カラーマネジメントでよくある疑問

EIZO「Quick Color Mach」 プリンタープロファイル作成と何が違うのか

投稿日:2016年8月24日 更新日:

 パソコンのディスプレイとプリンター出力の色を合わせたくて苦労されている方の中には、EIZO®の「Quick Color Mach」が気になっている方も多いのではないでしょうか。

 EIZOの「Quick Color Mach」はパソコンのディスプレイ表示とプリンター出力の色を合わせるのに便利なものだということで、「プリンター用プロファイル作成」とは違うのだろうか、同じなのだろうか、と疑問に思っている方もいるかもしれません。

 ここではEIZO®の「Quick Color Mach」と、「プリンター用プロファイル作成」の違いを見てみます。

「Quick Color Mach」はアプリケーションやドライバの設定を自動でしてくれるもの。プロファイル作成をするソフトではない

 「Quick Color Mach」はプリンタープロファイルを作成するソフトではありません。
 アプリケーションソフトのカラー設定や、プリンター出力時のプロファイル関連の設定などを自動で行ってくれる仕組みです。

メーカーのQuick Color Matchのページ

用紙はQCM対応のものを使用する

 設定を自動で行ってくれるだけなので、プリンタープロファイルなどは既存のものを使います。

 「Quick Color Mach」で印刷する場合、「Quick Color Mach」に対応している用紙を使う必要があります。

 「Quick Color Mach」に対応している用紙は、「Quick Color Mach」の公式ページのスペック表に掲載されています。
 公式ページの表によれば、メーカー純正紙の他、有名用紙ブランドの用紙や和紙メーカーの和紙なども対応しています。

Qucik Color Match対応の用紙の例


楽天市場 Amazon


楽天市場 Amazon

「Quick Color Mach」対応のモニターを使う

 「Quick Color Mach」を使うためには、「Quick Color Mach」に対応したモニターを使う必要があります。

Quick Color Mach対応のモニターの例

EIZOダイレクト ColorEdge CS230-CN (ColorNavigator付属)
楽天市場 CS230-CN
Amazon CS230-CN

EIZOダイレクト ColorEdge CS2420(Quick Color Match付属)
楽天市場 EIZO ColorEdge CS2420-BK
Amazon EIZO ColorEdge CS2420-BK


EIZOダイレクト ColorEdge CS2420-Z・EX3センサーセット
楽天市場 CS2420-Z
Amazon EIZO ColorEdge CS2420-ZBK

「Quick Color Mach」対応のプリンターを使う

 「Quick Color Mach」を使うには、「Quick Color Mach」に対応したプリンターを使う必要があります。

 対応プリンターは「Quick Color Mach」の公式ページのスペック表などで案内されています。

Quick Color Mach対応のプリンターの例


楽天市場 Amazon

「プリンター用カラープロファイル作成」はプロファイルを作る。出力関連の設定は自力で行う

 「プリンター用カラープロファイル作成」は、自分で自由に選んだプリンターと用紙(純正紙に限らない)の組み合わせによるプリンター出力を正確に行うためのプリンター用のデバイスプロファイルを作るものです。

 プロファイルを作るだけなので、それを使ってパソコンからプリンター出力をする場合、アプリケーションソフトのカラー設定やプリンタードライバの設定などは自分で行う必要があります。

それぞれのメリットなど

EIZO®「Quick Color Mach」

 EIZO®の「Quick Color Mach」を使うと、詳しくなくても理屈に沿ってプリンター出力ができるので楽です。

 一方、選べるプリンターと用紙の組み合わせが指定されていて限られいます。

 また、既存のプリンター用プロファイルを使うので、プリンター出力の経時変化や個々のプリンターごとの差には対応できません。

 ただ、趣味で写真を出力するだけならそこまで高い精度でカラーマネジメントをする必要がないので、それほど問題ないでしょう。

プリンター用カラープロファイル作成

 プリンター用カラープロファイル作成を行えば、プリンター出力の経時変化や個々のプリンターごとの色の差を補正して、全国どこでもいつでも同じ色で出力できます。

 一方、出力に関する各種の設定を自分で行うので、カラーマネジメントに慣れていないとややこしく、設定を間違える可能性はあります。

 以上、「Quick Color Mach」とプリンター用カラープロファイル作成の違いを見てみました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントモニター販売店

ムック

カラーマネジメントの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.