2色刷りデータに 特色インクを適用しインクジェットプリンターで印刷

 業務向けのカラーマネジメント関連の機能がある複合機なら、2色印刷用のデータに特色インクを適用して出力できるものもあります。
 そういう機器を持っていないとき、普通のインクジェットプリンターで特色インクを適用した色で出力したいこともあるのではないでしょうか。

 ここでは、2色印刷用のデータに特色インクを適用し、普通のインクジェットプリンターで出力する方法をご紹介します。
 なお、この説明ではAdobe®のソフトを使います。

2色印刷をシミュレーションしてプリンター出力する作業の流れ

 全体の作業の流れは以下のようにします。

  1. PDFファイルなどのシミュレートしたいデータを画像データ化する
  2. 画像データに特色インクの色を適用
  3. 特色インクを適用した画像データを通常のRGB画像に変換
  4. RGB画像を通常のカラーマネジメントの手順でプリンター出力

特色インクの色でプリンター出力する具体的な手順

手順1 Adobe® Photoshop®のカラー設定でドットゲインを設定

 2色印刷のデータを正確にシミュレートするには、印刷の条件に合わせてPhotoshopカラー設定ドットゲインを設定する必要があります。

 もしカラー設定でドットゲインを適切に設定しなかった場合、この先の操作で2色印刷結果をシミュレートしても実際の印刷結果と濃さなどが全然違ってしまい、正しくシミュレートできません

 作業用スペーススポットカラーの欄で、予定している2色印刷のドットゲインを選択します。

Photoshopのカラー設定

 ドットゲインがいくらかは印刷を行う印刷所に聞くなどします。

 例えばドットゲインが20%くらいであれば、Dot Gain 20%を選びます。

 ドットゲインが不明で確認のしようがない場合は、仕方がないので以下のようにしておくと無難な場合が多いです。

 コート紙などコーティングされている用紙に印刷する予定ならドットゲイン15%にしておきます。
 新しい印刷設備でコート紙に印刷するなら、だいたいドットゲイン15%前後で印刷していることが多いからです。

 上質紙などコーティングされていない用紙に印刷する予定ならドットゲイン25%くらいにしておきます。
 上質紙のオフセット印刷ならだいたいそのくらいのドットゲインの場合が多いと思われるからです。(必ずしもそうとは限りません)

ドットゲインを正確に扱うのは難しい

 同じような条件で印刷しても、用紙が変わればドットゲインは変わります。
 同じ用紙でも、枚葉オフセット印刷とオフセット輪転機の印刷ならドットゲインは違います。
 同じ用紙で同じ印刷設備で印刷しても、毎回ドットゲインが同じくらいになるわけではないので、調節しながら印刷しています。
 
 上質紙の印刷といっても、オフ輪でコーティングされていない用紙に印刷した場合、ドットゲイン25%前後ではなく17%くらいで印刷されるということもあります。

 よって、あくまでプリンター出力は完璧に印刷結果を再現しているわけでなく、雰囲気を見るための参考資料と思っておく必要があります。

手順2 2色印刷用のPDFデータをCMYK画像データに変換する

 以下のような2色印刷用のPDFがあり、CMYKのデータのCM版を使って作成していると仮定します。

これから印刷結果をシミュレートするPDF

 Adobe® Photoshop®で、PDFファイルを直接開きます。

 「PDFの読み込み」のダイアログでの各項目を設定します。

  • 選択:ページ
  • アンチエイリアス チェックを入れておく
  • 解像度:600 pixel/inch くらい
    (350dpiだと粗過ぎます。今のパソコンはスペックが高いので600dpiでA3判くらいまでのデータならたいてい支障なく扱えます。)
  • モード:CMYKカラー
    (「CMYKカラー」を選んで開くことで、PDFのCMYK値を変化させずに画像データとして開けます。)

「PDFの読み込み」のダイアログ

 OKをクリックします。

 白い部分が透明な画像データとして開かれるので、[ レイヤー > 画像統合 ]と進み、画像を統合します。

 [ ファイル > 別名で保存 ]と進み、PSDなどで一旦保存しておきます。

手順3 CMYK画像データに特色を適用する

 チャンネルのパネルで、シアンチャンネル、マゼンタチャンネルを複製します。

シアン、マゼンタのチャンネルを複製

 シアンのコピーのチャンネルをダブルクリックし、チャンネルオプションでスポットカラーを選択し、不透明度0%にし、色のマスをクリックします。

チャンネルオプションの操作

 カラーピッカーの画面でカラーライブラリをクリックします。

カラーライブラリをクリック

 カラーライブラリのダイアログで、ライブラリの欄でDICなりTOYOなりPANTONEなり、シミュレートしたい特色インクのシリーズ名を選び、シアンチャンネルに適用したい色を選択してOKで決定します。

カラーライブラリで希望の特色インクを選択

 選択し終わるとチャンネルオプションのダイアログは下図のようになります。

特色インク選択済みのチャンネルオプション

 OKで閉じます。

 マゼンタチャンネルにも同じように特色インクを適用します。

チャンネルパネル シアン、マゼンタ両チャンネルに特色を適用した状態

 チャンネルパネルCMYKチャンネルはすべて目のマークを消します。特色を適用したチャンネルだけ目のマークを入れて表示します。

特色インクを適用したチャンネルのみ表示

 ここまでで写真は下図のような状態になります。

特色インクの色をシミュレートした状態

手順4 特色インクをシミュレートした画像の色をそのままRGB画像に変換

 CMYKチャンネルはすべて白で塗りつぶして、チャンネルを複製して特色を適用したチャンネルだけに絵柄がある状態にします。

 チャンネルパネルで、CMYKチャンネルはすべて非表示、スポットカラーの色を適用したチャンネルのみ表示状態にし選択しておきます。

スポットカラーを適用したチャンネルのみ表示し、選択しておく

 [ 編集 > プロファイル変換 ]と進み、AdobeRGBにプロファイル変換します。

AdobeRGBにプロファイル変換

操作 チャンネルパネルパネルメニューから「スポットカラーチャンネルを統合」をクリックします。

スポットカラーチャンネルを統合

 特色インクの色が適用された状態でRGB画像に変換されます。
 RGB変換前と比べると、明るさ・コントラストが変化してしまっています。
 残念ながらこれで限界です。

AdobeRGB画像に変換した状態

手順5 通常のカラーマネジメントを使ってPhotoshopからプリンター出力する

 特色をシミュレートしたAdobeRGBの画像が完成したので、Photoshopから通常のカラーマネジメントを使った方法でプリンター出力します。

参考記事

Photoshopからカラーマネジメントを利用して印刷する方法
 カラーマネジメントの仕組みに則って写真のデータを正しく完成させたとしても、プリンター出力の手順が正しくないと異常な色で出力されることになります。  アプリケーションソフトからの印刷時の設定が間違っているために、プリンターからおか...

注意点 RGB画像に変換すると明るさなどが変わることがよくある

 このように、スポットカラーチャンネルの色をRGB画像に変換した場合、明るさなどが変化してしまう場合がよくあります。

 よって、上記の方法で作成したRGB画像は特色の2色印刷を完璧にシミュレートしたものではない、と心得ておく必要があります。

 特色インクを使った印刷の結果の正確なシミュレートは、印刷会社の製版作業向けの業務用ソフトなどを使わなければできません。

 以上、2色印刷用のデータに特色インクを適用し、普通のインクジェットプリンターで出力する方法をご紹介しました。

参考記事

印刷の「ドットゲイン」とは何か? 印刷結果の濃さに関係するもの
 近頃は自分でチラシなどの印刷物のレイアウトデータを作成してデータ支給で印刷を依頼することが多くなりました。  オフセット印刷の話で、よく「ドットゲイン」という言葉を耳にするのではないでしょうか。  ただ、オフセット印刷はデータ...
2色分解の方法 RGBのカラー写真からCM版で 特色二色印刷用に
 Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKに4色分解する場合は、単純にプロファイル変換の操作だけで済みます。  ところが特色(スポットカラー)2色で印刷するための2色分解は難易度が高い作業です。 ...
スポットカラー1色印刷の写真作成方法 グレー画像のままでは不十分
 昨今は自分で印刷用のデータを作成し、印刷会社へデータ入稿するケースが増えました。  この場合、4色カラーのデータを作るより1色印刷用のデータを作成する方が難易度が高いです。  さらに、それが黒1色ではなく特色(スポットカラ...