Skylum Luminarでカメラプロファイルを適用する方法

ページトップのイメージ画像

 写真のRAW現像をするとき、たいていはカメラプロファイルを適用します。特にカメラプロファイルの適用をしなければ、初期設定のカメラプロファイルなどが適用されています。
 Luminar NeoやLuminar 4などでRAW現像する時も、カメラプロファイルを自分で選んで適用できます。

 ここではLuminar NeoとLuminar 4でカメラプロファイルを適用する方法をご紹介します。

Luminar Neo

Luminar Neo

Luminar Neoでカメラプロファイルを適用する手順

1.RAWデータの読み込み

 Luminar NeoにRAWデータを読み込み、「編集」に進みます。

Luminar NeoでRAWデータを読み込み「編集」へ進む

Luminar NeoでRAWデータを読み込み「編集」へ進む

2.カメラプロファイルの設定欄の表示

 「エッセンシャル」の「現像」パネルに「カメラプロファイル」の欄があり、現在適用されているプロファイルが確認できます。

カメラプロファイルの設定欄

カメラプロファイルの設定欄

3.適用したいカメラプロファイルを指定

 カメラプロファイルの設定欄をクリックするとカメラプロファイル一覧が表示されます。目的のカメラプロファイルが表示されていれば、それをクリックして指定します。

カメラプロファイルの選択肢

カメラプロファイルの選択肢

 ColorChecker パスポート フォト2 などを使って自分で作ったカメラプロファイルなど、適用したいプロファイルが選択欄に表示されていない場合は「カスタムプロフィールを追加」に進みます。

カスタムプロフィールを追加

カスタムプロフィールを追加

 目的のカメラプロファイルが保存されているフォルダを探して読み込むと適用され、写真の色が変化します。

自作のカメラプロファイルを適用した例

自作のカメラプロファイルを適用した例

カメラプロファイルがある場所
 カメラプロファイルを自分で探して読み込むとき、保存されている場所を見つけにくいこともあります。
 AdobeのソフトやLuminarで適用するカメラプロファイルは「DNG Camera Profile file」というもので、拡張子は「dcp」となっています。
 そこで、拡張子dcpのファイルを検索すると見つかるかもしれません。

 以上でカメラプロファイルの適用は終了です。
 あとは現像作業を進めます。

Luminar 4でカメラプロファイルを適用する手順

1.RAWデータの読み込み

 Luminar4にRAWデータを読み込み、「編集」に進みます。

Luminar4でRAWデータを読み込み「編集」へ進む

Luminar4でRAWデータを読み込み「編集」へ進む

2.カメラプロファイルの設定欄の表示

「エッセンシャル」(太陽のマーク)に進み、「ライト」のパネルを表示すると、現在適用されているカメラプロファイルを確認できます。

現在適用されているカメラプロファイル

現在適用されているカメラプロファイル

3.適用したいカメラプロファイルを指定

 カメラプロファイルの指定欄(「プロフ…」と書いてあるところ)をクリックするとカメラプロファイル一覧が表示されます。目的のカメラプロファイルが表示されていれば、それをクリックして指定します。

カメラプロファイルの設定欄

カメラプロファイルの設定欄

 ColorChecker パスポート フォト2 などを使って自分で作ったカメラプロファイルなど、適用したいプロファイルが選択欄に表示されていない場合は「カスタムDCPプロファイルを読み込む」に進みます。

「カスタムDCPプロファイルを読み込む」に進む

「カスタムDCPプロファイルを読み込む」に進む

 目的のカメラプロファイルが保存されているフォルダを探して読み込むと適用され、写真の色が変化します。

自作のカメラプロファイルを適用した例

自作のカメラプロファイルを適用した例

カメラプロファイルがある場所
 カメラプロファイルを自分で探して読み込むとき、保存されている場所を見つけにくいこともあります。
 AdobeのソフトやLuminarで適用するカメラプロファイルは「DNG Camera Profile file」というもので、拡張子は「dcp」となっています。
 そこで、拡張子dcpのファイルを検索すると見つかるかもしれません。

 以上でカメラプロファイルの適用は終了です。
 あとは現像作業を進めます。

 以上、Luminar NeoとLuminar 4でカメラプロファイルを適用する方法をご紹介しました。

参考記事

ColorCheckerでカメラプロファイルを作成する方法
 以前はX-Riteから発売され、現在はCalibriteから発売されているColorCheckerでカメラプロファイルを作りカラーマネジメントを行うことで、RAWデータによる撮影後の現像作業を実際の被写体に色に近い状態から始められ...
Luminar Neoで風景写真を現像・レタッチする方法、手順
 Adobe® Photoshop®より簡単な操作で写真の現像、レタッチ、演出などができる写真の現像・編集ソフトにSkylum Luminar Neoがあります。  ここではLuminarNeoを使って、基本的...
Luminar Neoで人物写真を現像・レタッチする方法、手順
 Adobe® Photoshop®よりは簡単な操作で写真の現像、レタッチ、演出などができる写真の現像・編集ソフトにSkylum Luminar Neoがあります。  ここではLuminarNeoを使って、基本...
Luminar4で写真の明るさ・色の補正をする基本的な手順の一例
 写真編集ソフトLuminar4は、写真のデータの明るさ、コントラスト、色などをかなり簡単に調整することができるソフトです。  人によっては、Adobe® Photoshop® elementsで調整するより簡単に...
Luminar 4 だけでポートレイト写真のレタッチをする
 写真編集ソフトLuminar4は、かなりの部分をソフトの判断にまかせてフォトレタッチができます。  ここではLuminar4だけを使ってポートレイト写真のレタッチを行う手順の一例をご紹介します。 人物の写真もLumin...

Luminar

Luminar Neo