カラーマネジメントでよくある疑問

写真素材サイトの写真を使う時、カラープロファイルの扱いの注意点

投稿日:2017年5月24日 更新日:

 写真素材サイトで販売されている画像データのカラープロファイルの扱いはサイトによってまちまちです。
 意識せずに使用すると、出だしから写真の色が本来との色と変わる可能性も十分あります。

 ここでは、写真素材サイトの画像データを利用する時の、カラープロファイルの扱いについて述べます。

写真素材サイトの画像データのカラープロファイルの扱いはまちまちのようである

 主な写真素材サイトについて、販売用画像データの仕様を確認できるいくつかのサイトについて調べてみると、カラープロファイルの扱いについては意外にきっちりは決められていない場合も多いようです。

 カラープロファイルを指定するか、プロファイルを埋め込みを必須にする、ということもない場合も多いようです。

 そのため、同じ素材サイトでも写真を販売しているカメラマンの人が違えば画像データのプロファイルの状態も異なるということもあるようです。

写真素材サイトの写真を使う時、はじめに開く時の手順

 写真素材サイトの写真をAdobe® Photoshop®などで開く時、以下のような手順で開くと正しく扱えます。

プロファイル埋め込みの場合

手順1 埋め込みプロファイルを使用して開く

 画像データにカラープロファイルが埋め込まれていたら、埋め込みプロファイルを使用して開きます。

 画像データにカラープロファイルが埋め込まれているということは、写真を販売しているカメラマンの人が適切にカラープロファイルを埋め込んで、自分がどういう色空間で写真を作ったかを示しているということです。

 よって、埋め込みプロファイルがsRGBであれAdobeRGBであれそれ以外であれ、とにかく埋め込みプロファイルを使用して開きます。

手順2 用途に合ったプロファイルに変換して使う

 必要があれば用途に合ったカラープロファイルにプロファイル変換するなどして、使います。

プロファイルが埋め込まれていない場合

手順1 カラーマネジメントせずに開く

 画像データにプロファイルが埋め込まれていない場合、カラーマネジメントせずに開きます。

手順2 プロファイルを指定して、写真が作られた色空間を特定する

 プロファイルが埋め込まれていないRGB画像は、多くの場合sRGBかAdobeRGBのどちらかで作られたデータです。
 そこでsRGB、AdobeRGBのいずれかを判断します。

 画像データを開いたら、Photoshopなら[編集>プロファイルの指定]でプロファイルを指定のダイアログを開きます。

 まずsRGB、AdobeRGBのいずれかを指定して、どちらが自然な色になるか試します。

 自然な色になる方の色空間が写真が作られた色空間だと思われるので、そのプロファイルを指定します。

手順3 用途に合わせてプロファイルに変換して使う

 必要があれば用途に合ったカラープロファイルにプロファイル変換するなどして、使います。

有名写真素材サイトのカラープロファイル関連の扱われ方の一例

photolibrary 写真素材 フォトライブラリー

 フォトライブラリーの場合、販売用の画像データについて「カラープロファイルはsRGBで登録してください」と書いてありました。

 よって、フォトライブラリーで販売されている写真はsRGB色空間の画像データになっていると思われます。

 理屈でいけば、ダウンロードした画像データにカラープロファイルが埋め込まれていなければ、sRGBを指定すれば本来のその画像データの色になるはずです。

 ただし、写真の色はどういう色が正しい、ということはないため、本当に正しくsRGBで完成させてアップされているかどうかは、写真を作成した人のカラープロファイルに関する知識にかかっている部分もあると思われます。

123RF®

 私が探した限りでは、販売用の画像データについてのカラープロファイルの規定は分かりません。

 実際に購入した画像データをみると、プロファイル埋め込みのデータもあれば、埋め込みプロファイルなしのデータもあります。

 プロファイルが埋め込まれている場合でも、プロファイルはまちまちです。
 sRGB埋め込みもあれば、AdobeRGB埋め込みもあり、それ以外のプロファイルが埋め込まれているものもあります。

 プロファイルが埋め込まれてさえいれば、その色が本来の色と判断して作業ができます。
 プロファイルが埋め込まれていなければ、上記の説明の手順で本来のプロファイルを判断する必要があります。

 以上、写真素材サイトの画像データを利用する時の、カラープロファイルの扱いについて述べました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.