Photoshopの使い方

Photoshopでモノクロ写真をカラーにする方法

2021年5月24日

gray_color07

 モノクロ写真をカラーにするとしたら、昔ならAdobe® Photoshop®で自分で色を推測しながら色を付けるしかありませんでした。
 今ではPhotoshopなどで自動で色を付けられるようになり、めっきり楽になりました。

 ここではPhotoshopでモノクロ写真をカラー写真にする方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

色を付ける写真

 このページでは、以下のモノクロの写真素材に色を付けてみます。

元のモノクロ写真

元のモノクロ写真

手動で色を付ける場合

 モノクロ写真に手動で色を付けるとしたら、一例としては以下のようにします。

1.RGBモードにする

 作業する写真がグレースケールモードの画像の場合、そのままでは色が付けられないのでRGBモードに変更します。

 [編集>プロファイル変換]でsRGBかAdobeRGBにプロファイル変換するか、[イメージ>モード>RGBカラー]RGBモードにします。

2.色を付ける

 やりやすい方法で色を付けます。

 「色相・彩度」の調整レイヤーを乗せて、「色彩の統一」にチェックを入れると、画像に色がつきます。
 レイヤーマスクを使って場所を調整して色を付けます。
 「色相」「彩度」を調整して自然に見える色合いにします。

 別の写真をレイヤーとして乗せて、レイヤーの描画モードを「カラー」などにすると、写真のカラーの成分だけを利用して色を付けられます。
 これも、レイヤーマスクで場所を調整して色を付けます。
 単純に「カラー」で乗せただけでは彩度が高すぎたりするので、上に「色相・彩度」調整レイヤーを乗せて、クリッピングマスクにして彩度を調整し、自然に見えるようにします。

 空のレイヤーを作成し、描画モードを「カラー」にし、ブラシで色を塗ることで色を付けられます。

 以下の写真は、別の草原の写真を利用して地面に色を付け、「色相・彩度」で「色彩の統一」にチェックを入れて木に色を付け、描画モード「カラー」のレイヤーにブラシで色を塗って空に色を付けてみた例です。

手動で色を付けた例

手動で色を付けた例

カラーマネージメント技術は人のためにある

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の

blankremember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

自動で色を付ける場合

1.RGBモードにする

 作業する写真がグレースケールモードの画像の場合、そのままではPhotoshopの自動でカラー化するフィルターが使えないので、RGBモードに変更します。

 [編集>プロファイル変換]でsRGBかAdobeRGBにプロファイル変換するか、[イメージ>モード>RGBカラー]RGBモードにします。

2.ニューラルフィルターを使用する

 メニューから[フィルター>ニューラルフィルター]と進み、「ニューラルフィルター」の操作画面を表示します。

 「カラー化」のフィルターをまだダウンロードしていない場合は、ダウンロードのマークをクリックしてダウンロードします。

「カラー化」のフィルターをダウンロードする

「カラー化」のフィルターをダウンロードする

 ダウンロード済みになったら、「カラー化」にチェックを入れます。
 すると自動で色が付きます。

「カラー化」にチェックを入れる

「カラー化」にチェックを入れる

自動でカラー化された結果

自動でカラー化された結果

 無難な感じにカラー化されました。

 「ニューラルフィルター」の操作画面で、各スライダーを操作したり、「焦点」の欄で色を追加したりすることでカラー化後の色合いを操作できます。

 3.後処理を行うのも良い

 自動でカラー化した結果に不満があり、「ニューラルフィルター」の操作画面でも微調整がしにくい場合は、カラー化した後に、Photoshopの通常の各種色補正機能を使って希望通りの仕上がりになるように調整を加えるのも良いでしょう。

 以下は、カラー化後に、もう少し色がついていても良さそうな場所に手動で色を付けてみたものです。

カラー化後に手動で微調整した結果

カラー化後に手動で微調整した結果

 

人物のモノクロ写真を自動でカラー化した例

 人物のモノクロ写真をカラー化するとき、手動では肌の色を自然に見せるのは結構難易度が高い作業でした。

 自動でカラー化すると肌も無難にカラー化されます。

 次の写真はカラーの写真素材を一旦モノクロ写真に変えたものです。

モノクロ写真

モノクロ写真

 これをPhotoshopの「ニューラルフィルター」の「カラー化」で自動でカラーにすると以下のような結果になります。

「ニューラルフィルター」の「カラー化」でカラーにした結果

「ニューラルフィルター」の「カラー化」でカラーにした結果

 無難な感じにカラー化されました。

 ノイズのような不要な色が結構入ってくるので、その辺りは手動で手直しするのも良いでしょう。
 以下は手動で不要な色を消す手直しをした結果です。

手動で手直しした結果

手動で手直しした結果

 以上、Photoshopでモノクロ写真をカラー写真にする方法をご紹介しました。


 

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-Photoshopの使い方
-,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜