Photoshop Elementsの使い方 デジカメ写真を自分で修正

Photoshop Elementsのトーンカーブの使い方の一例

投稿日:2018年10月22日 更新日:

 フォトレタッチなどの画像編集作業ではトーンカーブというものをよく使います。

 Adobe® Photoshop® Elementsには通常のトーンカーブはありませんが、簡易的なトーンカーブの機能があります。

 ここではPhotoshop Elementsの簡易的なトーンカーブの使い方の一例をご紹介します。
 なお、この記事で使用しているソフトはPhotoshop Elements14です。

Photoshop Elementsにはカラーカーブという機能がある

通常のトーンカーブはカーブを自由自在に動かす

 画像処理で使用するトーンカーブは、カーブの形を自由自在に動かして画像の見た目を変化させます。

 RGBなど各チャンネルごとに異なる変化をさせたりもします。

 トーンカーブでカーブを自由自在に動かして画像編集を行う作業は、慣れていないと困難です。

Photoshop Elementsにはトーンカーブと似た「カラーカーブ」という機能がある

 Photoshop Elementsには、カーブの形を少し変えられる簡易的なトーンカーブの機能である「カラーカーブ」という機能があります。

カラーカーブの画面

 この機能は、カーブの形を自由自在に変えることはできません。
 しかし、少しは変えられます。

 カーブを自由自在には変えられず、プリセット+αくらいの範囲でだけ変えられるようになっているため、画像編集に慣れていない人でも使えます。

カラーカーブの具体的な使い方の例

基本的な使い方の手順

操作 Photoshop Elementsで画像を開きます。

操作 「クイック」か「エキスパート」を選びます。

クイックかエキスパートを選ぶ

操作 メニューから[画質調整>カラー>カラーカーブ]と進みます。

操作スタイルを選択」の欄から希望するプリセットを選びます。
 すると、画像に、選んだプリセットのトーンカーブがかけられます。

「スタイルを選択」からトーンカーブのプリセットを選ぶ

操作 「スライダーを調整」の欄で各スライダーを動かします。
 すると、プリセットのトーンカーブに変化を加えることができ、処理の強さなどが加減できます。

「スライダーを調整」の欄のスライダーでカーブの形を調整

操作 OKをクリックして完了します。

コントラストを上げたい時

 コントラストを上げたい時は以下のようにします。

 スタイルを選択で「コントラストを上げる」を選択します。
 スライダーを調整して加減します。

画像の明るい部分が明るすぎるとき

 写真などの画像の明るい部分が明るすぎるときは、以下のようにします。

 「スタイルを選択」で「ハイライトを暗く」を選択します。

 「スライダーを調整」の「ハイライト補正」のスライダーを動かして、明るい部分の明るさを抑える度合いを調整します。

 通常のトーンカーブで言えば、ハイライト側を少し下げて、中間からシャドウ側は動かないようにおさえる、というような操作です。

画像の暗い部分が暗すぎるとき

 写真などの画像の暗い部分が暗すぎるときは、以下のようにします。

 「スタイルを選択」で「シャドウを明るく」を選択します。

 「スライダーを調整」の「シャドウ補正」のスライダーを動かして、暗い部分を明るくする度合いを調整します。

 通常のトーンカーブで言えば、シャドウ側を少し上げて、中間からハイライト側は動かないようにおさえる、というような操作です。

「スタイルを選択」の「逆光を補正」の使い方、意味

 「スタイルを選択」に「逆光を補正」というプリセットがあります。

 「逆光を補正」を選択すると、写真などの画像の明るい部分は暗めに、暗い部分は明るめに調整されます。
 単純にいうと、コントラストを下げる操作です。

 逆光の写真の場合、本来明るく写したい場所は暗くなっているので、暗い部分は明るめに調整します。
 また、逆光の写真の場合、明るい部分が明るすぎる状態になりがちなので、明るい部分は暗めに調整します。

 ただし、逆光の写真を修正するのは難易度が高いので、この操作だけできれいに修正できるケースは少ないかもしれません。

「中間調を強く」の使い方の例

 「スタイルを選択」の「中間調を強く」を選択すると、写真などの画像全体が明るくなります。

 さらに、「スライダーを調整」の「ハイライト補正」「シャドウ補正」のスライダーを調整することで、コントラストの強さを微調整できます。

 以上、Photoshop Elementsの簡易的なトーンカーブの使い方の一例をご紹介しました。

当ブログ参考記事

Photohsop Elements

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

フォトレタッチの本

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

-Photoshop Elementsの使い方, デジカメ写真を自分で修正
-

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2020 All Rights Reserved.