Photoshopの使い方

桜の花の写真のフォトレタッチの一例 PhotoshopとCamera Rawによる

投稿日:2017年5月8日 更新日:

 桜の花の写真を、現地で実際に見たときの記憶の色・明るさと同じような感じに仕上げるフォトレタッチの一例です。
 Adobe® Photoshop®と、PhotoshopのプラグインのCameraRawを使います。

カメラプロファイルが必要なら作っておく

 性能の良いカメラなら、カメラメーカーが用意しているカメラプロファイルなどを使えばある程度きれいに写真ができあがるかもしれません。

 メーカーが用意しているカメラプロファイルなどを使ってもきれいにならない場合は、X-Rite®のColor Checker Passportなどを現地で撮影するか、似たような季節・時間に撮影して、自分でカメラプロファイルを作っておきます。

現地でColorCheckerPassportを撮る

当ブログ参考記事

フォトレタッチの流れ

 フォトレタッチは色々な流れで行えますが、今回は以下のような流れで進めます。

  1. Rawで撮影する
  2. Camera Rawでカメラプロファイルを適用する
  3. Camera Rawで明るさ・コントラスト・色調補正をし、PSDで書き出す
  4. Photoshopで少し演出して完了

桜の花の写真を撮影して、フォトレタッチ

桜の花の写真を撮影する

 桜の花の写真をRawで撮影します。

撮影したままの写真

撮影したRawデータをPhotoshopのプラグインのCamera Rawで調整して現像

 撮影したRawデータを、PhotoshopのプラグインのCamera Rawで開きます。

カメラプロファイルを指定

自分で作ったカメラプロファイルなど、適切なカメラプロファイルを指定します。

適切なカメラプロファイルを指定

明るさ・コントラストの調整

 基本補正トーンカーブで明るさ、コントラストを調整します。

基本補正で明るさ・コントラストの調整

トーンカーブでコントラストなどの調整

 露光量で明るさを調整します。

 明るくしてコントラストが不自然に上がり過ぎれば、コントラストのスライダーでコントラスを下げます。

 明るすぎて白飛び気味になっているところは、ハイライトのスライダーで明るさを抑えます。

 トーンカーブでコントラストやレベルの補正をします。

 明瞭度で全体のコントラスト、明瞭度を調整します。

 彩度が低ければ調整します。

色調補正

 「明暗別色補正」で、「彩度」を5程度にしてみた上、「色相」のスライダーを動かして、写真をシャドウハイライトそれぞれで、色調補正します。

 この操作でかなり記憶に近い色に補正できます。

明暗別色補正の調整

 基本補正色温度色かぶり補正で全体の色調を補正します。

CameraRawからデータを書き出す

 CameraRawからPSDでデータを書き出します。

Camera Rawで調整済みの写真

Photoshopで色の微調整

花の色の微調整

 PhotoshopでPSDデータを開きます。

 実際は、桜の花がもう少しピンクっぽく見えていたので、花の色を調整します。

「特定色域の選択」で、レッド系を調整し、花の色を調整します。

「特定色域の選択」で花の色を微調整

花の色を微調整した状態

 「特定色域の選択」を全体に適用した結果、背景の木や地面の色も変化しましたが、実際の見た目もこのような感じだったので、全体に適用した状態でよしとします。

レベルなどの微調整

 Camera Rawで明るさ・コントラストは調整してはいるものの、よく見るとPhotoshopで微調整したい部分があるので、レベル補正などで微調整します。

 コントラストが低めで浅い感じがするので、レベル補正で少し調整します。

 シャドウ側が完全に空いてはいませんが、とても少ないピクセルしかないので、詰めます。
 シャドウを詰めると暗くなるので、中間調のポイントも調整して明るさが変わらないようにします。

レベル補正で微調整

 サイズ変更、シャープネス処理をして書き出せば、完成です。

 撮影の上手な人が撮影して演出した写真はもっと見栄えがしますが、とりあえず私が現地で見た桜とできるだけ同じ明るさ、同じ色で仕上げるとこのような状態になります。
 言わばこの写真は作品というわけではなく、自分が散歩中に撮った桜の花を、ただ記憶している姿にできるだけ似るように仕上げた写真、ということになります。

レタッチ済みの完成した写真

撮りっぱなしの元の写真

 以上、桜の花の写真を、現地で実際に見たときの記憶の色と同じような感じに仕上げるフォトレタッチの一例でした。

当ブログ参考記事

カメラプロファイル作成用のツール

X-rite エックスライト ColorChecker Passport Photo 2 (カラーチェッカー・パスポート・フォト 2)【国内正規代理店品】 MSCCPP-B

楽天市場 Amazon

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-Photoshopの使い方
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.