カラーマネジメント対応ソフトの操作 カラーマネジメントでよくある疑問

スクリーンキャプチャー画像を色を変えずにWEB掲載や印刷する方法

投稿日:2016年12月4日 更新日:

screencap_eyecatch

 操作画面やウェブページなどをスクリーンキャプチャーした画像を、WEBに掲載したり印刷したりすると色が変わることがあります。
 画面で見たときと同じ色のまま扱うには色の変換が必要です。
 ここではスクリーンキャプチャー画像を色を変えずにWEB掲載や印刷をするための、色の変換方法をご説明します。

スクリーンキャプチャー画像をWEBに掲載したいとき

 ウェブサイトに掲載するためのスクリーンキャプチャー画像は、ウェブブラウザのカラーマネジメント関連の仕様により違ってきます。

 ここでは、できるだけ多くの場合に元のキャプチャー画像と近い色で表示される可能性が高い方法をご紹介します。

手順1 スクリーンキャプチャーする

操作 スクリーンキャプチャーします。

手順2 Photoshop®等で埋め込みプロファイルを使用して画像を開く

操作 Adobe® Photoshop®かPhotoshop® Elementsで埋め込みプロファイルを使用してキャプチャー画像を開きます。

手順3 Photoshop®等でsRGBにプロファイル変換して画像を保存する

操作 Adobe® Photoshop®かPhotoshop® Elementsでトリミングやサイズ変更など必要な処理をいます。

操作 Adobe® Photoshop®かPhotoshop® ElementsでsRGBにプロファイル変換し、カラープロファイルの埋め込みで画像を保存します。

Photoshop ElementsでsRGBへのプロファイル変換はできるが、CMYKへの変換はできない

 sRGBへプロファイル変換する作業は、Photoshop Elementsでもできます。

 一方、CMYKプロファイルへのプロファイル変換はできません。

 そのため、スクリーンキャンプチャー画像を印刷のレウアウトデータなどで使う場合はPhotoshopが必要になります

手順4 ウェブブラウザで確認する

操作 保存した画像データをウェブブラウザにドラッグ&ドロップして直接表示し、キャプチャー元の画面の色と同じになっているか確認します。

どのように表示されるか

カラープロファイルを解釈してくれるウェブブラウザの場合

 完成したキャプチャー画像を、カラープロファイルを解釈してくれるウェブブラウザで表示した場合、sRGB色空間で表示した色で表示されるのでほぼ意図通りの色で表示されます。

カラープロファイルを解釈できないウェブブラウザの場合

 完成したキャプチャー画像を、カラープロファイルを解釈できないウェブブラウザで表示した場合、sRGBプロファイルは無視され、RGB値そのままでディスプレイの色空間で表示されます。
 しかし、ウェブサイトを閲覧する人のディスプレイの色空間はsRGBにある程度近い状態になっていることが多いので、意図した色とまあまあ近い状態で表示される可能性があります。

スクリーンキャプチャー画像を印刷用データに使用したいとき

 スクリーンキャプチャー画像を印刷用のレイアウトデータなどで使用したいときは、最終出力条件に合わせてプロファイル変換します。

手順1 スクリーンキャプチャーする

操作 スクリーンキャプチャーします。

手順2 Photoshop®で埋め込みプロファイルを使用してキャプチャー画像を開く

操作 Adobe® Photoshop®で埋め込みプロファイルを使用してキャプチャー画像を開きます。

手順3 Photoshop®で最終出力条件に合わせてプロファイル変換し、保存

操作 Adobe® Photoshop®でトリミングなど必要な処理をして、最終出力条件にあったカラープロファイルにプロファイル変換します。
 例えば、コート紙に枚葉オフセット印刷するなら「Japan Color 2011 Coated」か「Japan Color 2001 Coated」などにプロファイル変換し、保存します。

当ブログ参考記事

手順4 Illustratorなどに配置する

操作 完成した画像データをIllustratorなどのレイアウトソフト上に配置して、キャプチャー元の画面と同じ色で表示されているか確認します。
 このとき、レイアウトデータも配置画像も同じ最終出力を行うわけですから、レイアウトデータのカラープロファイルも配置画像のカラープロファイルと当然同じものにする必要があります。

スクリーンキャプチャー画像をインクジェットプリンターで印刷したい場合

スクリーンキャプチャー画像だけを印刷する場合

操作 Adobe® Photoshop®かPhotoshop® Elementsでスクリーンキャプチャー画像を埋め込みプロファイルを使用して開きます。

操作 Adobe® Photoshop®かPhotoshop® Elementsで通常の手順通りに印刷します。カラーマネジメントを使用して印刷したり、プリンター側の色管理を使用して印刷したり、いつも通りに印刷します。

 これでプリンタードライバーがキャプチャー画像の色を適切に変換して印刷してくれます。

 この結果色が違っていた場合、キャプチャー画像の処理の仕方が原因ではなくモニターとプリンターのカラーマッチングの問題ということになります。

スクリーンキャプチャー画像をレイアウトして印刷する場合

操作 Adobe® Photoshop®でスクリーンキャプチャー画像を埋め込みプロファイルを使用して開きます。

操作 Adobe® Photoshop®で画像を配置するIllustratorなどのレイアウトソフトのドキュメントプロファイルと同じカラープロファイルにプロファイル変換します。
 例えば、IllustratorのドキュメントをsRGBで作成しているならsRGBに、Japan Color 2001 Coatedで作成しているならJapan Color 2001 Coatedにプロファイル変換します。

操作 レイアウトソフト上に配置し、プリンターで印刷します。カラーマネジメントを使用して印刷したり、プリンター側の色管理を使用して印刷したり、いつも通りに印刷します。

 これでプリンタードライバーがキャプチャー画像の色を適切に変換して印刷してくれます。

 以上、スクリーンキャプチャー画像を色を変えずにWEB掲載や印刷をするための、色の変換方法をご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

Photoshop

ムック

カラーマネジメントの本



-カラーマネジメント対応ソフトの操作, カラーマネジメントでよくある疑問
-, , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.