カラーマネジメント対応ソフトの操作 Photoshopの使い方

PhotoshopはAdobeRGBと決まっているわけではない

2018年11月15日

 たまに、一般的なソフトはsRGBだがPhotoshopはAdobeRGB、という話を耳にすることがあります。
 実際はそうとは限りません。

 ここではAdobe® Photoshop®が扱う色空間はAdobeRGBとは限らないことをご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

Photoshopの作業用カラースペースはカラー設定で決める

自分の作業の都合に合わせて作業用の色空間を設定する

 Photoshopの作業用の色空間カラー設定で決めることができます。

Photoshopのカラー設定の画面

 Photoshopを使う人がそのときどきの事情で作業用の色空間を決めます。
 カラー設定の「作業用スペース」で、その色空間を示すカラープロファイルを指定します。

 そのようにして作業をはじめます。

 作業用カラースペースを設定するには以下のようにします。
 メニューから[編集>カラー設定]と進むと「カラー設定」の画面が表示されます。
 カラー設定の画面の「作業用スペース」のRGBCMYKの各欄にカラープロファイルを指定することで、作業用の色空間を設定できます。

Photoshopの作業用色空間を指定する欄

 AdobeRGB色空間で作業するのが都合が良ければAdobeRGBに設定して作業します。
 sRGB色空間で作業する方が都合が良ければsRGBに設定して作業します。

 別の色空間が都合が良ければ作業用スペースに別のカラープロファイルを指定します。

プリプレス用の作業ではAdobeRGBに設定する場合が多い

 オフセット印刷用のデータを作成するようなプリプレスの作業であれば、作業用のカラースペースをAdobeRGBに設定することが多いです。

 最終的にオフセット印刷で再現できる色域を最大限に使えるよう、前段階の作業ではできるだけ広めの色域のデータにしておきたいためです。

 DTPの教則本などでは、PhotoshopやIllustrator等のソフトのカラー設定で「プリプレス用-日本2」などのプリプレス作業向けのプリセットを選ぶように説明されています。
 「プリプレス用-日本2」を選ぶと作業用カラースペースはAdobeRGBに設定されます。

プリセット「プリプレス用-日本2」

 そのため、DTP作業をしている人のソフトの作業用カラースペースはAdobeRGBになっている場合が多いです。

WEB・インターネット用 などのプリセットを選べば作業用色空間はsRGBになる

 Photoshopのカラー設定のプリセットは他にもいくつかあります。

 「WEB・インターネット用」というプリセットを選ぶと作業用色空間はsRGBに設定されます。

プリセット「WEB・インターネット用」

 このように、Photoshopの色空間はAdobeRGBと決まっているわけではありません。
 設定次第で色々です。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
カラーマネジメント技術を利用した仕事や創作活動を意義あるものにするため、選挙、国会請願、その他諸々の方法で日本の主権者として主権を行使することも欠かせないでしょう。

2022年7月10日参議院選挙の参考記事
技能実習制度、入管収容、難民政策…各党はどう考えるのか?「移民政策に関する政党アンケート2022参院選」結果発表|移住連のプレスリリース
技能実習制度、入管収容、難民政策…各党はどう考えるのか?「移民政策に関する政党アンケート2022参院選」結果発表|移住連のプレスリリース

移住連のプレスリリース(2022年6月20日 14時20分)技能実習制度、入管収容、難民政策…各党はどう考えるのか?[移民政策に関する政党アンケート2022参院選]結果発表

prtimes.jp

以下は2021年の選挙の公約を比較したページです。

2022年7月10日参議院選挙の参考記事
選挙公約比較 | あと4年 未来を守れるのは今
各政党の気候・エネルギー政策 選挙公約比較

ato4nen.com

色管理に慣れていなければ、Photoshopの作業用カラースペースをsRGBに設定すると楽

Photoshopの作業用カラースペースがAdobeRGBの場合、sRGBのデータが扱いにくい

 Photoshopの作業用カラースペースをAdobeRGBに設定してあるとします。

 この状態で、sRGBのデータを適切にプロファイル変換等をせずに開けば、色が変わってしまいます。

Photoshopの作業用カラースペースをsRGBにしておくとsRGBのデータを扱うのが楽

 Photoshopの作業用カラースペースをsRGBに設定します。

 その状態なら、sRGBをそのまま単純にPhotoshopで開けば、正常な色で開かれます。

 そのように、作業用カラースペースをsRGBにしておけば、Photoshopを他の一般的なソフトと同じ雰囲気で使えます。

参考記事

Photoshopをカラーマネジメントせずに使いたい時のカラー設定

 Adobe® Photoshop®はカラーマネジメント対応ソフトです。  普通に使うと色管理の機能が働きます。  カラーマネジメントに詳しくない方がPhotoshopを使いたい場合、 ...

 以上、Adobe® Photoshop®が扱う色空間はAdobeRGBとは限らないことをご紹介しました。

参考記事

当事務所の写真・グラフィック出力サービス

 仕事や創作活動で写真・グラフィックのデータを完成させたら、最終的なプリンター出力を当方にご依頼いただけますと幸いです。

カラーマネジメント技術は人のためにある

 人の暮らしに役立つ道具を作るのが技術、工学の目的です。カラーマネジメント技術を利用した仕事や創作活動を意義あるものにするため選挙、国会への請願その他種々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

浜野謙太 投票はあなたの声 #shorts|VOICE PROJECT 投票はあなたの声

Photoshopの本

Photoshopの自動化

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

広告

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, Photoshopの使い方
-, , ,

© 2022 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜