カラーマネジメントでよくある疑問

プリンターの色域が狭くても、AdobeRGBのデータには利点がある

投稿日:2017年5月15日 更新日:

 家庭のインクジェットプリンターはAdobeRGBをカバーしているものは少ないです。そのためAdobeRGBのデータを扱っても意味がないと感じるかもしれません。
 実際は、プリンターの色域が狭くてもAdobeRGBのデータを扱う意味はあります。

 ここでは、たとえプリンターの色域が狭くてもAdobeRGBのデータを扱うことには利点があることをご説明します。

AdobeRGBのデータの利点

利点1 色調補正・フォトレタッチがしやすい

 色調補正などで、大幅に色を補正したり、色の演出をしたい場合があります。

 そういうとき、sRGBのデータはなかなか大幅には色が変わりません。

 AdobeRGBは大幅に色を変えることができます。sRGBのデータを色調補正するよりAdobeRGBのデータを色調補正する方がとてもやりやすいです。

利点2 元のデータの色域が大きい方がプリンターの色域をたくさん使える可能性がある

 デバイスがAdobeRGBをカバーしているかどうかで、AdobeRGBのデータを扱う利点があるかないかが決まるわけではありません。

 AdobeRGBをカバーしていなくても、デバイスの色再現域がsRGBを少しでも超えるなら、AdobeRGBのデータを使った方が広い色域で出力できます。

 プリンターがAdobeRGBをカバーするほど色域が広くない場合でも、いくらかは色域がsRGBを超える部分がある可能性があります。

 そのため、AdobeRGBのデータからプリンター出力を行った方が、プリンターの色再現域をたくさん使える可能性が高いです。

カラーマネジメントに慣れていない場合はsRGBのデータを扱った方が無難

 理屈で言うと、AdobeRGBのデータを扱った方が利点がたくさんあります。
 そのため、仕事で写真のデータを扱う場合などは、AdobeRGBで扱うことが多いです。

 ところが、現在のところsRGBが一番代表的な標準色空間であり、ほとんどのデバイスがsRGBを前提に作られています。
 そのため、AdobeRGBのデータを扱うには、最低限のカラーマネジメントに関する知識と慣れなどが必要になります。

 もしカラーマネジメントに慣れておらず、また関連書籍を読む時間もない場合は、sRGBでデータを扱った方が無難です。

 以上、たとえプリンターの色域が狭くてもAdobeRGBのデータを扱うことには利点があることをご説明しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正

  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理

  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ

など

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.