写真のスキャニング・データ化

スキャナーで写真をスキャンする時に便利 スキャン解像度一覧

投稿日:2016年10月23日 更新日:

 スキャナーでフィルムやプリント写真をスキャンするとき、スキャン解像度はいくらにすればよいかの判断はややこしいものです。

 ここでは、スキャナーでフィルムやプリント写真をスキャンするときのスキャン解像度について、主な仕上がりサイズと原稿サイズについて一覧を掲載します。

スキャン解像度は、「原稿の寸法」と完成する画像データの「寸法」「解像度」で決まる

 スキャン解像度は、最終的に完成させる画像データの寸法解像度、スキャンする原稿の寸法の関係で変わります。

 よって、原稿の寸法を確認し、完成した画像データを使って行う最終出力時の寸法、解像度、を決めたのち、スキャン解像度を求めます。

スキャン解像度の決定前に確認する事項

  • 最終出力時の寸法
    (例:チラシに幅110mmで載せたい写真なら、最終出力時の寸法は110mm)
  • 最終出力に必要なデータの解像度
    (例:オフセット印刷なら350dpi、インクジェットプリンターなら300dpiくらい、など)
  • スキャニングする原稿の寸法
    (例:横127mmのプリント写真をスキャニングするなら、スキャニングする原稿の寸法は横127mm)

最終出力に必要な画像データの解像度はどのくらいか

 最終出力時に必要な画像データの解像度の一例を以下のあげてみます。

インクジェットプリンター用の写真 300dpiくらい

 インクジェットプリンターで印刷する写真等の場合、300dpiあれば足ります。

 写真によっては300dpiより少し低くても品質に違いがないくらいです。

店でプリントする写真 300dpiくらい

 スキャンした写真を店でプリントしたい場合、300dpiくらいで足ります。

オフセット印刷を行う写真 350dpiくらい

 コート紙にオフセット印刷を行う写真の場合、350dpiくらいで足ります。

 上質紙や新聞紙に印刷する場合は350dpiより低くても間に合いますが、ややこしいのでオフセット印刷をする写真は350dpiと思っておけば問題ないでしょう。

インクジェットプリンター用の線画 600〜1200dpiくらい

 イラストや文字などの線画をインクジェットプリンターで印刷する場合、モノクロ2階調の画像データは600〜1200dpiくらいで足ります。

 600dpiでも足りる場合が多いでしょう。
 600dpiでテスト印刷して、精細さに不満があるならもう少し上げてみるなど、試験してみるのもよいでしょう。

オフセット印刷を行う線画 1200dpiくらい

 オフセット印刷でイラストや文字などの線画を印刷する場合、モノクロ2階調の画像データは1200dpiくらいで足ります。

具体的なスキャン解像度の一例

 よくある原稿サイズについて、ちょうどよいスキャン解像度の例を以下にあげてみます。

 なお、解像度は少しくらい大きかったり小さかったりしても支障はありません。
 以下の表の数値はおよその数値です。その数値の前後の解像度でスキャンすれば問題ありません。

300dpiの画像データにする場合のスキャン解像度

出力・プリントしたいサイズ 「35mmフィルム」をスキャンする場合 「L判プリント」をスキャンする場合
L判 1060dpi 300dpi
2L判 1480dpi 450dpi
六切 2120dpi 700dpi
A4判 2480dpi 700dpi
四切 2540dpi 850dpi
A3判 3500dpi 1000dpi
半切 3600dpi 1200dpi

350dpiの画像データにする場合のスキャン解像度

出力・プリントしたいサイズ 「35mmフィルム」をスキャンする場合 「L判プリント」をスキャンする場合
L判 1230dpi 350dpi
2L判 1730dpi 500dpi
六切 2470dpi 800dpi
A4判 2890dpi 850dpi
四切 2970dpi 1000dpi
A3判 4080dpi 1200dpi
半切 4200dpi 1400dpi

線画をスキャニグしてモノクロ2階調の画像データを作る場合のスキャン解像度

出力・印刷したいサイズ 600dpiのデータを作りたい場合 1200dpiのデータを作りたい場合
原稿と同じサイズ 600dpi 1200dpi
原稿の半分のサイズ 300dpi 600dpi
原稿の2倍のサイズ 1200dpi 2400dpi
原稿の3倍のサイズ 1800dpi 3600dpi

 以上、スキャナーでフィルムやプリント写真をスキャンするときのスキャン解像度について、主な仕上がりサイズと原稿サイズについてご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-写真のスキャニング・データ化
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.