Photoshopの使い方

高彩度の写真をPhotoshop®でCMYK変換 階調を生かす少し高度な方法

投稿日:2016年12月6日 更新日:

cmyk_eyecatch

 彩度の高い部分のある写真をCMYK変換すると、高彩度の部分の階調が失われたりします。
 ここでは元のRGB画像の明るさの雰囲気も変えず、かつ彩度の高い部分の階調も生かすためのAdobe® Photoshop®の小技をご紹介します。

CMYKに変換した結果、彩度の高い部分の階調が失われることがある

 自然の風景を撮影した写真なら、それほど彩度の高い場所はないかもしれません。

 一方、人工のものを撮影した写真は、極めて彩度の高い場所もあります。
 例えば赤、青、緑などの原色の色をした商品が写っている写真などです。

 こういった極めて彩度の高いものが写っている写真のRGB画像データを、CMYKに変換すると、極めて彩度の高い部分の階調が失われてしまう場合があります。

 例えば極めて彩度の高いものが写っている写真のAdobeRGBの画像データを、Japan Color 2001 Coatedにマッチング方法「相対的な色域を維持」でプロファイル変換してみます。
 その結果、極めて彩度の高い部分の階調が失われてしまう場合があります。

 ところが、同じプロファイル変換でも、マッチング方法「知覚的」で変換を行うと、彩度が高い場所の階調が失われずに済む場合もあります。
 その代わり、全体の明るさの雰囲気は変わってしまいがちです。

階調も明るさも維持してRGBからCMYKにプロファイル変換する方法の例

 マッチング方法「相対的色域を維持」「知覚的」それぞれのプロファイル変換結果の良いところを合成すると、階調も明るさもできるだけ維持したままRGBからCMYKにプロファイル変換できます。

手順1 マッチング方法を知覚的、相対的色域の維持、の2パターンでそれぞれCMYKにプロファイル変換

 同じ写真を、マッチング方法に知覚的相対的な色域の維持、をそれぞれ選んでCMYKプロファイルに変換し、CMYK画像を二つ作ります。

 知覚的でプロファイル変換した画像は、彩度の高い部分もある程度階調が生かされています。その代わり全体の明るさの雰囲気が少し変化します。

 相対的色域の維持でプロファイル変換した画像は、全体の明るさの雰囲気はうまく保たれますが、その代り彩度の高い部分の階調が失われ気味になります。

手順2 マスクワークで二つの画像を合成する

 二種類のマッチング方法でそれぞれプロファイル変換した二つの画像は、見た目は若干違っても同じカラースペースにおける画像データなので、そのまま合成できます。

 相対的色域の維持でプロファイル変換した画像に、知覚的でプロファイル変換した画像をレイヤーで乗せて、レイヤーマスクを使用して階調の失われた部分のみ知覚的で変換した画像に置き換えます。

 画像統合すれば、全体の明るさの雰囲気は変わらず、かつ彩度の高い部分の階調もうまく維持されたCMYK画像が完成します。

 以上、元のRGB画像の明るさの雰囲気も変えず、かつ彩度の高い部分の階調も生かすためのPhotoshopの小技をご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

-Photoshopの使い方
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2020 All Rights Reserved.