カラーマネジメントでよくある疑問

プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できなケースの例

2017年5月26日

 ディスプレイは自分でキャリブレーションしてディスプレイプロファイルを作ったりします。
 一方、プリンターはプリンター付属のプリンタープロファイルを使うことがほとんどで、自作する機会が少ないです。

 ここでは、プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できないケースにはどのようなものがあるかご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

ディスプレイやプリンターは、専用のデバイスプロファイルを使ってカラーマネジメントする

 ディスプレイやプリンターをカラーマネジメントするためには、表示される色や印刷される色の特性を記録したデバイスプロファイルが必要です。

デバイスプロファイルは機器に付属している場合もある

 ディスプレイを購入すると、そのデバイスプロファイルであるディスプレイプロファイルが付属しているときもあります。

 プリンターを購入すると、そのデバイスプロファイルであるプリンタープロファイルが付属しています。
 ただし、プリンターメーカー専用紙に対応したプロファイルだけです。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できないケース

 プリンターメーカーからはたいてい、【自社プリンター】+【自社純正紙】の組み合わせに対するカラープロファイルが配布されています。
 プリンターメーカーの純正紙を使用し、そのプロファイルを使用して十分なカラーマッチングが実現できていればメーカー配布のプロファイルで対応できます。

 一方、以下のようなケースではプリンターメーカー提供のプリンタープロファイルでは対応できません。

プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使う場合

 プリンター付属のプリンタープロファイルは、プリンターメーカー純正紙を使用したときに対応したものしかありません。

 そのため、純正紙以外の用紙を使う場合、その用紙と似ている純正紙対応のプリンタープロファイルを使っても、正確にはカラーマネジメントできません。

同じ機種のプリンターでも、個体ごとの微妙な色の差を吸収したいとき

 二つの同じ機種のプリンターから印刷した色を比較すると、少しは色が違います。

 そのように、同じ製品であっても個体ごとに色が少しは違います。

 その色の差も吸収して正確にカラーマネジメントしたい場合は、プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できません。

 個体ごとの色の差も補正するためには、個々のプリンター専用にカラープロファイルを作成する必要があります。

 ディスプレイで言えば、ディスプレイ付属のカラープロファイルを使用するのではなく、ユーザー自ら定期的に自分のディスプレイをキャリブレーションしてディスプレイプロファイルを作り直すのと同じことです。

年月の経過によるプリンター出力結果の変化に対応したい場合

 同じプリンターでも、古くなってくるとだんだん出力結果の色が変化してきます。

 このような、時間の経過に伴うプリンター出力結果の特性の変化を補正して正確にカラーマネジメントしたい場合は、プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できません。

 定期的に自分で自分のプリンター用のプリンタープロファイルを作り直す必要があります。

 これも、ディスプレイで言えば、ディスプレイ付属のカラープロファイルを使用するのではなく、ユーザー自ら定期的に自分のディスプレイをキャリブレーションしてディスプレイプロファイルを作り直すのと同じことです。

カラーマネージメント技術は人のためにある

高い精度のカラーマッチングを求める場合はプリンタープロファイルの作成が必要

 以上のように、高い精度のカラーマッチングが必要な場合は、プリンタープロファイルを作成する必要があります。

 一方で、そこまで精度が高くなくても、ある程度作業に支障がない程度のカラーマッチングで足りる、という場合はプリンター付属のカラープロファイルでも間に合う場合もあります。

 以上、プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できないケースにはどのようなものがあるかご紹介しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜