不要になった電子機器の正しい処理

自作パソコンの適正な廃棄、処分方法

投稿日:

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2008年 01月号 [雑誌]

 自作PCもいずれ壊れます。
 自作したパソコンを処分する場合、国内の信頼できるルートで再資源化などの処理がされるようにしなければなりません。

 ここでは自作PCの適正な廃棄・処分方法についてみてみます。

はじめに パソコンの廃棄まで責任を持ってこそ、仕事をした意味がある

 機器類の廃棄は写真等を扱う業務や創作活動の一部であり、非常に重要です。

 引き取りを依頼する先を間違えると、国際法に違反して海外へ輸出され、適切に再資源化もされないまま現地で甚大な環境汚染や健康被害を引き起こすということになる恐れがあります。
 そのような事態はすでに進行し、事態はかなり深刻で、もう待ったなしの状況です。

 そのような事態に私たちも加担し、一方の人々を酷い目に合わせながら写真やグラフィックを美しく仕上げたとしても、何の意味もなくなってしまいます。

パソコンは壊れるまで大切に使う

地球環境問題は深刻化の一途

 現在、地球環境問題が深刻化し、人間以外の生き物がとてつもないスピードで絶滅しており、人間も近いうちに滅亡する恐れが出ています。

 地球温暖化の関連では、地球全体の炭素排出量は京都議定書で排出量削減に関して国際的に合意した1997年以来、60%も増加しているということです。

 報道によれば、2019年に入って地球温暖化と人間が排出した温室効果ガスの関連を科学的に説明することも可能になってきたようです。

参考ウェブページ

私たちが使うものは、製造した土地で炭素を排出している

 中国をはじめとしたアジア諸国など、製造業の盛んな地域では大量の炭素が排出されています。
 そういった地域で製造された製品は日本をはじめとした世界中の国々で使用されます。

 実際に、私が仕事で使っているEPSONのプリンターはインドネシア製、ワコムのペンタブレットは中国製です。

 私たちの消費したものの製造過程で出る炭素は、私たちが住む町ではなく製造国で排出されています。

参考ウェブページ

 また、当然ながら、機器を廃棄したときにも輸送や廃棄処理で環境負荷がかかります。

 このような事情があるので、私たちは自分が使用している機器が製造・廃棄されるときにどれだけ環境負荷があるのかを意識する必要があるでしょう。

必要なものを買い、長く大切に使う

 使うエネルギーを再生可能エネルギーに転換したり、使ったものをリサイクルするに越したことはありません。
 しかし、世界の各方面から、それだけでは間に合わないという主張もなされています。

 「世界大都市気候先導グループ(C40)」のマーク・ワッツ氏は次のように述べています。

 「再生可能エネルギーや大量輸送の利用を増やすだけでは、状況を変えることはできません」
 「消費を減らす必要があるのです」

 また、エドモントン市長のドン・アイブソン氏は次のように述べています。

「不要なものを買わず、地産地消し、廃棄物を削減することが、消費に関する排出量を削減するのに役立ちます」
「排出量の削減に貢献したものを買うべきです。他の地域に排出量を押し付けるだけではいけません」

 パソコン等の機器を使うとき、よく検討して必要なものを買い、長く大切に使いましょう。
 たとえ再生可能エネルギーへの転換、リサイクルの推進をしたとしても、短期間で機器の買い替えを繰り返せば地球環境への負荷は高くなり、最終的には経済活動も停止し、私たちの暮らしが立ち行かなくなり、生存できなくなってしまいます。

 環境問題の解決に向けて行動するのは、他人や他の種に迷惑をかけないためであると同時に、自分が生き続けるためでもあるのです。

参考書籍

 以下の本に、なぜパソコンを大切に使わずに速いスピードでパソコンを作って消費して廃棄することを繰り返すと人類が滅亡してしまうのか、秩序立てた分かりやすい説明が載っています。

パソコンの廃棄は、資源有効利用促進法に基づいて進める

 パソコンは、資源有効利用促進法の回収対象機器になっています。
 よって、パソコンを廃棄する場合は資源有効利用促進法に基づいて手続きをします。

 資源有効利用促進法に基づいたパソコンの回収については、製造メーカーなどで作られている一般社団法人パソコン3R推進協会のウェブサイトでわかりやすく案内されています。

参考ウェブサイト

家庭用と事業用では手続き方法が異なるので注意

 資源有効利用促進法では家庭用のパソコン、事業用のパソコンとも対象になっています。

 ただし、回収の申し込みなどの仕組みが家庭用と事業用では異なります。

 パソコン3R推進協会のウェブサイトに事業用パソコンの処分について説明があるので、説明に従って手続きを進めましょう。

 以下では家庭用に使用した自作パソコンの回収手続きの例を掲載します。

【重要!】自作PCも法に従って回収に出す

 パソコンは法律でリサイクルが義務付けられています。

 自作したパソコンは、メーカー製のパソコンと違いPCリサイクルマークなども貼られていないでしょう。
 そのため、法律に基づくパソコンの回収には出せないと思うかもしれません。

 自作パソコンも法律に基づいて回収に出す必要があります。

 以下のようなPCリサイクルマークのないパソコンも回収に出せます。

  • 自作パソコン
  • 古いパソコン
  • 製造メーカーがよく分からないパソコン
  • 製造メーカーがすでに倒産したパソコン
  • など。

方法1 リネットジャパンに回収申し込みしてみる

 「リネットジャパン」のサイトでは、PCリサイクルマークのないパソコンも無料回収の対象です、と説明されていました。
 そこで、リネットジャパンに回収申し込みしてみると良いでしょう。

 国の認定業者で、法律に則って適正に処分してもらえます。

リネットジャパンのパソコン回収

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

方法2 「パソコン3R推進協会」に回収を申し込む

 PCリサイクルマークが貼られていないパソコンは、「パソコン3R推進協会」が有料で回収を行っています。

 そこで、「パソコン3R推進協会」に回収を申し込むのも良いでしょう。

パソコン3R推進協会のサイト

方法3 小型家電リサイクル法による回収に出せる場合もある

 小型家電リサイクル法に基づく回収でパソコンも回収してもらえる場合もあります。

 自分が住んでいる自治体のウェブサイトで、小型家電リサイクル法に基づく回収の説明ページへ行き、パソコンの回収について調べましょう。

 例として、札幌市の場合は、家庭のパソコンを小型家電の回収に出せるようになっています。
 例えば、札幌市の小型家電の回収拠点になっている(株)マテックの「じゅんかんコンビニ24」に持っていけば回収してもらえます。

札幌市の小型家電回収のページ

 以上、自作パソコンの適正な廃棄、処分方法について確認してみました。



当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

雑誌

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2008年 01月号

環境問題の本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-不要になった電子機器の正しい処理
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.