写真のスキャニング・データ化

大量のプリント写真のスキャン スキャニングサービスの利用が現実的

投稿日:2017年4月25日 更新日:

 家にある、ネガからプリントした大量の紙焼き写真をデジタル化したい方は多いのではないでしょうか。

 家庭のスキャナーである程度の画質でスキャンすることは可能ですが、かなり時間がかかるため、社会人が働きながら行うのは非現実的です。

 ここでは、プリントした紙焼き写真のスキャニングサービスの内容などをご紹介します。

プリント写真のスキャニングサービスにはどのようなものがあるか

プリント写真スキャニング時のスキャン解像度について

 スキャン解像度300dpiというプリント写真のスキャンサービスが多いです。

 スキャン解像度600dpiというスキャンサービスもあります。

スキャン解像度はスキャニングするときの解像度

 スキャン解像度は写真をスキャニングするときの解像度です。

 解像度が高い方がスキャニングに時間がかかるので、スキャン解像度が高い方が料金も高いことが多いです。

スキャン解像度300dpiなら、だいたい元の写真と同じサイズでプリントできるデータになる

 店に写真プリントを依頼するにも、家のインクジェットプリンターで写真を印刷するにも、300dpiあれば足ります。

 よって、スキャン解像度300dpiでスキャニングすると、出来上がったデータは元のプリント写真と同じサイズでプリントできるくらいのサイズのデータになります。

 一般的なL判(約127×89mm)のプリント写真を300dpiでスキャニングして出来上がったデータはおよそ1500×1000px前後になります。

 このデータを写真プリントの店L判でプリント依頼すれば、問題ない画質でプリントできます。
 このデータを家のインクジェットプリンターL判の写真用紙に印刷すれば、問題ない画質で印刷できます。

 2L判などL判より大きいサイズでプリントしようとすると、サイズが足りないことになります。

スキャン解像度600dpiなら、元のデータの写真の2倍くらいのサイズでプリントできるデータになる

 上記の通り、スキャン解像度300dpiでスキャニングすれば、元の写真と同じサイズでプリントできるデータになります。

 よって、スキャン解像度600dpiでスキャニングすれば、元の写真の2倍のサイズでプリントできるデータになります。

※ただし元のプリントの画質がかなり悪くて2倍に拡大するほどの情報を持っていなければ、2倍のサイズでプリントすると画質が下がることもあり得ます。

スキャニング後の画像データの色補正について

 プリント写真のスキャンサービスでは、色補正をかけるものもあれば、色補正がないサービスもあります。

 ネガフィルムなどからプリントした写真は、通常は現像・プリント時に店で色補正が施された上でプリントされています。よって、プリント写真は色が完成した写真です。

 適正な色のプリント写真なら、スキャンサービスで色補正が施されなくてもそれほど問題はないのではないでしょうか。

 色補正をしてくれるなら、それでも問題ないと思います。

画像データの保存メディア、保存のされ方など

画像データの保存メディア

 保存メディアDVDのみのサービスや、SDカードなどを選択できるサービスもあります。

画像データの保存のされ方

 1枚の写真を1個の画像データにしてメディアに保存するというのが一般的です。

 DVDは、パソコン用のDVDで、パソコンで画像データを見られます。

 DVDプレーヤーで再生出来るスライドショーのDVDに仕上げるサービスもあります。

おすすめのプリント写真スキャニングサービスの仕様

 家で自分でプリント写真をスキャニングするのは大変時間がかかるので、プリント写真のスキャニングサービスに依頼する場合、以下のような内容のサービスに依頼するのが無難です。

スキャン解像度は300dpiあれば良い

 スキャン解像度は300dpiあれば十分です。

 300dpiでスキャンされていれば、元写真がL判なら、家のインクジェットプリンターでL判写真用紙に印刷できます。
 また、店にL判でプリント依頼できます。
 パソコンの画面いっぱいに表示することもできます。

 家庭の写真の90%以上はおそらくL判くらいでプリントしていると思います。
 よってL判の出力に十分な解像度である300dpiで90%は間に合います。

もっと大きい画像データが欲しくなった場合

 ほとんどの写真はL判で印刷したりできれば十分だとしても、たまにL判以上で大きく印刷したり店でプリントしたりしたい写真が出てくるでしょう。

 その場合は、家庭のスキャナーで高解像度でスキャニングしてデータ化すれば問題ありません。
 数が少なければ自分でスキャニングできる方が多いのではないでしょうか。

 重要な用途のポートレート写真など、ご自分で高解像度でスキャンした上、色調補正等で高品質に仕上げる必要があれば、当事務所でフォトレタッチサービスを扱っています。

スキャニング画像の色補正はあってもなくても良い お好みによる

 ネガフィルムをプリントした写真はすでに店で仕上げた色なので、色補正はあってもなくてもどちらでも問題ないでしょう。

 一応色補正してほしいという場合は、色補正ありのサービスを選ぶと良いでしょう。

画像データの保存メディアはDVDで、パソコンで画像を扱えれば十分

 自分で写真をスキャニングした場合は、写真を画像データとしてパソコンに保存できれば十分です。

 スキャニングサービスに依頼する場合も、画像データをパソコン用のDVDに保存してくれさえすれば十分でしょう。

 スライドショーなどを作りたい場合は、その必要が出てきたときに考えれば良いのではないでしょうか。

プリント写真スキャニングサービスの例

富士フイルム®公式 写真プリントの「写真スキャンサービス」

 富士フイルム®公式 写真プリントの「写真スキャンサービス」は下記のような内容で、家庭の大量のプリント写真をスキャンするには十分な内容です。

「写真スキャンサービス」のサイト

富士フイルム®公式 写真プリントの「写真スキャンサービス」の概要

 富士フイルム®公式 写真プリントの「写真スキャンサービス」の説明によれば、主な仕様は以下のとおりです。

 当記事を書いた時点で確認したものですので、最新の仕様は富士フイルムのサイトでご確認下さい。

スキャン解像度
300dpi
色補正
自動色補正を行いスキャン
保存メディア
パソコン閲覧用DVD-R
対応原版
カードサイズ(5.5×8.9cm)~2L(13×19cm)
スキャン範囲
上下左右0.5mmほどスキャンされない部分が出る

 以上、プリントした紙焼き写真のスキャニングサービスの内容などをご紹介しました。

スポンサーリンク

プリント写真スキャンサービス

当ブログ参考記事

当事務所のフォトレタッチサービス

 ご自分でレタッチしきれない場合はご依頼いただけると幸いです。

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-写真のスキャニング・データ化
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.