デジカメ写真を店でプリント

AdobeRGBで撮影した写真を、店でプリントするための色の変換方法

投稿日:2017年4月16日 更新日:

 デジカメでAdobeRGBのモードを使って撮影した写真を、店にプリントに出したところ、くすんだ色でプリントされる経験をされた方は多いのではないでしょうか。

 sRGBで撮影すれば解決するとはいえ、念のためより広い色空間であるAdobeRGBで撮影しておきたいという場合もあるでしょう。

 ここでは、AdobeRGBで撮影した写真を店でプリントする前に、正常にプリントされるよう色を変換する方法をご紹介します。

店の写真プリントサービスはほぼsRGBのデータを前提にしていると思われる

 写真プリントの店の説明を見ると、持ち込む写真のデータの色空間についてはあまり詳しく触れていないことが多いです。
 色空間のことを書くと、逆にお客さんが混乱するからかもしれません。

 受け付けるデータは「Exif-JPEGに対応しています」という感じのことが書かれている場合もあります。

 たまに色空間について書いていることもあります。
 そういうときは、「sRGBにしてください」という内容のことが書いてあったりします。

 それらから考えて、店のプリントサービスは、データの色空間についてはsRGBを前提にしていると思って良さそうです。

中には、AdobeRGB埋め込みのデータでも良いところもあるらしい

 店によっては、sRGBになっていなくても、AdobeRGB埋め込みのデータなどプロファイル埋め込みになっていればsRGBに変換してプリントしてくれるところもあるようです。

 いずれにしても、sRGBで店に渡せば問題ないと思われます。

AdobeRGBで撮影したら、sRGBにプロファイル変換してから店のプリントサービスへ依頼すると良い

 店の写真プリントの色域より広い色域のプリンターなどでデータを使用することを見込んで、念のためAdobeRGBで撮影したい場合もあるでしょう。

 そこで、デジカメではAdobeRGBで撮影します。

 店にプリント依頼するときは、AdobeRGBからsRGBにプロファイル変換してから依頼するとうまくいきます。

店に写真プリントを依頼するためのプロファイル変換の手順

 店にプリント依頼するためのプロファイル変換の手順をご説明します。
 ここではAdobe® Photoshop® Elementsを使用します。

操作 Photoshop Elementsのモードを「エキスパート」にしておきます。

エキスパートにする

操作 [ 編集 > カラー設定 ]と進み、カラー設定で「画面表示用に最適化」を選び、OKをクリックします。

 「画面表示用」となっていますが心配いりません。作業用カラースペースsRGBに設定されるだけです。

カラー設定で「画面表示用に最適化」を選ぶ

操作 AdobeRGBなどsRGB以外のモードでデジカメ撮影した写真のデータを開きます。

 「情報」パネルに、現在開いている画像データのカラープロファイルが表示されています。
 もし「情報」パネルが表示されていなければ、[ ウィンドウ > 情報 ]と進んで「情報」パネルを表示します。

現在開いているデータのカラープロファイル

 「情報」パネルにカラープロファイル名が表示されていない場合は、「情報」パネルの右上をクリックして「パネルオプション」へ進み、「ドキュメントのプロファイル」にチェックを入れます。

情報パネルのパネルメニューでドキュメントのプロファイルにチェック

操作 [ イメージ > カラープロファイル変換 > sRGBプロファイルに変換 ]と進みます。これでsRGBプロファイル変換されます。

sRGBにプロファイル変換

操作 [ ファイル > 別名で保存 ]で保存します。店にプリントに出すならJPGが無難です。

 これで、撮影した元データと同じ色のままsRGBに変換されたデータが完成しました。

 以上、AdobeRGBで撮影した写真を店でプリントする前に、正常にプリントされるよう色を変換する方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

プリントサービス

写真編集ソフト

カラーマネジメントの本

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-デジカメ写真を店でプリント
-, , , , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.