Photoshop Elementsからメーカー純正紙に印刷する方法(Macで簡単に)

 Photoshop® Elements®からプリンターメーカー純正紙に印刷する機会は多いでしょう。

 しかし、Photoshop Elementsは色々な印刷方法が可能なソフトであるため、設定欄がそれなりに複雑です。
 単純にメーカー純正紙に印刷したいだけでも、どのように設定すると良いか分からないことも多いでしょう。

 ここでは、MacのPhotoshop Elementsから、メーカー純正に、できるだけ簡単に、正確な色で印刷する手順をご紹介します。

Photoshop Elementsのカラー設定

 Photoshop Elementsのカラー設定が適切でないと、写真のデータを開いた時に色がおかしくなります。

 そこで、カラー設定を確認、設定しておきます。

 Photoshop Elementsのメニューから[編集>カラー設定]と進みます。

 「カラー設定」の画面で「画像表示用に最適化」「プリント出力用に最適化」「プロファイル選択画面を表示」のいずれかを選びます。

 どれを選んでも、一般的なデジカメで撮影した写真のデータは正常に開かれます。

カラー設定の画面

参考記事

Photoshop Elementsのカラー設定 初心者の人に無難な設定方法
 Adobe® Photoshop® Elementsを使って写真の明るさ・色補正などをしている人は多いでしょう。  Photoshop® Elementsのカラー設定は、設定次第で知らないうちにおかしな色...

Photoshop Elementsからの印刷手順

手順1 Photoshop Elementsで画像データを開く

 Photoshop Elementsで写真のデータを普通に開きます。

写真の向きを用紙の向きに合わせて回転しておくと便利

 例えば、横向きの写真のデータを縦向きにセットした用紙に印刷する場合、プリンタードライバーの機能などを使って回転させて正常に印刷できます。

 しかし、用紙の向きと写真のデータの向きを合わせるのは結構ややこしく、面倒なことが多いでしょう。

 そこで、写真のデータを開いたら、用紙の向きに合わせて画像データの向きを回転させておくとややこしくなくて便利です。

 メニューから[イメージ>回転>90°]と進んで回転させます。

 あくまで印刷するときに便利なように回転させるだけなので、印刷終了後は上書き保存せずにファイルを閉じます。

手順2 Photoshop Elementsの印刷設定

 メニューから[ ファイル > プリント ]と進み、Photoshop Elementsのプリント設定画面を開きます。

 「プリンターを選択:」の欄で、使用するプリンターを選択します。

 「用紙サイズを選択;」の欄で、使用するインクジェット用紙のサイズを設定します。

 「プリントサイズを選択:」の欄で、印刷するサイズを設定します。
 用紙と同じサイズを選べば普通に用紙全体に印刷することになります。
 写真のデータ自体が既に用紙に合わせてサイズ変更済みで、プリンター出力時にサイズを調整されたくない場合は「実サイズ」を選びます。

Photoshop Elementsの印刷設定の画面

 「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプションをクリック

 「詳細オプション」の画面が表示されます。

 「詳細オプション」の左の欄で「カラーマネジメント」を選びます。

 「カラー処理:」の欄で「プリンターによるカラー管理」を選びます。

 「マッチング方法:」の欄は、「知覚的」か「相対的な色域を維持」のいずれかでたいてい問題ありません。

「詳細オプション」の画面

 「OK」をクリックして閉じます。

手順3 プリンタードライバーの設定

 「用紙設定」をクリックし、プリンタードライバーの設定に進みます。

「用紙設定」をクリック

 プリンタードライバーの設定画面が表示されます。

プリンタードライバーの設定画面

 「カラー・マッチング」の設定欄で「ColorSync」を選択し、「プロファイル:」で「自動」を選択します。

プロファイル:自動」の下の行にプリンタープロファイル名が表示されますが、とりあえず気にせずに進みます。

「カラー・マッチング」の設定欄

 「印刷設定」の設定欄で「用紙種類:」の設定を行います。
 「用紙種類:」はメーカー純正紙の説明書に従って選択します。
 例えばこのページの例で使用しているEPSON「写真用紙ライト 薄手光沢」の場合、用紙のパッケージに以下のような説明があります。

印刷設定 ●写真用紙ライト<薄手光沢>に印刷するときはプリンタードライバーで次のように設定してください。
用紙種類:写真用紙ライト(写真用紙ライトがない場合はEPSON写真用紙)

 このページの例で使用しているEPSON EP-4004のプリンタードライバーでは「写真用紙ライト」という選択肢はないため、「EPSON写真用紙」を選択しました。

「印刷設定」の欄で「用紙種類:」を設定

 「印刷品質」は好みの選択肢にします。
 「双方向印刷」を好みで設定します。急いでいなければチェックを外し「単方向印刷」にすると良いでしょう。

「カラー・マッチング」の再確認

 以上でプリンタードライバーの設定は完了ですが、「カラー・マッチング」の設定を再度確認しておきます。

 「カラー・マッチング」の設定欄を表示し、「プロファイル:自動」と設定した箇所の下の行に表示されたプリンタープロファイルを確認します。
 先ほど「用紙種類:」欄を使用する用紙の説明書に従って設定した結果、適正なプリンター付属のプリンタープロファイルが自動的に選択されています。

「カラー・マッチング」の欄のプリンタープロファイルを確認

 問題なければ「保存」をクリックしてプリンタードライバーの設定を終えます。

手順4 印刷開始

 印刷設定の画面に戻ったら、「プリント」をクリックして印刷を開始します。
 もしプリンタードライバーの設定画面が再度表示されたら、ざっと確認して、プリンタードライバーの画面にある「プリント」をクリックします。

 以上で印刷完了です。

印刷結果

 以下はインクジェットプリンターの印刷結果をスキャニングしたものです。

 Macのカラーマネジメント機能「ColorSync」が自動で適正なプリンター付属のプリンタープロファイルを選び、正しくカラーマネジメントを行なって印刷されています。

 プリンター付属のプリンタープロファイルを使用しているので、多少の誤差はありますが、カラーマネジメント自体は正しく行われ、そこそこの精度のカラーマッチングが実現しています。

インクジェットプリンターの印刷結果

元の写真のデータ

 以上、MacのPhotoshop Elementsから、メーカー純正に、できるだけ簡単に、正確な色で印刷する手順の一例をご紹介しました。

参考記事

Photoshop Elementsの「クイック」モードで写真の明るさコントラスト・色調を補正する手順の一例
 自分で撮影した写真の明るさやコントラスト、色調を補正するときにAdobe® Photoshop® Elementsを使用する人は多いでしょう。  Photoshop Elementsの「クイック」モードで、写...
AdobeRGBで撮影し店でプリントする方法 Photoshop Elementsで一処理加える
 デジカメで撮影するとき、念のためAdobeRGBモードで撮影したいこともあるでしょう。  しかし、AdobeRGBの写真をそのまま店でプリントすると色が変わってしまうことが多いです。  色が変わってしまわないためには、簡単な変...