カラーマネジメントでよくある疑問

プリンターの色域が狭くても、AdobeRGBのデータには利点がある

投稿日:2017年5月15日 更新日:

 家庭のインクジェットプリンターはAdobeRGBをカバーしているものは少ないです。そのためAdobeRGBのデータを扱っても意味がないと感じるかもしれません。
 実際は、プリンターの色域が狭くてもAdobeRGBのデータを扱う意味はあります。

 ここでは、たとえプリンターの色域が狭くてもAdobeRGBのデータを扱うことには利点があることをご説明します。

AdobeRGBのデータの利点

利点1 色調補正・フォトレタッチがしやすい

 色調補正などで、大幅に色を補正したり、色の演出をしたい場合があります。

 そういうとき、sRGBのデータはなかなか大幅には色が変わりません。

 AdobeRGBは大幅に色を変えることができます。sRGBのデータを色調補正するよりAdobeRGBのデータを色調補正する方がとてもやりやすいです。

利点2 元のデータの色域が大きい方がプリンターの色域をたくさん使える可能性がある

 デバイスがAdobeRGBをカバーしているかどうかで、AdobeRGBのデータを扱う利点があるかないかが決まるわけではありません。

 AdobeRGBをカバーしていなくても、デバイスの色再現域がsRGBを少しでも超えるなら、AdobeRGBのデータを使った方が広い色域で出力できます。

 プリンターがAdobeRGBをカバーするほど色域が広くない場合でも、いくらかは色域がsRGBを超える部分がある可能性があります。

 そのため、AdobeRGBのデータからプリンター出力を行った方が、プリンターの色再現域をたくさん使える可能性が高いです。

カラーマネジメントに慣れていない場合はsRGBのデータを扱った方が無難

 理屈で言うと、AdobeRGBのデータを扱った方が利点がたくさんあります。
 そのため、仕事で写真のデータを扱う場合などは、AdobeRGBで扱うことが多いです。

 ところが、現在のところsRGBが一番代表的な標準色空間であり、ほとんどのデバイスがsRGBを前提に作られています。
 そのため、AdobeRGBのデータを扱うには、最低限のカラーマネジメントに関する知識と慣れなどが必要になります。

 もしカラーマネジメントに慣れておらず、また関連書籍を読む時間もない場合は、sRGBでデータを扱った方が無難です。

 以上、たとえプリンターの色域が狭くてもAdobeRGBのデータを扱うことには利点があることをご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

ムック

カラーマネジメントの本



-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.