カラーマネジメントでよくある疑問

色彩豊かなCMYK画像はどちらか sRGBとAdobeRGBからのCMYK変換の差

投稿日:2016年9月20日 更新日:

eyecatch_srgb_adobergb

 よく、CMYK変換に使うデータはAdobeRGBの方が良い、といいます。
 また一部には、CMYKは色域が狭いので元データはsRGBで十分、という誤解も見受けられます。

 ここでは、sRGBで完成させた画像をCMYK変換する場合とAdobeRGBで完成させた画像をCMYK変換する場合で、変換結果の品質の差をみてみます。

sRGBとAdobeRGBの色域の差

sRGBとAdobeRGBを直接比較してみる

 sRGBとAdobeRGBの色域を立体的に表現した図を重ね合わせると、下図のような雰囲気になります。
 色が付いている立体がsRGB、白い立体がAdobeRGBです。

 sRGBを表した立体がAdobeRGBを表した立体の中にある程度収まっており、sRGBよりAdobeRGBの方が色域が広いことが分かります。

sRGB(色のついた立体)とAdobeRGB(白い立体)を比較した図

sRGB、AdobeRGBそれぞれの色域とJapanColorの色域の比較

 sRGBの色域とJapanColorの色域、AdobeRGBの色域とJapanColorの色域をそれぞれ比較してみます。

 sRGBとJapan Color 2011 Coatedを比較すると、sRGBの色域には含まれず、CMYKのカラースペースJapan Color 2011 Coatedの色域には含まれる色が結構な割合で存在します。

 一方AdobeRGBの色域は、Japan Color 2011 Coatedの色域をsRGBよりも多くカバーしています。

JapanColor2011Coated(白い立体)と、sRGB(色のついた立体 左)とAdobeRGB(色のついた立体 右)をそれぞれ比較した図

実際に、sRGBの画像、AdobeRGBの画像からCMYK画像を作ってみる

 実際に、sRGBAdobeRGBそれぞれの原色で作ったグラデーションの画像をCMYKのカラースペースであるJapan Color 2011 Coatedにプロファイル変換してみましょう。

srgb_adobergb

sRGB画像、AdobeRGB画像をCMYKのカラースペースJapanColor2011Coatedに変換した結果

 プロファイル変換した結果を見ると、AdobeRGBで画像を作ってJapan Color 2011 Coatedに変換した方が、Japan Color 2011 Coatedのカラースペースを多く使えていることが分かります。

 このように、同じ写真でも、sRGBで完成させてCMYK変換した場合と、AdobeRGBで完成させてCMYK変換した場合では、CMYK変換後の色にとても大きな差が出ます。
 AdobeRGBで完成させてCMYKに変換した場合の方が、CMYKのカラースペースをより生かすことができます。

 以上、sRGBで完成させた画像をCMYK変換する場合とAdobeRGBで完成させた画像をCMYK変換する場合の結果の差をみてみました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2020 All Rights Reserved.