Illustrator

カラーマネジメント対応ソフトの操作

Illustratorからカラーマネジメントを利用してプリンター出力する方法

 プリンタープロファイルを正しく使用し、カラーマネジメントを利用してプリンター出力するのは意外とややこしいものです。  Adobe® Photoshop®よりAdobe® Illustrator®か...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

スクリーンキャプチャー画像を色を変えずWEB掲載・印刷する方法

 操作画面やウェブページなどをスクリーンキャプチャーした画像を、WEBに掲載したり印刷したりすると色が変わることがあります。  画面で見たときと同じ色のまま扱うには色の変換が必要です。  ここではスクリーンキャプチャー画像を色を...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Illustratorのカラー設定 詳しい人が印刷用データ作成をするとき

 Adobe® Illustrator®のカラー設定は、教則本で説明されている通り「プリプレス用 日本2」のプリセットを選んでいる方が多いのではないでしょうか。  これで問題ないことも多いですが、ある程度詳しく...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

AdobeRGBのデータをプリンターで印刷する方法 てきるだけ色を生かして

 sRGBの写真のデータをプリンターで印刷するなら、あまり詳しく分からなくても初心者向けのソフトやプリンターの色管理に任せて印刷すればある程度まともに印刷されることが多いです。  一方、AdobeRGBで撮影したり、現像ソフト...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Illustratorドキュメントのリンク画像の色 プロファイルとの関係

 Adobe® Illustrator®のCMYKドキュメントは、リンク画像としてRGB画像もCMYK画像も配置できます。  ドキュメント自体のカラープロファイルも指定できます。  ドキュメントのプロファイルとリ...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Adobe®のソフトで、紙により異るスポットカラーの色を正確に扱う方法

 Adobe® Illustrator®などで、スポットカラーを指定できます。  ところが、同じインクでも印刷する紙が変われば印刷結果の色は変わります。  ここでは、Adobe®のソフトで紙により異るスポット...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

インクジェットプリンタでオフセット印刷の色をシミュレートする手順

 家庭用インクジェットプリンターでオフセット印刷の色をシミュレートすることはできます。  ただし、プリンターの色域や階調の再現性、デバイスのキャリブレーションの精度などの問題その他の影響で、シミュレートの正確さは大きく異なってくる...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

IllustratorからPDF/X-4書き出し時、リンク画像の色はどう変わるか

 Adobe® Illustrator®上のオブジェクトのプロファイルの条件により、書き出したPDF上のリンク画像の色は様々に変わります。  ここでは、イラストレーターのCMYKドキュメントからPDF/X-4の...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

RGBのIllustratorドキュメントをCMYK変換 変換後のCMYK値の意味

 Adobe® Illustrator®のRGBのドキュメントをCMYKに変更すると、中途半端なCMYK値になります。  さらに、RGB値を見るとRGB値も変化しています。  ここではIllustratorド...
Photoshopの使い方

Photoshop上でトンボを使う方法の一例

 Adobe® Photoshop®で作った画像にトンボを付けたいときは、Illustratorのドキュメントに画像を配置してIllustratorでトンボを付ければ済みます。  しかし、色やシャープネスの加減など...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

IllustratorからPDF/X-4を書き出す方法の一例

 最近のRIPなら、PDF/X-1ではなくPDF/X-4を入れても問題ない場合が多いでしょう。  そこで、Adobe® Illustrator®で印刷用のレイアウトデータを作り、PDF/X-4で書き出すケースは多い...
画像データの知識

自動計算 解像度dpi 出力寸法mm データサイズpx の計算機

 画像データを使う時、最終出力の条件に合わせて解像度を決め、必要な寸法で印刷できるようサイズを変更します。  以下は、「画像の解像度」「画像の出力寸法」「画像データのサイズ」の関係を計算するための計算機です。 ※ちょっと...
ディスプレイの便利な使い方

カラーユニバーサルデザイン向け 各色覚のシミュレーション方法

 色は人が見て感じる感覚です。同じものでも見る人によって違う色に見えます。  そこで、誰にでも分かりやすい情報を提供するためカラーユニバーサルデザインの考え方に沿って配色をする必要があります。  ここではカラーユニバーサルデザイ...
カラーマネジメントの基本

AdobeRGBを扱うため最低限必要なものは、カラーマネジメント対応ソフトだけ

 写真やイラストやレイアウトデータを扱うとき、AdobeRGBを使いたい場合もあるでしょう。  ところが、カラーマネジメントモニターなどは高価なので、機材が高くて困っている方も多いのではないでしょうか。  ここでは、Adob...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

PDFの色が変わる Illustratorから色を変えずにPDF保存する方法 RGBの場合

 Adobe® Illustrator®からPDFを書き出すとき、プロファイルについて設定する必要があります。  プロファイル関連の設定によって、書き出し結果のPDFの色は様々に変わります。  ここでは、イラ...
スポンサーリンク