Photoshop Elementsで画像の解像度、サイズを変更する方法

 写真などの画像データは使うサイズに合わせて解像度やサイズを変更して使う場合が多いです。用途に適した解像度、サイズにすることで、無駄にデータの容量が大きくならずに済んだり、適正なシャープネス処理を行えるようになります。

 ここではAdobe® Photoshop® Elementsで画像データの解像度、サイズを変更する方法をご紹介します。

画像データの解像度、サイズに関する基礎知識

 画像データの解像度やサイズの関係についての基礎知識は以下のページ等をご参照ください。

参考記事

写真、画像の解像度変更・サイズ変更の方法 〜pixel、mm、dpi、ppi〜
 写真に最適なシャープネス処理をするには、画像データのサイズ変更が必要です。  写真をウェブにアップするとき、画像サイズを変更したいときもあるでしょう。  画像データのサイズはpx、mmなど何種類も表記があり、解像度が変わる...

Photoshop Elementsで解像度、サイズを変更する手順

 例として、解像度200dpi、幅127mmの画像データを作る場合を考えます。

 Photoshop Elementsで画像データを開きます。

Photoshop Elementsで画像データを開く

 メニューから[イメージ>サイズ変更>画像解像度]と進み、「画像解像度」の画面を表示します。

「画像解像度」の画面

 「画像の再サンプル」のチェックを外します
これで画像の絶対的なサイズは変更されなくなります。
その上で、「解像度」を200 pixel/inchに設定し、OKを押します。

「画像の再サンプル」のチェックを外し200pixel/inchに設定

 もう一度[イメージ > サイズ変更 > 画像解像度]と進みます。
 「画像の再サンプル」にチェックを入れ、一般的な写真の画像の場合は「バイキュービック法(滑らかなグラデーションに最適)」を選び、を127mmに設定します。
 縦横比を維持する鍵マーク鍵がかかった状態にします。
 OKを押します。

「画像の再サンプル」にチェックを入れて幅127mmに設定

 以上で幅127mmで解像度200dpiになるような画像データのサイズに変更されました。

 以上、Photoshop Elementsで画像データの解像度、サイズを変更する方法をご紹介しました。

Photoshop Elements