カラーマネジメントの基本

プリンタープロファイルは、プリンタに1個でなく紙の種類毎に1個必要

投稿日:2017年5月26日 更新日:

 プリンタープロファイルは、ディスプレイプロファイルよりも役目の理解や設定の仕方がややこしいです。
 特に、プリンター出力結果は紙によっても変わるので、プリンタープロファイルと紙の関係もややこしいです。

 ここでは、プリンタープロファイルプリンター用紙の関係をご説明します。

プリンタープロファイルはプリンターの印刷結果の色を記録したもの

ディスプレイプロファイル、プリンタープロファイルなどは、デバイスプロファイル

 ディスプレイプロファイルやプリンタープロファイルなどは、デバイスプロファイルというものです。

 デバイスプロファイルは、その機器で表示・出力される色を記録したものです。

ディスプレイプロファイルはどういうものか

 例えば、下図のようなRGBのデータがあります。

RGBのデータ

 Aというディスプレイで、このRGBデータを表示すると、下図のような色に表示されたとします。

Aというディスプレイで表示した色

 AというディスプレイでRGBデータを表示するとこのような色に表示される、ということを記録したのがAというディスプレイのディスプレイプロファイルです。

プリンタープロファイルはどういうものか

 上記のRGBデータを、Mというプリンターで印刷すると、下図のような色に印刷されたとします。

Mというプリンターで印刷した色

 MというプリンターでRGBデータを印刷するとこのような色に印刷される、ということを記録したのがMというプリンターのプリンタープロファイルです。

使う用紙を変えると、プリンターの印刷結果の色は変わってしまう

 上記の説明のように、プリンタープロファイルプリンターの印刷結果の色を記録したものです。

 ところが、ディスプレイと違って、プリンターの場合は使う用紙を変えると印刷結果の色も変わってしまいます。
 そのため、プリンタープロファイルを1個作ったとしても対応できません。

Mというプリンターで、N社製の「光沢写真用紙」を使って印刷してみる

 例えば、下図のようなRGBのデータがあります。

RGBのデータ

 このデータを、Mというプリンターで、N社製の「光沢写真用紙」という製品名の用紙に印刷してみます。
 その結果、下図のような色に印刷されたとします。

Mというプリンターで「光沢写真用紙」に印刷した結果

 プリンターの印刷結果の色を記録したデータであるプリンタープロファイルを作るとしたら、この色を記録する必要があります。

Mというプリンターで、O社製「写真用紙厚口」を使って印刷してみる

 同じデータを、Mというプリンターで、O社製の「写真用紙厚口」という製品名の用紙に印刷してみます。
 その結果、下図のような色に印刷されたとします。

Mというプリンターで「写真用紙厚口」に印刷した結果

 プリンターの印刷結果の色を記録したデータであるプリンタープロファイルを作るとしたら、この色を記録する必要があります。

プリンター用のカラープロファイルは「プリンター + 用紙」の組み合わせに対して1個必要になる

 当然ながらプリンターの機種が変われば印刷結果の色は変わります。

 さらに、上記の説明のように、プリンターの機種が同じでも使う用紙が違うと印刷結果の色は異なります。

 よって、プリンタープロファイルは「プリンター + 用紙」の組み合わせに対して1個必要になります。

 プリンターが1種類でも、5種類の用紙を使って印刷する場合は、プリンタープロファイルを5種類作る必要があります。
 そして、使う用紙の種類によってプリンタープロファイルを変更して印刷します。

1種類のプリンターでも、いくつもプリンタープロファイルが付属している

 プリンターを購入してプリンタードライバーをインストールすると、プリンタープロファイルがいくつもインストールされます。

 これは、プリンターメーカーが用意している純正紙が何種類もあるので、その用紙の種類の数だけプリンタープロファイルがインストールされるためです。

プリンターメーカー純正紙以外を使う場合、別途プリンタープロファイルを用意する必要がある

 プリンターメーカーは、自社の純正紙を使った時の印刷結果の色を記録したプリンタープロファイルはあらかじめ用意してくれています。

 ところが、メーカー純正紙以外の用紙を使ったときの印刷結果の色を記録したプリンタープロファイルは用意してくれていません。

 そのため、メーカー純正紙以外の用紙を使って正確にプリンターで印刷するためには、プリンタープロファイルを自作などして用意する必要があります。

 以上、プリンタープロファイルとプリンター、用紙の関係をご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチのご相談をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントの基本
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.