カラーマネジメント対応ソフトの操作

Macの「プレビュー」で簡単に写真を印刷する方法

 Macの付属ソフト「プレビュー」で写真を印刷したい場合はよくあるでしょう。

 ここでは「プレビュー」で簡単に写真を印刷する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

「プレビュー」から、それほど自動色調整は必要ないので普通に無難に印刷したいだけの場合

手順1 プレビューで写真を開く

操作 Macの「プレビュー」で写真のデータを開きます。

データを開く

デジカメで普通撮影した写真のデータならほとんど正常に開ける

 「プレビュー」は画像データの埋め込みプロファイルを解釈して正しく開いてくれます。

 デジカメで撮影したJPGデータはほとんどの場合sRGBかAdobeRGBなどのカラープロファイルが埋め込まれるので、問題なく開けます。

手順2 用紙サイズや向きなどの設定

操作 用紙をプリンターに縦向きにセットする予定で、写真が横向きの場合、上部の「反時計回りに回転」のボタンをクリックして縦向きに変更しておきます。
(用紙の向きと写真の向きが異なっても、プリンタードライバーの操作などで向きを合わせることはできますが、あらかじめ写真のデータの向きを用紙の向きに合わせて回転しておいた方がややこしくなくて楽です。)

「反時計回りに回転」のボタン

写真の向きを用紙の向きに合わせておくと楽

操作 メニューから[ファイル>プリント]と進みます。

操作 印刷設定の画面の「プレビュー」の項目を設定します。
用紙サイズ:」で使用する用紙のサイズを指定します。
用紙サイズに合わせる」「イメージ全体をプリント」あたりに設定すると、写真全体が用紙に収まります。

印刷設定の「プレビュー」の項目を設定

手順3 「カラー・マッチング」に関する設定

操作カラー・マッチング」の設定で、プリンタードライバーによる色管理に相当するものを選びます。
 この例ではEPSON®のプリンターを使用しているので、「EPSON Color Controls」を選んでいます。

「カラー・マッチング」に関する設定

手順4 用紙種類、カラー調整などの設定

操作印刷設定」の項目の設定をします。

「印刷設定」の項目

 「用紙種類:」は用紙の説明書に従って選択します。
 例えば、この例で使用している「EPSON® 写真用紙ライト 薄手光沢」の説明には以下のように書かれています。

印刷設定 ●写真用紙ライト<薄手光沢>に印刷するときはプリンタードライバーで次のように設定してください。
用紙種類:写真用紙ライト(写真用紙ライトがない場合はEPSON写真用紙)

 この説明に従って、「用紙種類:EPSON写真用紙」に設定します。(この例で使用しているEP-4004の用紙種類の設定には「写真用紙ライト」がないため)

 「カラー」は「カラー:カラー」に設定します。

 「カラー調整:」は使用しているプリンターの最も標準的な設定と思われるものにしておきます。
 この例では「カラー調整:EPSON基準色(sRGB)」に設定しておきます。

(※当方が試した限りでは、「EPSON標準色(sRGB)」ではなく「AdobeRGB」などを選んでも、結果にそれほど差はありません。)

 「印刷品質:」は好みのものを選びます。

 双方向印刷をするかしないかは好みで決めます。

手順5 印刷

 「プリント」をクリックして印刷を実行します。

 自分でプリンタープロファイルを選んだわけでなく、プリンター任せで簡単に印刷した割に、一応無難に印刷されます。

印刷結果

元のデータ

 以上で、「プレビュー」から、それほど自動色調整は必要ないので普通に無難に印刷したいだけの場合の印刷は完了です。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

「プレビュー」から、写真にある程度自動調整を施して印刷したい場合

 「プレビューから」、写真をそのままではなく、ある程度明るさや色などに自動調整を施して印刷したい場合は以下のようにします。

手順1 プレビューで写真を開く

操作 Macの「プレビュー」で写真のデータを開きます。

デジカメで普通撮影した写真のデータならほとんど正常に開ける

 「プレビュー」は画像データの埋め込みプロファイルを解釈して正しく開いてくれます。

 デジカメで撮影したJPGデータはほとんどの場合sRGBかAdobeRGBなどのカラープロファイルが埋め込まれるので、問題なく開けます。

手順2 用紙サイズや向きなどの設定

操作 用紙をプリンターに縦向きにセットする予定で、写真が横向きの場合、上部の「反時計回りに回転」のボタンをクリックして縦向きに変更しておきます。
(用紙の向きと写真の向きが異なっても、プリンタードライバーの操作などで向きを合わせることはできますが、あらかじめ写真のデータの向きを用紙の向きに合わせて回転しておいた方がややこしくなくて楽です。)

「反時計回りに回転」のボタン

写真の向きを用紙の向きに合わせておくと楽

操作 メニューから[ファイル>プリント]と進みます。

操作 印刷設定の画面の「プレビュー」の項目を設定します。
用紙サイズ:」で使用する用紙のサイズを指定します。
用紙サイズに合わせる」「イメージ全体をプリント」あたりに設定すると、写真全体が用紙に収まります。

印刷設定の「プレビュー」の項目を設定

手順3 「カラー・マッチング」に関する設定

操作カラー・マッチング」の設定で、プリンタードライバーによる色管理に相当するものを選びます。
 この例ではEPSON®のプリンターを使用しているので、「EPSON Color Controls」を選んでいます。

「カラー・マッチング」に関する設定

手順4 用紙種類、カラー調整などの設定

操作印刷設定」の項目の設定をします。

「印刷設定」の項目

 「用紙種類:」は用紙の説明書に従って選択します。
 例えば、この例で使用している「EPSON® 写真用紙ライト 薄手光沢」の説明には以下のように書かれています。

印刷設定 ●写真用紙ライト<薄手光沢>に印刷するときはプリンタードライバーで次のように設定してください。
用紙種類:写真用紙ライト(写真用紙ライトがない場合はEPSON写真用紙)

 この説明に従って、「用紙種類:EPSON写真用紙」に設定します。(この例で使用しているEP-4004の用紙種類の設定には「写真用紙ライト」がないため)

 「カラー」は「カラー:カラー」に設定します。

 「カラー調整:」は使用しているプリンターの自動色調整機能を選択します。
 この例ではEPSONのプリンターを使用しているので、EPSONのプリンターに付いている自動調整機能である「オートフォトファイン!EX(Epson Color)」を選択します。

 「カラー詳細設定」のタブをクリックします。

カラー詳細設定のタブ

 「補正モード:」の欄で、印刷する写真に合っていると思える項目を選びます。

「補正モード:」の選択

 「基本設定」のタブをクリックして戻ります。

「基本設定」のタブ

 「印刷品質:」は好みのものを選びます。

 双方向印刷をするかしないかは好みで決めます。

手順5 印刷

 「プリント」をクリックして印刷を実行します。

 プリンタードライバーが自動的に色や明るさを調整して、ある程度無難な仕上がりに印刷されます。

「オートフォトファイン!EX」(標準モード)を使用した印刷結果

「オートフォトファイン!EX」(人物モード)を使用した印刷結果

元の写真のデータ

 以上で、「プレビュー」から、写真をそのままではなく、ある程度明るさや色などに自動調整を施して印刷する作業は完了です。

 以上、「プレビュー」で簡単に写真を印刷する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜