®のグラデーションマップを使用して、RGBモードでダブルトーンの写真を作る方法はAdobeのサイトでも紹介されており、結構有名で、手順も簡単です。   ...

blank

Photoshopの使い方 画像データの知識

RGBのダブルトーン画像を2色印刷用データに変換する方法

 Adobe® Photoshop®のグラデーションマップを使用してダブルトーンの写真を作る方法はAdobeのサイトでも紹介されており、結構有名で、手順も簡単です。  しかし、作ったダ ...

ハードプルーフに関する設定

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Photoshopの使い方

Photoshopから「ハードプルーフ」で印刷する方法と注意点

 Adobe® Photoshop®から印刷するとき通常の印刷の他に「ハードプルーフ」というモードで印刷することができます。  オフセット印刷の結果に似せて印刷するため「ハードプルーフ ...

blank

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Photoshopの使い方

Photoshopの「色の校正」の使い方

 Adobe® Photoshop®に、CMYK等へのプロファイル変換後の色を確認しながら作業できる「色の校正」という機能があります。  使うケースもあるかもしれませんが、誤解して使っ ...

acrobat_reader_pdf_check02

PDFに関する記事

Acrobat ReaderでPDFがPDF/X-1aか、フォント埋め込みか、等を確認してみる

 外注先に依頼した印刷用のレイアウトデータをPDFで受け取り、無料のAdobe® Acrobat® ReaderでPDFを表示して確認するケースは多いでしょう。  PDFをAcroba ...

pdf_x_4_07

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事 PDFに関する記事

IllustratorからPDF/X-4を書き出す方法の一例

 最近のRIPなら、PDF/X-1ではなくPDF/X-4を入れても問題ない場合が多いでしょう。  そこで、Adobe® Illustrator®で印刷用のレイアウトデータを作り、PDF ...

完成したレイアウトデータ

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事 PDFに関する記事

IllustratorからPDF/X-1aを書き出す方法の一例

 Adobe® Illustrator®で印刷用のレイアウトデータを作り、PDF/X-1aで書き出すケースは多いでしょう。  その場合、PDF書き出し画面のプリセットを単純に使って良い ...

cmyk_offset_printout06

カラーマネジメント対応ソフトの操作 プリンター用紙 その他ソフト、機器

CMYKのPDFの印刷結果の色をプリンターで出力してみる

 オフセット印刷用のCMYKのPDFデータを事務所のインクジェットプリンターで単純に出力しても、オフセット印刷の結果とはかなり異なる色で出力されることが多いです。  しかし、印刷用のPDFの印刷結果を ...

blank

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事

「現在のカラー設定は、リンクされたコンテンツのCMYKプロファイルを破棄しますが、このドキュメントを作成したときにプロファイルが保持されるように設定されています。」の警告の対処方法

 Adobe® Illustrator®でファイルを開いたとき、「現在のカラー設定は、リンクされたコンテンツのCMYKプロファイルを破棄しますが、このドキュメントを作成したときにプロフ ...

blank

カラーマネジメント対応ソフトの操作 画像データの知識

RGB画像をCMYKに変換し、埋込プロファイルなしで保存する方法

 印刷条件が決定していれば、CMYKデータにはプロファイルは埋め込まないルールにしている会社も多いでしょう。  ところが、RGB画像をCMYKにプロファイル変換後、普通に保存するとプロファイルが埋め込 ...

blank

Photoshop Elementsの使い方

印刷時の画像解像度を上げる方法 Photoshop Elementsを使って拡大する

 印刷に使う写真のデータなどで、印刷時の画像解像度が足りないことがよくあります。  代わりのデータがなく、解像度が足りなくても無理やり使わざるを得ないこともあるでしょう。  ここでは、解像度が足りない ...

「プロファイルなし」のダイアログ

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事

「ドキュメントにはCMYKプロファイルが埋め込まれていません。」というダイアログへの対応方法

 Adobe® Illustrator®でCMYKドキュメントを開くとき、「ドキュメントにはCMYKプロファイルが埋め込まれていません。」というダイアログが表示されることがよくあります ...

blank

Photoshopの使い方

Photoshopの[モード>モノクロ2階調]の使い方

 Adobe® Photoshop®で線画などを扱う時、モノクロ2階調のデータとして扱う場合が多いです。  ここではPhotoshopで「モノクロ2階調」のモードを利用する方法をご紹介 ...

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜