カラーマネジメント関連機器

プリンターのカラーマネジメントをするために必要なツール

投稿日:2016年7月14日 更新日:

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト i1Studio アイワンスタジオ KHG1701

 測色器と付属品一式がセットになったカラーマネジメントツールは、少しずつ内容が違う種類がたくさんあってまぎらわしく、どれを購入すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

 ここではプリンター出力をカラーマネジメントするために必要なツールをご紹介します。

※このページに掲載する内容はあくまで参考情報です。最終的にはメーカーのサイトや購入先にご確認ください。

インクジェットプリンターから、ある程度正確な色で出力したい場合

 普通のインクジェットプリンターはRGBプリンターですので、RGBプリンターのカラープロファイルが作成できるツールを使用します。

i1Studio

 テストチャートのパッチ数が少ないので少し簡易的のようですが、RGBプリンター、CMYKプリンターのプロファイルが作成できるi1Stuio(アイワン・スタジオ)とう製品があります。

楽天市場 Amazon

メーカーの製品紹介ページ

当ブログ参考記事

その他類似製品 Datacolor社 SpyderPrint

 SpyderPrintはRGBプリンターのプロファイルのみ作成できるようです。(普通のインクジェットプリンターはRGBプリンターです)

楽天市場 Amazon

メーカーの製品紹介ページ

当ブログ参考記事

レーザープリンターから、ある程度正確な色で出力したい場合

 一般的なレーザープリンターはCMYKプリンターですので、CMYKプリンターのカラープロファイルが作成できるツールを使用します。

i1Studio

 テストチャートのパッチ数が少ないので少し簡易的のようですが、RGBプリンター、CMYKプリンターのプロファイルが作成できるi1Stuio(アイワン・スタジオ)とう製品があります。

楽天市場 Amazon

メーカーの製品紹介ページ

当ブログ参考記事

実際は、レーザープリンターはプリンタープロファイルだけで色管理するのは難しい

 ただし、レーザープリンターはインクジェットプリンターと比べると不安定で色管理がとても難しいです。
 普通のプリンタープロファイルだけで色補正をしようとすると、短時間で何度もプロファイルを作り直さなければならなくなります。
 そのため、インクジェットプリンターと同じようにプリンタープロファイルを作ってレーザープリンターの色管理を行うのは大変です。

 そこで、業務で使ったりする場合は、通常はカラーマネジメント機能つきのプリンターを使い、プリンターに備わっているキャリブレーション機能を使って半日に一回などキャリブレーションを行なって色管理をします。

 プリンタープロファイルは通常通り作っておいて、プリンターのRIPなどに登録しておきます。
 それに加えて、半日や一日で色がずれてくる分をキャリブレーション機能で補正します。
 カラーマネジメント機能付の複合機などは、このようにニ段階で色補正をすることでプリンタープロファイルを頻繁につくり直さなくても済む仕組みになっています。

インクジェットプリンターから、高い精度で正確な色で出力したい場合

 一般的なインクジェットプリンターはRGBプリンターですので、RGBプリンターのカラープロファイルが作成できるツールを使用します。

i1Photo Pro 2(アイワン・フォトプロ 2)

 テストチャートのパッチも自由に変えられ、高い精度のRGBプリンターのプロファイルが作成できる、i1Photo Pro 2(アイワン・フォトプロ 2)を買うと良いでしょう。

楽天市場 Amazon

メーカーの商品紹介ページ

当ブログ参考記事

レーザープリンターから正確な色で出力したい場合、オフセット印刷のプロファイルを作成したい場合

 一般的なレーザープリンターはCMYKプリンターです。
 CMYKプリンターのカラープロファイルが作成できる機能があればレーザープリンターのカラープロファイルが作成できます。

 オフセット印刷はCMYKプリンターとみなせるので、CMYKプリンターのカラープロファイルが作成できる機能があればオフセット印刷のカラープロファイルが作成できます。

i1Publish Pro 2(アイワン・パブリッシュ・プロ2)

 テストチャートのパッチも自由に変えられ、高い精度のCMYKプリンターのプロファイルが作成できる、i1Publish Pro 2(アイワン・パブリッシュ・プロ2)という製品があります。

楽天市場 Amazon

レーザープリンターはプリンタープロファイルだけで色管理するのは難しい

 ただし、「レーザープリンターから、ある程度正確な色で出力したい場合」のところで書いた通り、レーザープリンターはインクジェットプリンターと比べると不安定で色管理がとても難しいです。

 そこで、業務で使ったりする場合は、通常はカラーマネジメント機能つきのプリンターを使い、プリンターに備わっているキャリブレーション機能を使って半日に一回などキャリブレーションを行なって色管理をします。

 プリンタープロファイルは通常通り作っておいて、プリンターのRIPなどに登録しておきます。
 それに加えて、半日や一日で色がずれてくる分をキャリブレーション機能で補正します。
 カラーマネジメント機能付の複合機などは、このようにニ段階で色補正をすることでプリンタープロファイルを頻繁につくり直さなくても済む仕組みになっています。

オフセット印刷のカラープロファイルはRIPなどに付属の機能を使っている場合も多い

 i1Photo Pro2でオフセット印刷のカラープロファイルは作れます。

 この他、印刷会社が使っているRIP(網点の版を作るソフト、装置)やその周辺の機能を使ってカラープロファイルを作る場合も多いです。

 オフセット印刷用のRIPは様々な機能を持っていることが多く、またオプションで色管理用の別ソフトがあったりします。
 そういった機能の中に、カラープロファイルを作る機能もあり、それを使ってプロファイルを作成している場合も多いと思われます。

 以上、プリンターのカラーマネジメントに必要なツールをご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントツール販売店

カラーマネジメントの本

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント関連機器
-, , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.