プリンターのカラーマネジメントをするために必要なツール

X-Rite エックスライト i1Studio Color Management and Calibrator モニター&プリンター EOSTUDIO

 測色器と付属品一式がセットになったカラーマネジメントツールは、少しずつ内容が違う種類がたくさんあってまぎらわしく、どれを購入すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

 ここではプリンター出力をカラーマネジメントするために必要なツールをご紹介します。

※このページに掲載する内容はあくまで参考情報です。最終的にはメーカーのサイトや購入先にご確認ください。

電子機器を買うときの参考情報

 電子機器の製造で使用される原料には、深刻な国際問題が関係しています。

 当然ながら、機器を使用する私たちユーザーもそれら国際問題の当事者の一人です。

 そのため、物を買う場合は社会的責任を果たしているメーカーや店の製品を選びましょう。

武装勢力や児童労働と関わりのある原料を使っていないかどうか

 報道によれば、電子機器の製造に必要な鉱物は武装勢力の資金源になっている鉱山で生産されたものもあるということです。

参考の動画

 また、原料の採掘作業において児童労働が行なわれていることも明らかになっています。

参考リンク

コンゴ民主共和国:スマートフォンの裏に児童労働 : アムネスティ日本 AMNESTY
アップル、サムソン、ソニーなど著名なエレクトロニクス企業は、児童労働など不当に採掘されたコバルトが自社の製品に使われていないかどうかを認識していない。アムネスティ・インターナショナルとアフリウォッチは1月19日、調査報告書の中で明らかにした。

参考書籍

人新世の「資本論」/斎藤幸平
icon
icon
icon

 「人新生の「資本論」」で先進国から他の貧困国へ環境汚染その他の被害が押し付けられ外部化されていることが説明されています。

楽天ブックス Amazon

 私たちとしては、そういった鉱山で生産された鉱物を使用していない製品を選ぶ必要があります。

 電子機器を購入する場合、紛争や児童労働などに関わりのない鉱物を使用しているかどうかなど、製造メーカーがきちんと管理された道筋で原料を調達しているかどうかを確認すると良いでしょう。

 メーカー企業のウェブサイト等で原料調達に関する取り組みについて記載があり、会社によっては報告書などが公開されています。
 自社製品に紛争鉱物を使っていないかどうか調べたと書かれていたり、調べたが調べきれなかったと書かれていたりします。

参考リンク

インクジェットプリンターから、ある程度正確な色で出力したい場合

 普通のインクジェットプリンターRGBプリンターですので、RGBプリンターのプリンタープロファイルが作成できるツールを使用します。

i1Studio アイワン・スタジオ(販売終了)

 テストチャートのパッチ数が少ないので少し簡易的ですが、RGBプリンターCMYKプリンターのプロファイルが作成できるi1Studio( アイワン・スタジオ)という製品があります。

 i1Studioはモニターキャリブレーションの機能なども含みます。

メーカーのページ

i1Studio(アイワン・スタジオ)
i1Studio(アイワン・スタジオ)

参考記事

【旧製品】i1 Studioとはプリンター・モニター・カメラ等の色管理ツール 初級者向き
 プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングを行うような場合、ディスプレイやプリンターのプロファイルを自分で作る必要が出てきます。  ディスプレイプロファイルについては、キャリブレ...

Calibrite ColorChecker Studio i1Studioの後継機

 X-Riteの写真・映像関連製品の販売がキャリブライト社に移行した結果、i1Studioは販売終了になりました。
 Calibrite社 ColorChecker Studioがi1Studioの後継機だと思われます。

カメラのキタムラ Amazon

メーカーのページ

https://calibrite.com/jp/product/colorchecker-studio/

参考記事

ColorChecker Studioはプリンター・モニター・カメラ等の色管理ツール 初級-上級者向き
 プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングを行うような場合、ディスプレイやプリンターのプロファイルを自分で作る必要が出てきます。  プリンターのカラープロファイルを作成するための...

Datacolor社 SpyderPrint

 SpyderPrintはRGBプリンターのプロファイルのみ作成できるようです。(普通のインクジェットプリンターはRGBプリンターです)

Datacolor SpyderPRINT プリントキャリブレーションツール S4SR100

楽天市場 Amazon

メーカーのページ

Datacolor Japan | SpyderPRINT

参考記事

Spyder PRINTとは 比較的低価格のプリンタープロファイル作成ツール
 モニターのカラーマネジメントは、ツールの種類も多く、比較的容易です。  一方プリンターのカラーマネジメントはツールも少なく、プリンター付属のプリンタープロファイルに頼ることが多いでしょう。  ここでは、自分でプリンタープロ...

Datacolor SpyderX Studio

 SpyderX Studioは、プリンタープロファイル作成ツールSpyderPrintとモニターキャリブレーションツールSpyderX Eliteなどがセットになった製品です。
 一般的なインクジェットプリンターのプロファイル作成の必要があり、かつモニターキャリブレーションツールをまだ持っていない場合はこちらの製品を選ぶのも良いでしょう。

楽天市場 Amazon

メーカーのページ

SpyderXstudio
Datacolor社の日本代理店イメージビジョン株式会社のSpyderX特設ページです。

レーザープリンターから、ある程度正確な色で出力したい場合

 一般的なレーザープリンターはCMYKプリンターですので、CMYKプリンターのカラープロファイルが作成できるツールを使用します。

i1Studio(アイワン・スタジオ)(販売終了)

 テストチャートのパッチ数が少ないので少し簡易的ですが、RGBプリンター、CMYKプリンターのプロファイルが作成できるi1Studio(アイワン・スタジオ)という製品があります。

メーカーのページ

i1Studio(アイワン・スタジオ)
i1Studio(アイワン・スタジオ)

参考記事

【旧製品】i1 Studioとはプリンター・モニター・カメラ等の色管理ツール 初級者向き
 プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングを行うような場合、ディスプレイやプリンターのプロファイルを自分で作る必要が出てきます。  ディスプレイプロファイルについては、キャリブレ...

Calibrite ColorChecker Studio i1Studioの後継機

 X-Riteの写真・映像関連製品の販売がキャリブライト社に移行した結果、i1Studioは販売終了になりました。
 Calibrite社 ColorChecker Studioがi1Studioの後継機だと思われます。

カメラのキタムラ Amazon

メーカーのページ

https://calibrite.com/jp/product/colorchecker-studio/

参考記事

ColorChecker Studioはプリンター・モニター・カメラ等の色管理ツール 初級-上級者向き
 プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングを行うような場合、ディスプレイやプリンターのプロファイルを自分で作る必要が出てきます。  プリンターのカラープロファイルを作成するための...

補足 実際は、レーザープリンターはプリンタープロファイルだけで色管理するのは難しい

 ただし、レーザープリンターはインクジェットプリンターと比べると不安定で色管理がとても難しいです。
 普通のプリンタープロファイルだけで色補正をしようとすると、短時間で何度もプロファイルを作り直さなければならなくなります。
 そのため、インクジェットプリンターと同じようにプリンタープロファイルを作ってレーザープリンターの色管理を行うのは大変です。

 そこで、業務で使ったりする場合は、通常はカラーマネジメント機能つきのプリンターを使い、プリンターに備わっているキャリブレーション機能を使って半日に一回などキャリブレーションを行なって色管理をします。

 プリンタープロファイルは通常通り作っておいて、プリンターのRIPなどに登録しておきます。
 それに加えて、半日や一日で色がずれてくる分をキャリブレーション機能で補正します。
 カラーマネジメント機能付の複合機などは、このようにニ段階で色補正をすることでプリンタープロファイルを頻繁につくり直さなくても済む仕組みになっています。

カラーマネジメント機能付のレーザープリンタ・LEDプリンターなどはRIPで色管理する

 カラーマネジメント機能が付いたレーザープリンターやLEDプリンターなどがあります。
 そのようなプリンターは、多くの場合プリンター専用のRIPにプリンターのキャリブレーションの機能などがあります。
 そのため、外部のプリンターキャリブレーションツールを使わずにRIPに備わった機能でキャリブレーション作業をするのが普通です。
※RIPは、おおまかに言えば、送られてきたデータからプリンター出力用のCMYKの各版を作る装置です。

 ただしその場合も、測色器はプリンターに付属していなくて、i1Pro2などの測色器だけは別途購入する必要があるかもしれません。

担当者以外はプリンターの設定を操作してはいけない場合でも、キャリブレーションツールは使える

 共同で使っているプリンターなら、担当者以外はRIPの設定の操作は許可されていない場合もあるでしょう。

 そのような場合でも、プリンターキャリブレーションツールを持っていれば、プリンター本体には何も影響を出さずに最低限のキャリブレーションはできます。

 現状のままのプリンターで、他の出力物と同じようにテストチャートを自分のパソコンから送ってプリンター出力します。
 出力したチャートを自分の机に持ってきて測色します。
 完成したプリンタープロファイルを自分のパソコンに保存し、プリンター出力を行うときはそのプリンタープロファイルを使用して出力します。

 そのようにすると自分だけはカラーマッチングが実現できます。

 ただし、インクジェットプリンターと違ってレーザープリンター等は色が不安定で、また共同利用のプリンターなら知らないうちに誰かが設定を変更することもあり得るので、かなり頻繁にプロファイルを作らなければならないかもしれません。

インクジェットプリンターから、高い精度で正確な色で出力したい場合

 一般的なインクジェットプリンターはRGBプリンターですので、RGBプリンターのカラープロファイルが作成できるツールを使用します。

i1Photo Pro 3(アイワン・フォトプロ 3)

 テストチャートのパッチも自由に変えられ、高い精度のRGBプリンターのプロファイルが作成できる、i1Photo Pro 3(アイワン・フォトプロ 3)という製品があります。
 i1Photo Pro 2の後継の機種です。

Amazon 楽天市場

メーカーのページ

X-Rite i1Photo Pro 3 | 写真に好評な製品ソリューション
新しい i1Photo Pro 3 は写真に好評な製品ソリューションとして、測定、表示、印刷する色を忠実に再現します。詳しくは、日本公式サイトをご覧ください。

i1Photo Pro 2(アイワン・フォトプロ 2)(販売終了)

 テストチャートのパッチも自由に変えられ、高い精度のRGBプリンターのプロファイルが作成できる、i1Photo Pro 2(アイワン・フォトプロ 2)という製品があります。

楽天市場 Amazon

メーカーのページ

プロ使用のi1Photo Pro 2 | X-Rite
Created to achieve accurate color the first time, the i1Photo Pro 2 is the perfect calibration and profiling tool collection for photo professionals.

参考記事

【旧製品】i1 Photo Pro 2とは 中上級者向き写真向けカラーマネジメントツール
 写真を扱う作業向けのカラーマネジメントツールにX−Rite®「i1Photo Pro 2」があります。  ここでは、「i1Photo Pro 2」はどういうツールかご紹介します。 i1Photo Pro3 ...
i1 Photo Pro2でプリンタープロファイルを作成する方法
 色々な用紙を使用してプリンター出力するとき、精度よくカラーマネジメントを行うためにはプリンタープロファイルを自作します。  X-Rite® i1 Photo Pro2は、一般的なインクジェットプリンターのようなRGB...

レーザープリンターから正確な色で出力したい場合、オフセット印刷のプロファイルを作成したい場合

 一般的なレーザープリンターCMYKプリンターです。
 また、オフセット印刷CMYKプリンターとみなせるので、CMYKプリンターのカラープロファイルが作成できる機能があればオフセット印刷のカラープロファイルが作成できます。

i1Publish Pro 3(アイワン・パブリッシュ・プロ3)

 テストチャートのパッチも自由に変えられ、高い精度のCMYKプリンターのプロファイルが作成できる、i1Publish Pro 3(アイワン・パブリッシュ・プロ3)という製品があります。
 i1Publish Pro2の後継の機種です。

楽天市場 Amazon

メーカーのページ

i1Publish Pro 3 - X-Rite エックスライト 日本公式サイト
i1Publish Pro 3(アイワンパブリッシュ・プロ3)はデジタルカメラ、ディスプレイ、プロジェクター、RGBプリンター、CMYKプリンターのカラーマネジメントに必要な機能を備えた全部入りモデル。

i1Publish Pro 2(アイワン・パブリッシュ・プロ2)(販売終了)

 テストチャートのパッチも自由に変えられ、高い精度のCMYKプリンターのプロファイルが作成できる、i1Publish Pro 2(アイワン・パブリッシュ・プロ2)という製品があります。

楽天市場 Amazon

メーカーのページ

i1Publish Pro 2(アイワンパブリッシュ・プロ2) - X-Rite エックスライト 日本公式サイト
i1Publish Pro 2(アイワンパブリッシュ・プロ2)はデジタルカメラ、ディスプレイ、プロジェクター、RGBプリンター、CMYKプリンターのカラーマネジメントに必要な機能を備えた全部入りモデル。

レーザープリンターはプリンタープロファイルだけで色管理するのは難しい

 ただし、前記の通り、レーザープリンターはインクジェットプリンターと比べると不安定で色管理がとても難しいです。

 そこで、業務で使ったりする場合は、通常はカラーマネジメント機能つきのプリンターを使い、プリンターに備わっているキャリブレーション機能を使って半日に一回などキャリブレーションを行なって色管理をします。

 プリンタープロファイルは通常通り作っておいて、プリンターのRIPなどに登録しておきます。
 それに加えて、半日や一日で色がずれてくる分をキャリブレーション機能で補正します。
 カラーマネジメント機能付の複合機などは、このようにニ段階で色補正をすることでプリンタープロファイルを頻繁につくり直さなくても済む仕組みになっています。

オフセット印刷のカラープロファイルはRIPなどに付属の機能を使っている場合も多い

 i1Publish Pro2、i1Publish Pro3でオフセット印刷のカラープロファイルは作れます。

 この他、印刷会社が使っているRIP(網点の版を作るソフト、装置)やその周辺の機能を使ってカラープロファイルを作る場合も多いです。

 オフセット印刷用のRIPは様々な機能を持っていることが多く、またオプションで色管理用の別ソフトがあったりします。
 そういった機能の中に、カラープロファイルを作る機能もあり、それを使ってプロファイルを作成している場合も多いと思われます。

 以上、プリンターのカラーマネジメントに必要なツールをご紹介しました。

参考記事

ディスプレイとプリンター、色が正しくないのはどちらか 判断する方法
 ディスプレイ表示の色と、プリンター出力の色が異なる場合、見ただけではディスプレイとプリンターのどちらの色が不正確なのかは分かりません。  実際にはディスプレイの色が不正確である場合に、プリンターの色が不正確だと思い込んで解決策を...
プリンターの色管理 プリンターのプロファイルはどのように作るのか
 プリンターの出力用カラープロファイルを作成し、そのプロファイルを使って実際にプリンター出力を行うまでの手順は、様々な出力設定をしたり適切にプロファイルを選択したり色々とややこしいです。  詳しい説明を見ると、ややこしくて頭が混乱...
写真をモニターと同じ色でプリンターで印刷する方法の簡単な説明
 パソコンのディスプレイ表示とプリンター出力の色を同じになるようにする理屈や方法の説明は色々ありますが、説明するほどだんだんややこしくなって、分かりにくくもなってきます。  ここでは、写真をディスプレイ表示と同じ色でプリンター...
モニターとプリンターの色を合わせるために、最低限何が必要なのか
 いいプリンターを買ったがパソコン画面と色が違い過ぎる、  カラーマネジメント対応のAdobe®のソフトを使用しているがモニターとプリンター出力の色が違い過ぎる、  カラーマネジメントディスプレイを購入したがプリンター出...
i1 Photo Pro2でプリンタープロファイルを作成する方法
 色々な用紙を使用してプリンター出力するとき、精度よくカラーマネジメントを行うためにはプリンタープロファイルを自作します。  X-Rite® i1 Photo Pro2は、一般的なインクジェットプリンターのようなRGB...

カラーマネジメントツール販売店