Photoshopの使い方

Photoshopによる高度な明るさ調整の方法 CameraRawフィルタを一部に適用

2017年4月19日

 フォトレタッチを行うとき、明るさ・コントラストの調整は Adobe® Photoshop®だけで行うのが困難で、CameraRawを使いたい場合がよくあります。
 さらに、複雑な調整を行うなら範囲選択をして部分的な処理を行う必要も出てきます。

 ここでは、Photoshopから直接、かつ部分的に、PhotoshopのプラグインのCameraRawによる処理を行う方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

CameraRawは高度な処理がしやすいが、部分的な処理がしにくい

CameraRawは高度な明るさ・コントラスト調整がしやすい

 PhotoshopのプラグインのCameraRawを使うと、明るさやコントラストに関してPhotoshopでは困難な処理も行えます。

 そのため、明るさやコントラストをかなり大幅に変化させる必要がある写真の場合は、はじめにCameraRawで明るさ、コントラストなどの処理を行った後、PSD書き出しをしたりします。

CameraRawは部分的な処理はできるが、やりにくい

 例えば激しい逆光の写真の影の部分をきれいに見えるようにするなど、写真に複雑な処理を行う必要がある場合は、範囲選択をして部分的な処理を何種類も行う必要があります。

 CameraRawも、写真の一部分を選んで効果をきかせる機能はあります。
 しかし、Photoshopのように細かく複雑な範囲選択はできません。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

Photoshop上で範囲選択しCameraRawによる処理を行うと便利

 Photoshopで「Camera Raw フィルター」を使うことで、CameraRawの機能と、Photoshopの範囲選択の機能を組み合わせて高度な処理ができます。

範囲選択して「Camera Raw フィルター」を適用する手順

操作 画像データを開きます。

操作 レイヤーを複製します。

操作 複製したレイヤーをスマートオブジェクトに変換します。

操作 CameraRawフィルタをかけます。

操作 CameraRawフィルタで、効果をきかせたい場所がちょうど良い状態になるように調整し、CameraRawフィルタの処理を終了します。

操作 スマートオブジェクトのレイヤーの、スマートフィルターマスクサムネールを使ってマスク処理することで、CameraRawの効果が反映する場所を操作できます。

 これでCameraRawによる明るさやコントラストの処理を、自由自在に場所を選んでかけることができます。

 以上、Photoshopから直接、かつ部分的に、PhotoshopのプラグインのCameraRawによる処理を行う方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

写真編集ソフト


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-Photoshopの使い方
-,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜