カラーマネジメントツールの使い方

カラーマネジメントモニターを、sRGB特性の表示になるよう調整する方法

2017年7月10日

 広色域ディスプレイなどは、色域が広い分表示特性がsRGBと異なります。
 広色域ディスプレイに限らず、ディスプレイは表示特性がまちまちで、sRGBと全く同じ特性ではありません。
 しかし、sRGBは標準色空間なので、ディスプレイをsRGBの特性に調整したい場合がよくあります。

 ここでは、カラーマネジメントモニターをsRGB特性の表示になるよう調整する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

ディスプレイの表示特性は色々

 ディスプレイの表示特性は、ディスプレイによってまちまちです。

 標準色空間としてsRGBがあるので、広色域ディスプレイでなければある程度sRGBに近いディスプレイが多いと思われます。
 それでもsRGBと同じ特性ではありません。

 広色域ディスプレイはsRGBより色再現域がsRGBより広く作られているので、当然ながらsRGBとは表示特性が違います。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

AdobeRGB色域のディスプレイでウェブサイトを見ると色が不自然という問題

 AdobeRGB色域のディスプレイでウェブサイトを見ると色が不自然になるという話をたまに聞きます。
 これは、だいたい標準色空間sRGBを前提にしてあるウェブサイトを、AdobeRGBに近い色空間で表示した結果起こることです。

AdobeRGBモニターでも、sRGB特性で調整した設定を作っておくと良い

 AdobeRGB色域のモニターでも、キャリブレーション目標は自由に設定できます。

 sRGBの特性を目標にして調整した設定を一つ作っておけば、ウェブサイトを閲覧するときなどに便利です。
 sRGB特性の設定に切り替えれば一般的なモニターと同じような見え方になります。

カラーマネージメント技術は人のためにある

カラーマネジメントモニターの表示特性をsRGBにする方法

sRGBの表示モードを使う方法

 標準色空間のsRGBの表示がしたい場合はよくあるので、カラーマネジメントモニターにはsRGBの特性で表示できる表示モードが備わっている場合が多いです。

 その場合は、sRGBの表示モードを使えばsRGBの特性で表示できます。

sRGBを目標にしてキャリブレーションを行う方法

 フォトレタッチ用途などでモニターキャリブレーションを行うとき、輝度、白色点の色などを決めて調整し、ディスプレイの色再現域を最大限使って、ディスプレイプロファイルを作ります。

 一方、sRGBなどのカラープロファイルを目標としてキャリブレーションを行うこともできます。

 sRGBカラープロファイルを目標にしてキャリブレーションを行えば、sRGBの特性で表示できるように調整できます。

 以下にsRGBカラープロファイルを目標にしてキャリブレーションを行う手順をご紹介します。

sRGBカラープロファイルを目標にしてキャリブレーションを行う手順の一例

 ここでは、EIZO® ColorEdge® CS230をキャリブレーションします。

 専用のキャリブレーションソフト「ColorNavigator6」でキャリブレーション作業を進めます。

目標の作成方法の選択

 目標の作成方法の選択の画面で、「プロファイルを読み込む」を選択し、次へ進みます。

「プロファイルを読み込む」を選択

目標とするプロファイルの選択

 目標とするプロファイルを選択する画面で、「sRGB IEC61966-2.1」を選択し、次へ進みます。

目標とするプロファイルに「sRGB IEC61966-2.1」を選択

その他の設定、測色、調整作業

 キャリブレーションに関するその他の設定は、通常どおり設定します。

調整目標に名前を付けて保存

 調整目標に名前を付けて、目標の作成を完了します。

 名前はsRGBを目標にしたことが分かる名前にします。

sRGBを目標にした調整目標に名前を付けて完了

測色、調整作業

 測色、調整作業も基本的に通常どおり進めます。

測色、調整完了

 測色、調整が完了すると、調整結果が表示されます。

 sRGBの特性に調整されています。

sRGBを目標にしてキャリブレーションした結果

sRGBモードとキャリブレーション結果を比べてみる

 カラーマネジメントモニターに備わっている表示モード「sRGB」の表示と、sRGBを目標にしてキャリブレーションした結果の表示を切り替えて比べてみます。

 両方ともsRGBの特性に合わせてある表示なので、ほぼ同じ表示になります。

 以上、カラーマネジメントモニターをsRGB特性の表示になるよう調整する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

ColorEdge® CS230と、キャリブレーションセンサーEX3


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントツールの使い方
-, , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜