カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

白っぽい写真を直す簡単な方法 Photoshop Elements使用して

      2018/11/07

siroppoi_psele07

 写真を撮影すると、コントラストが低く全体に白っぽく写ってしまうことがよくあります。

 フィルムだとあまり手を加えられませんでしたが、今はパソコンで写真が修正できる時代になりました。

 ここでは、白っぽく写ってしまった写真をAdobe® Photoshop® Elementsを使用して簡単に直す方法をご紹介します。




前準備 Photoshop Elementsのカラー設定

 できるだけ簡単な操作だけで進めたいのですが、この作業はどうしても省略することができません。

 面倒でも確認する必要があります。
 この作業をしないと、デジカメプリントの店で写真をプリントしたりしたとき、意図しない濁った色になって出来上がったりしてしまいます。

操作 Photoshop Elementsで[ 編集 > カラー設定 ]と進みます。

 カラー設定の画面が表示されます。

操作 「画面表示用に最適化」を選んで、OKをクリックします。

siroppoi_psele01

「画面表示用に最適化」を選んで、OK

プリント用でも気にせず「画像表示用に最適化」を選ぶ

写真をプリントしたい場合でも、気にせず「画面表示用に最適化」を選んでください。
「プリント出力用に最適化」を選ぶと、自分が知らないうちに写真のデータにAdobeRGBプロファイルが埋め込まれる可能性があり、AdobeRGBのデータを正確に出力してくれない写真プリントの店もたくさんあるので正常に出力されなくなります。

白っぽさを直す操作

 ここから、白っぽさを直す操作に入ります。

操作 写真のデータを開きます。

操作 上の部分で「クイック」をクリックし、右のバーの「ライティング」をクリックします。

siroppoi_psele02

「クイック」と「ライティング」をクリック

操作 ライティングの欄の「自動レベル補正」をクリックします。

siroppoi_psele03

「自動レベル補正」をクリック

操作 メニューから[ 画像調整 > かすみの除去 ]と進みます。

siroppoi_psele04

[ 画像調整 > かすみの除去 ]と進む

操作 自動でかすみの除去の効果がかかりますので、「前 補正後」のスイッチをクリックして効果を確認し、OKをクリックします。

siroppoi_psele05

「前 補正後」で効果を確認してOK

 あとはデータを保存します。

 保存するとき、「カラープロファイルの埋め込み」は必ずチェックしておきます。
 これをチェックしないと今後このデータを使うときに不便なことがたくさん起こります。チェックを入れることによるデメリットはほとんどありません。

siroppoi_psele06

「カラープロファイルの埋め込み」は必ずチェック

 これで白っぽい写真の修正は完了です。おめでとうございます。

siroppoi_psele07

 以上、白っぽく写ってしまった写真をAdobe® Photoshop® Elementsを使用して簡単に直す方法をご紹介しました。

当ブログ内の参考記事

当事務所のフォトレタッチサービス

 ご自分でレタッチしきれない場合はご依頼いただけると幸いです。

Photoshop Elements

写真プリントサービス

Photohsop Elements の本

 - Photoshop Elementsの使い方, デジカメ写真を自分で修正 , , , , ,