デジカメ写真を自分で修正

EPSON®プリンターお任せで写真印刷した結果 どのくらいきれいになるか

2017年6月5日

 EPSON®のプリンターで写真を印刷するとき、色はプリンター任せにできます。
 一方、プリンターによる自動色調整にも限界があります。

 ここでは、EPSONのプリンターで写真を印刷した結果の一例をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

元の写真

 以下の写真を印刷してみます。

元の写真

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

EPSONのE-Photoで印刷した結果

 EPSONのプリンターに付属していたソフト「E-Photo」から、プリンターが写真を調整してくれる「オートフォトファイン!EX」を利用して印刷してみます。

 印刷した結果は以下の通りです。

E-Photoから、オートフォトファイン!EXを使って印刷した結果

 暗い部分が明るめに調整されています。

 一方、もともとかなり青っぽく撮影されている写真ですが、色に調整が加えられているものの、良い色になったというわけではありません。

 ある程度無難に撮影された写真であれば、プリンターに色や明るさの調整を全て任せて印刷すればある程度無難な写真として印刷できると思われます。

 一方、かなり大幅に色を補正した方が良いような写真の場合は、プリンタードライバーの色補正機能が劇的に色に調整を加えてくれるとは限らないようです。

カラーマネージメント技術は人のためにある

自分でフォトレタッチしてから、E-Photoで印刷した結果

 同じ写真を自力でフォトレタッチした上、sRGBJPGで保存してからE-Photoで印刷してみます。

 結構青く写っている写真なので、カラーバランスを大幅に調整します。

 色管理については、E-Photoの画像補正の設定欄で、「自動補正:なし」に設定して印刷します。

 結果は以下の通りです。

自力でフォトレタッチした上で、E-Photoから自動補正なしで印刷した結果

 以上、EPSONのプリンターで写真を印刷した結果の一例をご紹介しました。

当ブログ参考記事

写真編集ソフト


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-デジカメ写真を自分で修正
-,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜