グレースケール・モノクロ画像の知識 画像データの知識

グレースケールやモノクロ2値の線画をCMYK画像のKに置き換える方法

投稿日:2019年2月6日 更新日:

 イラストをスキャニングスキャニングするなどして、グレースケールやモノクロ2値の線画を作ったとします。
 この後の作業で、線画をCMYK画像のK版に持って行って、真っ黒な線として使いたい場合はよくあるでしょう。

 ここでは、Adobe® Photoshop&erg;を使って線画のデータをCMYK画像のK版に置き換える方法をご紹介します。

前提条件

 ここでの説明では、以下のように仮定します。

  • CMYK画像の解像度は350dpiにする
  • CMYK画像のサイズは、元の線画と同じサイズにする

グレースケールやモノクロ2値の線画をCMYK画像のKに置き換える手順

手順1画像のモードをグレースケールにしておく

線画がモノクロ2値のデータの場合

 イラストを線画モードでスキャンした場合などは、スキャン後のデータはモノクロ2値画像になっています。

 モノクロ2値画像は真っ黒か真っ白かどちらかのピクセルしかないデータです。

操作 Photoshopのメニューから[イメージ>モード>グレースケール]と進みます。

操作グレースケール」のダイアログで「サイズ比:1」でOKをクリックし、グレースケール画像に変換します。

「グレースケール」のダイアログ

線画がグレースケール画像の場合

 そのままで手順2へ進みます。

手順2画像解像度・画像サイズを調整する

操作イメージ>画像解像度]と進みます。

画像解像度のダイアログ

操作 以下のように設定し、OKをクリックします。

再サンプル
チェックを入れ、「バイキュービック法(滑らかなグラデーション)」にする
解像度
350pixel/inch

解像度を350dpiにする

手順3空のCMYK画像データを作る

操作 メニューから[イメージ>複製]と進み、グレースケール画像を複製します。

操作 複製した画像データをアクティブにし、メニューから[編集>プロファイル変換]と進みます。

操作変換後のカラースペース」の選択欄で用途に適したCMYKプロファイルを選び、OKをクリックします。

「プロファイル変換」のダイアログ

操作 メニューから[編集>塗りつぶし]と進みます。
内容:ホワイト」を選びOKをクリックし、白で塗りつぶします。

「塗りつぶし」のダイアログ

手順4CMYK画像に線画のデータを移動する

操作 グレースケールの線画のデータを、メニューから[選択範囲>すべて選択]と進み普通に全選択します。

操作 メニューから[編集>コピー]と進み普通にコピーします。

操作 CMYK画像のチャンネルパネルを表示し、「ブラック」チャンネルをクリックし、ブラックチャンネルが選択された状態にします。

「ブラック」チャンネルを選択

操作 メニューから[編集>ペースト]と進み、ブラックチャンネルに線画の絵柄を貼り付けます。

手順5CMYK画像として使う

 これでK版だけに線画の絵柄があるCMYK画像データができました。

 あとはCMYの各版に色を加えて行くなど、用途に合わせて使います。

 以上、Adobe® Photoshop&erg;を使って線画のデータをCMYK画像のK版に置き換える方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

Photoshopの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-グレースケール・モノクロ画像の知識, 画像データの知識
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.