Photoshop Elementsの使い方

写真のサイズ・解像度の変更方法 Photoshop Elementsを使って

投稿日:2016年11月25日 更新日:

resolution_psele_eyecatch

 デジカメで撮影した写真のデータを、Adobe® Illustrator®などのレイアウトソフト上に配置して自分でレイアウトデータを作成する、というケースが増えています。

 このとき、デジカメで撮影したままの写真を配置すると、写真のデータが大きすぎて、無駄にサイズの大きいレイアウトデータになってしまいます。

 ここでは、レイアウトソフト上で使用するサイズに合わせて、写真のデータのサイズ・解像度を変更する方法をご説明します。

Adobe® Photoshop® Elementsでサイズ・解像度を変更する具体的な手順

 ここでは、デジカメで撮影した写真を、レイアウトソフト上に幅8cmで配置して使う場合を例にして説明します。

写真のデータを開く

操作 サイズ・解像度を変更したい写真のデータをPhotoshop Elementsで開きます。

resolution_psele04

写真のデータを開く

「画像解像度」でサイズと解像度を変更する

操作 [ イメージ > サイズ変更 > 画像解像度 ]と進み、「画像解像度」のダイアログを開きます。

resolution_psele05

「画像解像度」のダイアログ

「画像解像度」のダイアログに、現在の画像データのサイズがpixelで示されています。
この、幅2667高さ2000pixelというのがこの画像データのサイズです。

 下図のように寸法などを入力していきます。

resolution_psele02

「画像解像度」のダイアログ 設定の説明

操作(1)「縦横比を固定」にチェックを入れます。

操作 (2)「画像の再サンプル」にチェックを入れます。

操作 (3)バイキュービック法(滑らかなグラデーションに最適)を選びます。

操作 (4)単位を「mm」にし、幅か高さのどちらかについてレイアウトソフト上で使う寸法(ここでは幅80mm)を入力します。

操作 (5)「解像度」の欄で、単位に「pixel/inch」を選び、「350」を入力します。

説明解像度の数値について
解像度を350pixel/inchにしておけば、印刷会社にデータ入稿する場合にも十分足りますし、事務所や家庭のプリンターで印刷する場合にも問題ありません。

操作 OKをクリックします。

 この結果、画像データのサイズが幅80mm、解像度350dpiで使用するのに適したサイズに変更されました。

保存して閉じる

 JPG形式PSD形式などで保存して閉じます。

結果 変更前と変更後で画像データのpixel表記のサイズが変わった

 上記の説明の通り操作すると、画像データのpixel表記のサイズが変更されます。
 pixel表記のサイズは、解像度とは無関係で決まる画像データの絶対的なサイズです。

 画像データの絶対的なサイズが、レイアウトソフト上で必要なサイズになるよう変更した、ということです。

画像データのサイズを確認してみる

操作 上部のタブで「エキスパート」を選びます。

resolution_psele06

エキスパートを選ぶ

操作 [ ウィンドウ > 情報 ]と進み、情報パネルを表示します。

resolution_psele03

情報パネル

 情報パネルに画像データのpixel表記のサイズが表示されています。

単位がpixelでない場合

 pixel以外の単位になっている場合は、情報パネルの右上のマークをクリックしてメニューを表示させ、「パネルオプション」をクリックします。

resolution_psele07

パネルの右上のマークをクリック

 「情報パネルオプション」の画面が表示されますので、マウスカーソルの座標軸の欄で「pixel」を選択し、OKをクリックします。

resolution_psele08

座標軸に「pixel」を選択

 もともと幅2667高さ2000pixelあった画像データの寸法が、幅1102高さ827pixelに変わっています。

 解像度350dpiで幅80mmで使用したい場合、2667×2000pixelものサイズは必要がないため、小さく変更された、ということです。

 以上、Photoshop Elementsによる画像データのサイズ・解像度の変更の方法をご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所のフォトレタッチサービス

 ご自分でレタッチしきれない場合にご相談いただけますと幸いです。

Photohsop Elements の本



-Photoshop Elementsの使い方
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.