カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

EIZO「Quick Color Mach」 プリンタープロファイル作成と何が違うのか

      2018/11/19

 パソコンのディスプレイとプリンター出力の色を合わせたくて苦労されている方の中には、EIZO®の「Quick Color Mach」が気になっている方も多いのではないでしょうか。

 EIZOの「Quick Color Mach」はパソコンのディスプレイ表示とプリンター出力の色を合わせるのに便利なものだということで、「プリンター用プロファイル作成」とは違うのだろうか、同じなのだろうか、と疑問に思っている方もいるかもしれません。

 ここではEIZO®の「Quick Color Mach」と、「プリンター用プロファイル作成」の違いを見てみます。




「Quick Color Mach」はアプリケーションやドライバの設定を自動でしてくれるもの。プロファイル作成をするソフトではない

 「Quick Color Mach」はプリンター用カラープロファイルを作成するソフトではありません。
 アプリケーションソフトのカラー設定や、プリンター出力時のプロファイル関連の設定などを自動で行ってくれる仕組みです。

EIZO®のウェブサイト内のQuick Color Matchのページ

プリンター用プロファイル・用紙はプリンターメーカー純正のものを使用する

 設定を自動で行ってくれるだけなので、プロファイルなどは既存のものを使います。

 「Quick Color Mach」では、使用する用紙とプリンター用カラープロファイルはメーカー純正のものを使う必要があります。
 また、メーカー純正紙の中でも使用可能なものは限られていて、「Quick Color Mach」の設定画面の選択肢にあるものだけ使用可能です。

Quick Color Mach対応のモニターの例

その他の販売店 EIZOダイレクト

その他の販売店 amazon

その他の販売店 EIZOダイレクト

その他の販売店 amazon

Quick Color Mach対応のプリンターの例

Qucik Color Match対応の用紙の例

「プリンター用カラープロファイル作成」はプロファイルを作る。出力関連の設定は自力で行う

 「プリンター用カラープロファイル作成」のサービスなどは、自分で自由に選んだプリンターと用紙(純正紙に限らない)の組み合わせによるプリンター出力を正確に行うためのプリンター用カラープロファイルを作るものです。

 プロファイルを作るだけなので、それを使ってパソコンからプリンター出力をする場合、アプリケーションソフトのカラー設定やプリンタードライバの設定などは自分で行う必要があります。

それぞれのメリットなど

EIZO®「Quick Color Mach」

 EIZO®の「Quick Color Mach」を使うと、詳しくなくても理屈に沿ってプリンター出力ができるので楽です。

 一方、選べるプリンターと用紙の組み合わせが指定されていて限られいます。

 また、既存のプリンター用プロファイルを使うので、プリンター出力の経時変化や個々のプリンターごとの差には対応できません。

 ただ、趣味で写真を出力するだけならそこまで高い精度でカラーマネジメントをする必要がないので、問題ないと思います。

プリンター用カラープロファイル作成

 プリンター用カラープロファイル作成を行えば、プリンター出力の経時変化や個々のプリンターごとの色の差を補正して、全国どこでもいつでも同じ色で出力できます。

 一方、出力に関する各種の設定を自分で行うので、カラーマネジメントに慣れていないとややこしく、設定を間違える可能性はあります。

 以上、「Quick Color Mach」とプリンター用カラープロファイル作成の違いを見てみました。

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントモニター販売店

カラーマネジメントの本

 - カラーマネジメントの実践 , , , ,