スポットカラー1色印刷の写真作成方法 グレー画像のままでは不十分

spot11
 昨今は自分で印刷用のデータを作成し、印刷会社へデータ入稿するケースが増えました。

 この場合、4色カラーのデータを作るより1色印刷用のデータを作成する方が難易度が高いです。

 さらに、それが黒1色ではなく特色(スポットカラー)1色で印刷する場合、データ作成はさらに難易度が上がります。

 ここでは特色1色印刷用の写真のデータを作成する方法をご紹介します。

スポットカラー1色印刷用の写真は、グレー画像のままでは不十分

 普通にグレースケールの写真を作る場合、通常は黒い色の写真として表示して作成します。

 そのため、黒いインクで印刷する場合は問題なく使えます。

 ところが、特色1色印刷を行う場合、使うインクは色々な色がありえます。
 黒っぽいインクで印刷する場合もあれば、少し明るい色のインクを使う場合もあるでしょう。

 黒い色の写真として表示して、好ましい見た目に仕上げた写真のデータを、黒よりかなり明るい色のインクで印刷したとします。
 その結果、黒い色でモニター表示していた写真の見た目よりは薄い見た目になります。
 そうならないよう、同じ写真でも明るいインクを使う場合は黒のインクを使う場合より濃く仕上げる必要が出てきたりします。

 このように、スポットカラー1色印刷用の写真の場合、単純にグレースケールの写真を仕上げただけでは不十分な場合があります。

スポットカラー1色印刷用のブレースケール画像の作り方

 特色1色印刷で使う写真を仕上げる手順の例を以下に示します。

手順1 まずはモノクロ写真を完成させる

 まずは黒1色印刷用のモノクロ写真を完成させます。

monochrome21

完成したモノクロ写真

参考記事

モノクロ写真の作り方 カラー写真からPhotoshopを利用して
 作品としてモノクロ写真を作成したい場合や、チラシなどの作成で経費節減のため1色印刷をするときなど、モノクロ写真が必要になることがたまにあります。  現在はデジカメが主流になったので、最終的にモノクロ写真を作るとしても、写真を撮影...

手順2 目的の特色(スポットカラー)で印刷したときの濃さを確認する

 黒1色用の写真が完成したら、次に黒でなく特色(スポットカラー)で印刷したときの見た目を確認します。

手順2-1.Adobe® Photoshop®のカラー設定でスポットカラーのドットゲインを設定する

 Photoshopの[ 編集 > カラー設定 ]でカラー設定を開きます。

 スポットカラーのドットゲインを、グレーのドットゲインと同じ数値に設定します。

spot01

Photoshopのカラー設定

参考記事

モノクロ・グレースケール画像はどう「カラーマネジメント」するか?
 カラーの写真を作るなら、プロファイルはsRGBかAdobeRGB、CMYKならJapna Color 2001 Coatedあたりにしておけば何とかなる場合が多いでしょう。  一方、モノクロ写真のプロファイルに相当するものは...

手順2-2.チャンネルを操作して見た目を確認する

 チャンネルパネルでグレーチャンネルを複製します。

spot02

グレーチャンネルを複製

 複製したチャンネル「グレーのコピー」をダブルクリックし、チャンネルオプションのダイアログを表示ます。

 「スポットカラー」を選択し、表示色のマスをクリックします。

spot03

チャンネルオプションのダイアログ

 カラーライブラリをクリックします。

spot04

カラーピッカー(チャンネルカラー)

 ライブラリで「DICカラーガイド」「TOYO COLOR FINDER」など使用予定の特色インクのシリーズを選び、下の欄からインク色を選択し、OKをクリックします。

 チャンネルオプションで目的のインクが選択されたので、OKをクリックします。

spot06

チャンネルオプション

 新規チャンネル作成のボタンをクリックして、新規チャンネルを作成します。

spot07

新規チャンネルを作成

 新規作成したチャンネルをホワイトで塗りつぶします。

spot08

新規作成したチャンネルをホワイトで塗りつぶす

 特色(スポットカラー)を指定したチャンネルと、新規作成した白のチャンネルの両方の目のアイコンをクリックして表示状態にします。

spot09

特色のチャンネルと白のチャンネルの両方を表示

 以上の操作の結果、特色インク1色で印刷したときの見た目が表示されます。

spot10

特色インク1色で印刷したときの見た目が表示できた

手順3.濃さを微調整する

 特色インクによっては黒インクより薄いため、黒1色で印刷したときにちょうど良い濃さに見える写真のデータでも、特色インクで印刷すると見た目が薄すぎるという場合があります。

 そのような場合は、完成したモノクロ写真の濃さを特色印刷用に調整します。

 微調整するために、一旦特色インクのシミュレートを行ったチャンネルなどを削除し、特色印刷のシミュレート前のグレースケール画像の状態に戻します。

 薄すぎるならトーンカーブなどの調整レイヤーを乗せて少し濃く調整します。

 調整が終わったら上記で説明した手順でまた特色印刷の結果をシミュレートして確認します。

 絶妙な仕上がりになったら、特色印刷のシミュレート前の通常のグレースケール画像に戻し、画像統合して完成とします。

注意点 完成したデータはあくまで使用予定のインク色に最適化されている

 完成したグレースケール画像は、あくまで今回印刷予定の特色インク専用に仕上げた画像データです。
 もし印刷で使用する特色インクが変更になった場合はまた調整し直す必要があります。

他の部署から写真の濃さについて指摘されたら

 写真を配置したレイアウトデータを見る作業者はK版の状態で見る場合が多いでしょう。
 そのため、「写真が濃すぎるのではないか」などの指摘がなされるかもしれませんが、その場合は「スミではなく使用する特色インクに最適化してあるためです」と伝えれば良いでしょう。

 以上、特色1色印刷用の写真のデータを作成する方法をご紹介しました。

参考記事

モノクロ写真を、CMYK画像のK版C版M版Y版のいずれか1版で作る方法
 モノクロ写真を普通に作ると、グレースケールの画像データになります。  ところが、印刷用のデータを作るとき、色々な理由でモノクロ写真を普通のグレースケール画像ではなくCMYKカラーの画像データの1版分として作りたいことがあるのでは...
2色分解の方法 RGBのカラー写真からCM版で 特色二色印刷用に
 Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKに4色分解する場合は、単純にプロファイル変換の操作だけで済みます。  ところが特色(スポットカラー)2色で印刷するための2色分解は難易度が高い作業です。 ...
RGB画像からダブルトーン用に2色分解し CMYK画像にする方法
 写真などの画像の2色分解には、通常の2色分解の他にタブルトーン用の2色分解もあります。  ダブルトーンはグレースケール画像より豊かな階調表現をしたいときなどに使います。  ここでは、RGB画像からダブルトーン用に2色分解し、C...
印刷の「ドットゲイン」とは何か? 印刷結果の濃さに関係するもの
 近頃は自分でチラシなどの印刷物のレイアウトデータを作成してデータ支給で印刷を依頼することが多くなりました。  オフセット印刷の話で、よく「ドットゲイン」という言葉を耳にするのではないでしょうか。  ただ、オフセット印刷はデータ...

特色インクの色見本