グレースケール・モノクロ画像の知識 画像データの知識

グレースケールやモノクロ2値の線画をCMYK画像のKに置き換える方法

2019年2月6日

 イラストをスキャニングスキャニングするなどして、グレースケールやモノクロ2値の線画を作ったとします。
 この後の作業で、線画をCMYK画像のK版に持って行って、真っ黒な線として使いたい場合はよくあるでしょう。

 ここでは、Adobe® Photoshop&erg;を使って線画のデータをCMYK画像のK版に置き換える方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

前提条件

 ここでの説明では、以下のように仮定します。

  • CMYK画像の解像度は350dpiにする
  • CMYK画像のサイズは、元の線画と同じサイズにする


グレースケールやモノクロ2値の線画をCMYK画像のKに置き換える手順

手順1 画像のモードをグレースケールにしておく

線画がモノクロ2値のデータの場合

 イラストを線画モードでスキャンした場合などは、スキャン後のデータはモノクロ2値画像になっています。

 モノクロ2値画像は真っ黒か真っ白かどちらかのピクセルしかないデータです。

 Photoshopのメニューから[イメージ>モード>グレースケール]と進みます。

 「グレースケール」のダイアログで「サイズ比:1」でOKをクリックし、グレースケール画像に変換します。

blank

「グレースケール」のダイアログ

線画がグレースケール画像の場合

 そのままで手順2へ進みます。

手順2 画像解像度・画像サイズを調整する

 [イメージ>画像解像度]と進みます。

blank

画像解像度のダイアログ

 以下のように設定し、OKをクリックします。

再サンプル
チェックを入れ、「バイキュービック法(滑らかなグラデーション)」にする
解像度
350pixel/inch


blank

解像度を350dpiにする

手順3 空のCMYK画像データを作る

 メニューから[イメージ>複製]と進み、グレースケール画像を複製します。

 複製した画像データをアクティブにし、メニューから[編集>プロファイル変換]と進みます。

 「変換後のカラースペース」の選択欄で用途に適したCMYKプロファイルを選び、OKをクリックします。

blank

「プロファイル変換」のダイアログ

参考記事

 メニューから[編集>塗りつぶし]と進みます。
内容:ホワイト」を選びOKをクリックし、白で塗りつぶします。

blank

「塗りつぶし」のダイアログ

手順4 CMYK画像に線画のデータを移動する

 グレースケールの線画のデータを、メニューから[選択範囲>すべて選択]と進み普通に全選択します。

 メニューから[編集>コピー]と進み普通にコピーします。

 CMYK画像のチャンネルパネルを表示し、「ブラック」チャンネルをクリックし、ブラックチャンネルが選択された状態にします。

blank

「ブラック」チャンネルを選択

 メニューから[編集>ペースト]と進み、ブラックチャンネルに線画の絵柄を貼り付けます。

手順5 CMYK画像として使う

 これでK版だけに線画の絵柄があるCMYK画像データができました。

 あとはCMYの各版に色を加えて行くなど、用途に合わせて使います。

 以上、Adobe® Photoshop&erg;を使って線画のデータをCMYK画像のK版に置き換える方法をご紹介しました。


 

参考記事

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-グレースケール・モノクロ画像の知識, 画像データの知識
-, , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜