Photoshop Elementsの使い方 デジカメ写真を自分で修正

Photoshop Elementsのカラー設定 初心者の方向けの無難な設定方法

投稿日:2016年11月26日 更新日:

 Adobe® Photoshop® Elementsを使って写真の明るさ・色補正などをしている方は多いのではないでしょうか。
 Photoshop® Elementsのカラー設定は、設定次第で知らないうちにおかしな色になってしまうこともあります。
 ここでは、Photoshop® Elementsのカラー設定の説明と、初心者の方にとって無難と思える設定をご紹介します。

Photoshop Elementsのカラー設定の方法

Photoshop Elementsのカラー設定は、以下の手順で行います。

操作 [ 編集 > カラー設定 ]と進み、カラー設定のダイアログを開きます。

psele_colorsetting01

カラー設定のダイアログ

操作 いずれかを選択してOKをクリックします。

初心者の方は「画像表示用に最適化」に設定するのが無難

 初心者の方は、カラー設定で「画像表示用に最適化」を選択するのがおすすめです。

 「画像表示用に最適化」にしておくと、以下のような処理がなされます。

カラープロファイル埋め込みの画像データを開いたとき

 カラープロファイル埋め込みの画像データを開いたときは、埋め込みカラープロファイルを使用して画像データが開かれます。

 その結果、画像データは本来の色のまま開かれることになります。

 例えば、JPGで保存する設定でデジカメで写真を撮影します。
 デジカメで撮影した写真のJPG画像は、たいていの場合カメラが何らかのカラープロファイルを埋め込んでくれます。
 カラープロファイルが埋め込まれないとどのような色か分からないデータになってしまうからです。

 この写真のJPG画像をPhotoshop Elementsで開くと、カメラが埋め込んでくれたカラープロファイルを使用してカメラが保存した通りの色で画像が開かれます。

カラープロファイルが埋め込まれていない画像データを開いたとき

 カラープロファイルが埋め込まれていない画像データを開いたときは、sRGBというカラープロファイルを使用して画像データが開かれます。

 例えば、ネット上の画像データをダウンロードしたとします。
 ネット上にはカラープロファイルが埋め込まれていない画像データもたくさん存在します。
 この画像データを開くとき、カラープロファイルが埋め込まれていなければsRGBを使用して画像データが開かれます。

 ネット上などに存在するカラープロファイルが埋め込まれていな画像データは、ほとんどの場合sRGBカラースペースで作成された画像データです。
 そのため、sRGBを使用して画像データを開くとある程度まともな色で開けることが多いです。

画像データを保存したとき

 Photoshop Elementsで画像データを保存するときは、その時点で適用されているカラープロファイルが画像データに埋め込まれます。

 デジカメで撮影したJPG画像を開いて作業していたなら、カメラが埋め込んだカラープロファイルがそのまま埋め込まれます。

 ネットなどからダウンロードしたカラープロファイルが埋め込まれていない画像データを開いて作業していたなら、開いたときに適用されたsRGBが画像データに埋め込まれます。

「画像表示用に最適化」以外を選択するとどうなるか

「カラーマネジメントなし(埋め込みプロファイルを破棄)」を選んだ場合

 「カラーマネジメントなし(埋め込みプロファイルを破棄)」を選んだ場合は、画像データを開いたときに埋め込みプロファイルが破棄されてしまいます。

 こういう操作をカラープロファイルの扱いになれていない方が行った場合、色がおかしくなって収拾がつかなくなります。

「プリント出力用に最適化」を選んだ場合

 「プリント出力用に最適化」を選んだ場合は、カラープロファイルが埋め込まれている画像データを開くときは「画面表示用に最適化」を選んだときと同じ処理になります。

 一方、カラープロファイルが埋め込まれていない画像データを開いたときは、sRGBでなくAdobeRGBというカラープロファイルが適用されます。

 もともとカラープロファイルが埋め込まれていない画像データで、AdobeRGBカラースペースで作成された画像データはたまにしかありません。
 また、AdobeRGBが適用された状態で写真をきれいに調整しても、そのデータを店でプリントするとたいていくすんだおかしな色に仕上がります。

 カラープロファイルの扱いに慣れていない方がAdobeRGB埋め込みの画像を扱うと、逆に思った通りの色にならない事態になります。

「プロファイル選択画面を表示」を選んだ場合

 「プロファイル選択画面を表示」を選んだ場合は、カラープロファイルが埋め込まれた画像データを開くときは「画面表示用に最適化」を選んだときと同じ処理になります。

 一方、カラープロファイルが埋め込まれていない画像データを開いたときは、sRGBAdobeRGBのどちらを適用するかを選択する画面が表示されます。

 ここで適切なカラープロファイルを選択できれば問題はありません。
 しかし、カラープロファイルの扱いに慣れていない方の場合、カラープロファイルを選択して下さいと言われてどう選べば良いか分からないと思います。

 作成されたカラースペースが不明な画像データにどのカラープロファイルを適用するかを選択する作業は、ディスプレイがキャリブレーションされている必要も出てきます。

 よって、この設定も初心者の方にはお勧めではありません。

画面表示用、プリント出力用、という設定名について

作業用カラースペースsRGBの設定が「画面表示用」、作業用カラースペースAdobeRGBの設定が「プリント出力用」という名前になっている

 自宅のプリンターで印刷したり、店にプリントに出したりしたいから、「プリント出力用に最適化」を選ぶべきではないか、と思われる方もいるかもしれません。

 おそらく、sRGBは一般的なモニターの色域なので「画面表示用に最適化」という設定名になっており、印刷などに使用する場合AdobeRGBデータを使うので「プリント出力用に最適化」という設定名になっていると思われます。

実際は、家庭で使うなら画面表示もプリンターでの印刷もsRGBで行うのが一般的で、かつうまくいく

 店にプリントに出す場合、AdobeRGBだとたいてい色がくすんで変になってしまいます。
 コンパクトデジカメでカメラお任せの設定で撮影した場合、ほとんどの場合sRGB埋め込みになるため、写真プリントの店でははじめからsRGBのデータが持ち込まれる前提の体制になっているためだと思われます。

 家のインクジェットプリンターで印刷するときも、sRGBの方がうまくいきます。
 sRGBは現在のところ最も広く使われている標準色空間で、家庭用のインクジェットプリンターなどは、画像データに詳しくない人でもsRGBでデータを扱っていればきちんときれいに印刷されるように作られています。

 よって、自宅のプリンター、店のプリント、どちらでプリントするにも「画面表示用に最適化」に設定しておいて問題はありません。

 カラーマネジメントに少し詳しくなったときに、「プリント出力用に最適化」を選んでみると良いと思います。

 以上、Photoshop® Elementsのカラー設定の説明と、初心者の方にとって無難と思える設定をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所のフォトレタッチサービス

 ご自分でレタッチしきれない場合はご依頼いただけますと幸いです。

写真編集ソフト

Photohsop Elements の本



-Photoshop Elementsの使い方, デジカメ写真を自分で修正
-, , , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.