カラーマネジメントツールの使い方 写真のスキャニング・データ化

SilverFast®でポジフィルムを正確な色でスキャニングする方法

2020年5月26日

 スキャナープロファイル作成機能も備えたスキャナーソフトの有名なものに「SilverFast Ai Studio 8」があります。

 「SilverFast Ai Studio 8」で透過原稿用のスキャナープロファイルを作成することで、ポジフィルムの色を正確にスキャニングすることができます。
 「SilverFast Ai Studio 8」による透過原稿用スキャナープロファイルの作成と、スキャニング作業の一例をみてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

目次

「SilverFast Ai Studio 8」のスキャナーのカラーマネジメント機能の利点 手間がかからず簡単

一般的なソフト・ツール類の場合は何段階かの作業が必要

 例えばX-Rite®のカラーマネジメントツールでスキャナープロファイルを作成し、スキャニング作業を行うとします。

 はじめに、スキャナーソフトで一切の色補正を行わずにカラーターゲットをスキャニングし、スキャニングした画像データを保存しておきます。

 スキャナープロファイル作成用のソフトを操作し、先ほどスキャニングしておいたカラーターゲットの画像データを読み込み、スキャナープロファイルを作成し、保存します。

 スキャナーソフトを操作し、入力プロファイルとして先ほど作成したスキャナープロファイルを設定し、スキャンします。
 または、一切の色補正を行わずにスキャニングをして、完成したスキャン済み画像データに手動でスキャナープロファイルを指定します。

 以上のような作業手順によりカラーマネジメントシステムを利用したスキャニング作業を行います。

 何段階かの作業が必要であり、またプロファイルや色補正に関する設定を何回か行う必要があるため、カラーマネジメントシステムの利用に慣れていない場合は設定などを間違えてしまい、うまくいかないケースも結構あります。

「SilverFast Ai Studio 8」のスキャナープロファイル作成機能は簡単

 一方、「SilverFast Ai Studio 8」のスキャナープロファイル作成機能は作業や設定項目が少なく簡単です。

 カラーターゲットをスキャナーにセットし、「オートIT8キャリブレーション」機能のスタートボタンをクリックします。
 後は自動的にカラーターゲットのスキャニング、スキャナープロファイルの作成、保存、スキャナーソフトへのスキャナープロファイルの設定、まで進みます。

 このように作業が極めて少なく、時間がかかりません。
 また、各種設定が自動的に行われるため、カラーマネジメントシステムの利用に慣れていない人でも失敗せずにCMSを利用したスキャニングが行えます。

「SilverFast Ai Studio 8」のカラーターゲットは購入しやすい

 スキャナープロファイル作成には、ソフトの他にカラーターゲットが必要です。
 使用しているプロファイル作成ソフトが対応しているカラーターゲットをソフトとは別に自ら購入します。

 ところが、スキャナープロファイル作成用のカラーターゲットは需要が少ないため、どこにでも売っているものではありません。

 LaserSoftImagingのサイトでは「SilverFast」で使用するための各種カラーターゲットも販売されているので、簡単に購入することができます。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

スキャナーのカラーマネジメントのおおまかな流れ

プリンターのカラーマネジメント

 スキャナーのカラーマネジメントの流れが理解しやすいよう、スキャナー以外の機器のカラーマネジメントをみてみます。

 プリンターのカラーマネジメントをする場合、色々な色のパッチが並んだカラーターゲットを印刷し、印刷結果を測色してプリンターの出力特性を調べ、調べた結果をカラープロファイルとして1個のファイルに保存します。
 このカラープロファイルがプリンターのデバイスプロファイルです。
 プリンターで印刷するとき、作成しておいたカラープロファイルで補正して印刷すると、データの色を正確に印刷することができます。

スキャナーのカラーマネジメント

 スキャナーのカラーマネジメントをする場合、色々な色のパッチが並んだカラーターゲットをスキャニングし、スキャニングしたデータの数値とカラーターゲットの色を比較してスキャナーの特性を調べ、調べた結果をカラープロファイルとして1個のファイルに保存します。
 このカラープロファイルがスキャナーのデバイスプロファイルです。
 スキャナーでスキャニングする時、スキャン済みのデータを、作成しておいたカラープロファイルで補正することで原稿の色を正確にスキャニングすることができます。

 以下では「SilverFast Ai Studio 8」を使用して、ポジフィルムを正確な色でスキャニングしてみます。

カラーマネージメント技術は人のためにある

SilverFastで透過原稿用のスキャナープロファイルを作成する手順の例

 スキャナーを使ってポジフィルムの色を正確にスキャニングするためには、透過原稿用のスキャナープロファイルが必要です。
 そこで、まずスキャナープロファイル作成を行います。

 「SilverFast Ai Studio 8」のオートIT8キャリブレーションという機能を使用して、ほとんど自動でスキャナープロファイルが作成できます。

必要なもの

SilverFast Ai Studio 8

 「SilverFast Ai Studio 8」はLaserSoftImagingのウェブサイトで購入できます。

SilverFastのページ

透過原稿用のIT8カラーターゲット

 ポジフィルムをスキャニングするときに使用するスキャナープロファイルを作成するために、透過原稿用のカラーターゲットが必要です。

 この記事の例では「Advanced Targets (ISO 12641-2 candidate compliant 2017) for Scanner Color Calibration」というカラーターゲットの、透過原稿用、35mmのサイズの製品を使用します。

 透過原稿用のIT8カラーターゲットはLaserSoftImagingのウェブサイトで購入できます。
 製品は宅配便で届きます。

 カラーターゲットの説明中にある「今すぐ購入」へ進むとIT8カラーターゲットの購入ページへ進めます。
 ターゲットにはスタンダードターゲット、よりパッチ数の多いアドバンストターゲット(Advanced Targets)等が販売されています。
 この記事の例で使用するアドバンストターゲットを購入する場合は「Advanced Targets」という欄を見ます。
 ドロップダウンメニューがあるので、通常のカラーターゲットを購入する場合はターゲット・タイプに「キャリブレーションターゲットのみ(ソフトなし)」を選びます。
 透過原稿用のカラーターゲットを購入する場合は用途に「トランスパレントフィルム用」を選びます。
 大きさの欄で希望するターゲットのサイズを選びます。この記事で使用しているものと同じサイズを購入する場合は35mmを選びます。

 表示された製品にチェックを入れて、一般的なネット通販サイトと同じように購入手続きをします。

 なお、価格はユーロで表示されているので、自分で円に換算する必要があります。

LaserSoftImagingのカラーターゲットのページ

手順1 カラーマネジメント設定等の確認など

 スキャナーの電源を入れて、SilverFastを起動します。
 スキャナーが認識されてSilverFastの画面が表示されます。

SilverFastの画面

 SilverFastのメイン画面の原稿の種類の設定欄で「透過原稿」「ポジ」を選択しておきます。

透過原稿、ポジ、を選択する

 メニューから[SilverFast8 > 環境設定 ]と進み、色彩管理のタブをクリックします。
 まだスキャナープロファイルを作成する前ですが、この画面で念のためカラーマネジメントに関する設定を行っておきます。

SilverFastのカラーマネジメント関連の設定画面

「色の管理」の欄

 色の管理の欄の2項目「入力->内部」「入力->モニター」は、ICCプロファイルを使用した一般的なカラーマネジメントを行うならColorSync(Macの場合)を選んでおけば問題ないと思われます。

 「内部->出力」は<RGB>にしておきます。

「プロファイル」の欄

 プロファイルの5項目のうちの「入力」の欄はスキャナープロファイルを指定する場所です。
 スキャナープロファイルはこれから作るので、この欄はこの段階では何が選ばれていても問題ありません。

 「内部」の欄は、スキャニングしたデータをスキャナーソフト内部で扱うときに使用する色空間だと思われます。
 多くの場合AdobeRGBで問題ないでしょう。
 デジカメのデータの現像ソフト等と同じような広い色域にしておきたい場合はProPhotoRGBを選んでも良いでしょう。
 標準色空間sRGBのデータさえ作成できれば良い場合はsRGBにしても良いでしょう。

 「レンダリング強度」の欄はとりあえず知覚的で多くの場合問題ないでしょう。

内蔵ICCプロファイル

 内蔵ICCプロファイルの欄は、まだスキャナープロファイルを作成する前段階なので、どのように設定されていても問題ありません。

手順2 スキャニングの設定

 スキャナーソフトのメインのページへ戻り、スキャニングの設定を行います。

 ポジフィルム用のスキャナープロファイルを作成したいので、反射、透過原稿、のいずれかを選択するボタンで「透過」を選択します。
 ポジフィルム、ネガフィルム、を選択するボタンで「ポジ」を選択します。

 それ以外の設定はこの段階では気にしなくても問題ありません。

透過原稿、ポジ、を選択する

手順3 透過原稿用IT8カラーターゲットをセットする

 用意した透過原稿用IT8カラーターゲットをスキャナーにセットします。

 IT8カラーターゲットを置く位置については、普段ポジフィルムをスキャンする時のように置いて問題ありません。

 この例で使用する35mm、3枚セットのカラーターゲットの場合は、順番を気にせずに3枚ともセットします。

手順4 一応プレスキャンをする

 カラーターゲットをセットしたら、念のためプレスキャンします。(プレスキャンをしなくても問題ないかもしれません)

 「プレスキャン」をクリックすると、プレビュー欄にカラーターゲットが表示されます。

プレスキャンした状態

ウィンドウの下部のプロファイルに関する表示について

 スキャナーソフトのメイン画面の下部に、プロファイルに関する表示があります。
 この段階で、「プロファイル入力:無し」となっていたり、何らかのプロファイル名が表示されていたりします。

 この段階ではこの欄はどのようになっていても問題ありません。

ウィンドウ下部の入力プロファイル表示欄

手順5 オートIT8キャリブレーションを実行する

 「SilverFast Ai Studio 8」に備わっているスキャナープロファイル作成機能「オートIT8キャリブレーション」を実行します。

 「IT8校正」と書かれたメニューボタンをクリックし、さらに自分が使うターゲットに合った選択肢をクリックします。
 この例では3枚セットのアドバンストカラーターゲットを使用しているので「アドバンスト 3-スライド」をクリックします。

「IT8 校正」の、使用するターゲットに該当する選択肢をクリック

 スキャナープロファイル作成が始まります。

 「IT8キャリブレーション」のウィンドウが表示され、自動的にプレスキャンが始まります。
 (設定の違いなどにより、自動で進まない場合もあるかもしれません。自動で進まなければ、「オートIT8」にチェックを入れて、再生ボタンをクリックする、などします。)

IT8キャリブレーションの画面

 スキャナーにセットしたカラーターゲットの順番、向きに関わらず、ソフトが自動的にカラーターゲットの種類を認識して、3枚セットの1枚目から順にスキャニングを行なっていきます。

カラーターゲットのスキャン、プロファイル作成の実行中

上書きするかどうか聞かれた場合

 スキャナープロファイル作成が2度目以降になると、「このICCプロファイルは既に存在します。上書きしますか?」と確認するダイアログが表示されます。

 多くの場合、以前のスキャナープロファイルを保管しておく必要はないと思うので、「はい」をクリックしてスキャナープロファイルを上書きします。

ICCプロファイルの上書きについて確認するダイアログ

以前のスキャナープロファイルを保管しておきたい場合

 諸事情で以前作成したスキャナープロファイルを残しておきたい場合は、先にスキャナープロファイルが保存してあるフォルダに行き、以前作成したスキャナープロファイルを別の場所に移動するか、スキャナープロファイルのファイル名を変更する、などの対処をしておきます。
 そうすると新しいスキャナープロファイルを保存しても以前のプロファイルは残るでしょう。

スキャナープロファイル作成完了

 キャリブレーション作業の完了を知らせるウィンドウが表示され、スキャナープロファイル作成が完了します。

 スキャナープロファイル作成作業が終わると、スキャナープロファイルとして今作成したプロファイルが設定されます。
 スキャナーソフトのメイン画面の下部に、現在設定されている入力プロファイルとして今作成したスキャナープロファイルが表示されます。

設定された入力プロファイルの表示

スキャナープロファイルを使用して正確にスキャニングする手順の例

 透過原稿用スキャナープロファイルが作成できたら、このスキャナープロファイルを使用し、カラーマネジメントの仕組みに則ってポジフィルムをスキャニングします。

SilverFastの色管理の設定を行う

 はじめにSilverFastのカラーマネジメントに関する設定を行います。

 SilverFastのメイン画面の原稿の種類の設定欄で「透過原稿」「ポジ」を選択しておきます。

透過原稿、ポジ、を選択する

 メニューから[SilverFast8 > 環境設定 ]と進み、色彩管理のタブをクリックします。

SilverFastのカラーマネジメント関連の設定画面

「色管理」の欄

 色の管理の欄の3項目「入力->内部」「入力->モニター」「内部->出力」は、ICCプロファイルを使用した一般的なカラーマネジメントを行うならColorSync(Macの場合)を選んでおけば問題ないと思われます。

「プロファイル」の欄の「入力」欄

 プロファイルの5項目のうちの「入力」の欄はスキャナープロファイルを指定する場所です。

 そこで、この欄には先ほど作成したスキャナープロファイルを指定します。

 「SilverFast Ai Studio 8」のオートIT8キャリブレーションでスキャナープロファイルを作成した直後には、作成したスキャナープロファイルが上記のスキャナープロファイル設定欄に自動的に設定されます。

 作成したスキャナープロファイルが表示されないなど、うまくいかない場合は、一度SilverFastを終了してから再起動してみます。
 そうするとうまくいくかもしれません。

自分が作成したスキャナープロファイルのファイル名を確認する方法

 スキャナープロファイルを作成したとき、自動的にプロファイル名が付けられて、OSのカラープロファイルの保存場所に保存されます。
 そのため、自分が作成したスキャナープロファイルのファイル名が分からないという場合もあるでしょう。

 OSのディスク内の、カラープロファイルが保存されているフォルダを開きます。
 保存されているICCプロファイルの中で、作成日時が自分がスキャナープロファイル作成を行った日時とまったく同じICCプロファイルがおそらく自分が作成したスキャナープロファイルです。

「プロファイル」の欄の「内部」欄

 「内部」の欄は、スキャニングしたデータをスキャナーソフト内部で扱うときに使用する色空間だと思われます。
 多くの場合AdobeRGBで問題ないでしょう。

 デジカメのデータの現像ソフト等と同じような広い色域にしておきたい場合はProPhotoRGBを選んでも良いでしょう。

 標準色空間sRGBのデータさえ作成できれば良い場合はsRGBにしても良いでしょう。

「プロファイル」の欄の「レンダリング強度」欄

 「レンダリング強度」の欄は知覚的で多くの場合問題ないでしょう。

内蔵ICCプロファイル

 「ICCプロファイルの内蔵」はチェックを入れます。
 チェックを入れることで、スキャニング済みの画像データは「内部」の欄に指定したカラープロファイルが埋め込まれた画像として保存されます。

通常通りスキャニングする

 色管理の設定が終わったら、通常通りスキャニング作業を行います。

 この結果、原稿とほぼ近い色の画像データが完成します。

ポジフィルムの写真に色調補正等を加える場合

SilverFastで画像処理を行い、本スキャンする

 ポジフィルムの写真に、明るさ、コントラスト、色などの調整を加えたい場合も多いでしょう。

 上記の方法でカラーマネジメントを行うことで、とりあえずポジフィルムの色を正確に取り込めます。

 その上で、本スキャン前にSilverFastの各種画像調整機能を使用して明るさ、コントラスト、色、その他種々の処理を加え、その後に本スキャンを行うことで、写真に調整を加えてスキャニングができます。

後処理はPhotoshop等で行うのも良い

 Adobe® Photoshop®等の画像編集ソフトを使い慣れている場合は、後処理は画像編集ソフトで行ないたいと思うかもしれません。

 その場合は、まずは上記の方法でカラーマネジメントをして、ポジフィルムの色を正確にスキャニングして画像データ化します。

 後はPhotoshop等で画像データを開き、必要な処理を行います。

正常にスキャナーのカラーマネジメントができているか判断するために必要な条件

 スキャナープロファイルを作成して、カラーマネジメントを行なってスキャニングをしたら、正常にカラーマネジメントが行えているか確認したいでしょう。

 スキャナーのカラーマネジメントが正常に行えているかどうかを評価するためには、スキャナー以外の機器のカラーマネジメントも行う必要があります。

スキャン画像を確認する環境1 モニター

 スキャナーのカラーマネジメントが正確に行えているかどうかを評価するため、スキャン画像を見るモニターのカラーマネジメントが必須です。
 なぜモニターのカラーマネジメントが必須なのか、以下に示します。

 話を単純にするため、一色の色紙をスキャンした場合を考えます。

正確にスキャニングできた画像データの色

 原稿の色紙と同じ色で正確にスキャニングを行えた場合、以下のようになります。
 ただし、モニターがなければパソコン内の画像データは見ることができません。

原稿の色を正確にスキャニングした画像データ

正確にスキャニングできていない画像データの色

 原稿の色紙とは異なる色でスキャニングされてしまった場合、例えば以下のようになります。
 ただし、モニターがなければパソコン内の画像データは見ることができません。

原稿の色を正確にスキャニングできていない画像データ

正確にスキャニングされた画像データを確認してみる

 原稿の色紙と同じ色で正確にスキャニングを行えた場合、モニターを使用してデータの色を確認してみます。

 キャリブレーションしたモニターなど、表示が正確に調整されているモニターなら下図のようになります。

キャリブレーション したモニターなど表示が正確に調整されているモニターを使用した場合

 表示が正確に調整されていないモニターを使用した場合、下図のようになります。

表示が正確に調整されていないモニターを使用した場合

 このように、表示が正確に調整されていないモニターを使った場合、原稿と同じ色で正確にスキャニングが行えているにも関わらず、色紙の色とモニターに表示されたスキャン済み画像データの色が異なるので、原稿と異なる色でスキャニングされている、と思ってしまいます。

原稿の色を正確にスキャニングできていない画像データを確認してみる

 次に原稿の色を正確にスキャニングできていない場合、モニターを使用して画像データの色を確認してみます。

 キャリブレーションしたモニターなど、表示が正確に調整されているモニターなら下図のようになり、原稿と異なる色にスキャニングされてしまっている、と確認できます。

キャリブレーション したモニターなど表示が正確に調整されているモニターを使用した場合

 表示が正確に調整されていないモニターを使用した場合、下図のようになります。

表示が正確に調整されていないモニターを使用した場合

 表示が正確に調整されていないモニターを使用した場合、原稿と異なる色にスキャニングされてしまっている画像データが、さらにデータとは異なる色でモニターに表示されてしまいます。
 モニターを見た人は、原稿と異なる色にスキャニングされてしまっている、と思うことになりますが、見ている色は実際の画像データとは異なるので、極めてややこしい状態になります。

正確なモニター表示が必要

 上記のことから分かる通り、スキャニングが正確に行われているかどうかを確認するために、表示が正確なモニターが必ず必要です。

当ブログ参考記事

画像調整を加えてスキャニングする場合も正確なモニターの使用が必須

 上記のこととほぼ同じようなことですが、SilverFastで画像調整を加える作業においても正確な表示のモニターは必須です。

 表示が不正確なモニターを使用して、SilverFastで色々な調整を加え、絶妙な仕上がりにしてスキャニングしたとします。
 完成した写真のデータを印刷してみます。
 すると、モニターで見ていた絶妙な仕上がりとは異なる見た目の写真が印刷されます。

 モニター表示が不正確なら、モニターに表示されていたSilverFastの操作画面内の写真は、実際のデータの色ではないからです。

 よって、正常な調整作業を行うためには正確な表示のモニターの使用が必須ということになります。

スキャン画像を確認する環境2 透過原稿用のビュワー

 ポジフィルムのスキャニング結果を確認するなら、原稿のポジフィルムを正確に見る必要があります。
 ポジフィルムを正確にみるために、透過原稿の観察用のビュワーが必要です。

SilverFast Ai Studio 8で作成したスキャナープロファイルはSilverFast専用かもしれない

 SilverFast Ai Studio 8で作成したスキャナープロファイルはICCプロファイルです。
 よって、他のスキャナーソフトで使用したり、Photoshop等の画像編集ソフト上でプロファイル指定をして使うなど、SilverFast以外のソフトでも使用できると思うでしょう。

 ところが、SilverFastで作成した反射原稿用のスキャナープロファイルの場合、SilverFastでは正常な働きをしますが、他のソフトでは正常な結果が得られませんでした。

 そのため、透過原稿用のスキャナープロファイルについても、SilverFastで作成したスキャナープロファイルはSilverFast専用である可能性があります。

 以上、「SilverFast Ai Studio 8」を使用して、ポジフィルムの色を正確にスキャニングする手順の例をみてみました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントツールの使い方, 写真のスキャニング・データ化
-, , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜