モニターとプリンターの色の初歩 プリンター用紙

インクジェットプリンターの“用紙の種類”選択欄の設定方法

 インクジェットプリンターで印刷する時、プリンタードライバーの設定画面で用紙の種類を設定する必要があります。
 例えばEPSON®のプリンターなら「用紙種類」という名前の設定欄で用紙の種類を設定します。
 プリンターメーカー純正紙ならある程度判断できるかもしれませんが、メーカー純正紙以外の用紙に印刷したい時、何を選べば良いか迷うことも多いでしょう。

 ここではインクジェットプリンターの用紙の種類の設定欄で何を選択するべきか、判断方法をみてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

インクジェットプリンターの「用紙の種類」の設定で何が変わるか

「用紙の種類」の設定次第でインクの出方が変わる

 インクジェットプリンターのプリンタードライバーの設定画面にある用紙の種類の設定によって、インクの出方などが変わります。

 写真を印刷するとしたら、インクが少ないと濃さが足りず、はっきりした良い写真にならないでしょう。
 インクをある程度たくさん出せば、濃い色になるべき場所は十分に濃くなって、はっきりした良い印刷結果になるでしょう。

 しかし、例えばコピー用紙のような紙にインクをたくさん吹き付けると、インクがしみてべちゃべちゃになってしまい、まともな写真になりません。
 一方、写真向けの光沢紙のようにコーティングされているような用紙なら、ある程度インクをたくさん吹き付けてもべちゃべちゃにならず、良い仕上がりになります。

 そのように、用紙の性質によって最適なインクの量は変わります。

 上記のように思っておけば、私たちユーザーとしては問題ないでしょう。
 なお、インクジェットプリンターの仕組みはかなり複雑なので、プリンタードライバーの用紙設定がどのような意味を持つか、詳細で正確なことはメーカーの人に聞かなければ分かりません。

用紙の種類はたいてい自分で設定する

 たいていのインクジェットプリンターは、用紙をセットしただけで自動的に用紙の種類を判断するような機能はありません。

 そこで、コピー用紙を使うのか、光沢の写真用紙を使うのか、などを、プリンタードライバーの設定画面でユーザーが自分で設定し、プリンターに用紙の種類を教える必要があります。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

プリンタードライバーの“用紙の種類”の設定欄の設定方法

用紙の説明書に従って設定する

 たいていの場合、インクジェットプリンター用紙のパッケージか説明書にプリンターの設定についての説明があります。

 例えばEPSON®「写真用紙ライト<薄手光沢>」のパッケージには以下のような説明が書かれています。

用紙設定 ●写真用紙ライト<薄手光沢>に印刷するときはプリンタードライバーで次のように設定してください。
用紙種類:写真用紙ライト(写真用紙ライトがない場合はEPSON写真用紙)

 この説明に従って、EPSONのインクジェットプリンターのプリンタードライバーの設定画面で、「用紙種類」の設定欄に「写真用紙ライト」または「EPSON写真用紙」を選びます。

「用紙種類」の設定の例

用紙設定について明確に書かれていない場合 近いと思える用紙の種類に設定する

 用紙の説明書に、プリンタードライバーで設定するべき用紙の種類が明確に書かれていない場合もあるでしょう。

 例えば、自分が使っているプリンターのメーカーのドライバー設定については記載がなく、「その他:各社基準 最高級用紙」と書かれているような場合もあります。

 このような場合は、自分なりに当てはまると判断した用紙の種類に設定します。

 用紙の説明書に「各社基準 最高級用紙」と書かれているなら、自分のプリンターのプリンタードライバーの用紙の種類の設定欄で、いかにも最高級の用紙っぽいものを選びます。

用紙に説明書などはない場合 近いと思える用紙の種類に設定する

 用紙に説明書など付いておらず、パッケージにも印刷設定については何も説明されていない場合もあるでしょう。
 例えば普通のコピー用紙なら説明書など付いてないでしょう。

 このような場合は、自分なりに最も性質が似ていると思う用紙の種類に設定します。

 例えば、普通のコピー用紙の場合は、用紙の種類に「普通紙」などを選んでみます。

カラーマネージメント技術は人のためにある

印刷結果が良ければそれで良い

 用紙の種類は、最適なインクの量で印刷して、最も良い印刷結果を得るためにあります。

 よって、明確に説明がなく、自分なりの判断で無難そうな用紙の種類を選択した場合でも、印刷結果が希望通りの品質ならそれで問題ありません。

 仕事で高い精度のモニターとプリンターのカラーマッチングが必要というわけではなく、写真を無難な感じに印刷できれば良い、という場合は、ある程度無難だと思える設定を選んでおけば、モニター上の見た目と同じ色にはなりませんが、ある程度無難に印刷されます。

カラーマッチングを行う場合は細かく条件を決めてしまう必要がある

 モニターの表示とプリンターの印刷結果をできるだけ近づけたい、という場合は話が変わってきます。

 モニターとプリンターのカラーマッチングを実現するには、使う用紙、プリンタードライバーの設定内容、プリンタープロファイル、の3つくらいをセットにしてきっちり決めてしまう必要があります。

 以上、インクジェットプリンターの用紙の種類の設定欄で何を選択するべきか、判断方法の例をご紹介しました。


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

雑誌

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2008年 01月号

環境問題の本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-モニターとプリンターの色の初歩, プリンター用紙
-

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜