カラーマネジメント対応ソフトの操作

プロファイルを使って印刷したい 「Photoshopプリント設定」の説明

投稿日:2016年9月29日 更新日:

 Adobe® Photoshop®を使用して、カラーマネジメントを利用してプリントするとき、「Photoshopプリント設定」のカラーマネジメント欄の設定方法が分かりにくくてお困りの方が多いのではないでしょうか。

 ここでは、「Photoshopプリント設定」のカラーマネジメント欄の設定方法を簡単にご紹介します。

「Photoshopによるカラー管理」を選択

操作カラー処理:Photoshopによるカラー管理」を選びます。

 カラーマネジメントを利用してプリンターで印刷する場合、Photoshopで色を変換した後、プリンターにデータを渡します。
 よって、プリンタードライバーで色を変えられると逆に困ります。

 そのため、カラーマネジメントを利用してプリンター出力する場合、カラー処理には「プリンターによるカラー管理」ではなく「Photoshopによるカラー管理」を選びます。

psprint

「Photoshopプリント設定」画面

「ドキュメントプロファイル」は現在開いている画像データのカラープロファイル

説明 「ドキュメントプロファイル」は現在開いている画像データのカラープロファイルです。
 出力設定に直接関係はありません。

「プリンタープロファイル」はプリンターの出力特性を示す出力プロファイルを指定する欄

 「プリンタープロファイル」の欄は、プリンターの出力特性を示した出力プロファイルを指定する欄です。

具体例1 プリンターメーカーが配布しているプリンタープロファイルを指定する

 もしプリンターメーカー純正紙を使ってプリンター出力する場合は、プリンターメーカーがそのプリンター+用紙に対応したプリンタープロファイルを配布していることが多いです。

操作 よって、「プリンタープロファイル」欄にはメーカー配布のプリンタープロファイルを指定します。

具体例2 自分で作ったプリンタープロファイルを指定する

操作 X-rite®「ColorMunki Photo」などのプリンタープロファイル作成ツールを使用して自分でプリンタープロファイルを作成した場合、「プリンタープロファイル」欄でその自作プロファイルを指定します。

「ドキュメントプロファイル」と「プリンタープロファイル」はそれぞれ独立のもの

 「ドキュメントプロファイル」と「プリンタープロファイル」はそれぞれ独立のもので、関係していません。

 プリンターと用紙を決めたら、まず「プリンタープロファイル」はそのプリンターと用紙に対応するプロファイルに確定します。

 「ドキュメントプロファイル」は現在開いている画像データのプロファイルなので、sRGBのデータを開いていればsRGBが、AdobeRGBのデータを開いていればAdobeRGBが、Japan Color 2011 Coatedのデータを開いていればJapan Color 2011 Coatedが表示されるだけです。

 どういうプロファイルの画像からプリントする場合でも、「プリンタープロファイル」はプリンター用紙の種類によって確定させたもので決まりです。
 ドキュメントプロファイル」が変わることによって「プリンタープロファイル」を変更する、という必要はありません。

 以上、「Photoshopプリント設定」のカラーマネジメント欄の設定方法を簡単にご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ内の参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

プリンタープロファイル作成ツール

楽天市場 Amazon

ムック

カラーマネジメントの本

写真の本


楽天ブックス Amazon

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.