Photoshopの使い方

Photoshopでレースのような透ける素材の服の色を変更する方法の一例

ページトップのイメージ画像

 Adobe® Photoshop®で商品やモデルの服の色を変更するケースは多いでしょう。
 単純に選択範囲を作って色相を変えて赤い色の物を緑色に変えるような処理はある程度簡単です。
 一方、レースのような透ける素材の物の色を変更するような場合、単純に選択して色を変えると素材の裏にあるものの色も変わってしまいます。
 さらに例えば紺色を明るいピンクに変えるなど明るさにかなり差がある色に変更したい場合、単純に色相などを変更しても明るさが変わらず望みの色にはなりません。

 ここではモデル着用の黒っぽい透ける素材の服をもう少し明るい紫色に変更してみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

色を変更する写真

 ここでは以下の写真の黒っぽい服の色を変更してみます。

元の写真

元の写真

選択範囲を作る

 服の色と明るさだけを変更するために選択範囲を作ります。

服の部分全体を含む選択範囲を作成

 服の部分全体を含む選択範囲を作成します。

 普通に顔や手や背景以外の服の部分を選択し、「選択とマスク」で自然に馴染ませて選択範囲を作り、グループのレイヤーマスクなどを作っておきます。

服の部分の選択範囲を作成

服の部分の選択範囲を作成

肌以外の服の部分だけの選択範囲の作成

 肌の色を変えずに透ける素材の服の色だけを変更するため、肌以外の服の部分だけの選択範囲を作ります。

選択作業をしやすいように色を操作

 元の写真の黒い服の部分を「色域指定」などで選択した場合、服の明るい部分と肌の暗い部分で色と明るさともに似ている部分もあるため、服以外の部分も選択されてしまいうまくいきません。

 そこで選択作業をしやすいように肌の色を一時的に変えます。

 「色相・彩度」や「特定色域の選択」を使って肌の部分の色を変更し、服と肌の色にできるだけ差をつけて新規のレイヤーにします。

選択作業をしやすいように肌の部分の色を変えた状態

選択作業をしやすいように肌の部分の色を変えた状態

選択作業

 「色域指定」で肌の部分を選択します。

色域指定で肌の部分を選択

色域指定で肌の部分を選択

 作った選択範囲を「選択とマスク」でさらに正確で自然な選択範囲になるよう修正します。

 選択結果を見て、まだ問題のある場所があれば焼き込みツール、覆い焼きツールなどを使って手直しします。

色を変更する作業

全体の明るさを変更

 透ける服の色が暗い場合より明るい場合の方が肌も明るくなるので、服と肌全体の明るさを調整します。

服と肌を一律に明るさを調整する

服と肌を一律に明るさを調整する

服の部分の明るさ、色の調整

 服の部分について明るさを調整します。

服の部分の明るさを調整

服の部分の明るさを調整

 服の部分についてさらに明るさ、コントラストを調整します。

服の部分の明るさ、コントラストを調整

服の部分の明るさ、コントラストを調整

 服の部分の色相、彩度を変更します。

服の部分の色相、彩度を変更

服の部分の色相、彩度を変更

肌の部分の明るさ、色の調整

 透ける素材の服の色と明るさが変われば、肌の色と明るさも変わるので、肌の部分の明るさと色を調整します。

 「特定色域の選択」などを使って肌の部分の明るさ、色などを微調整します。

「特定色域の選択」などで肌の部分の色、明るさを微調整

「特定色域の選択」などで肌の部分の色、明るさを微調整

 さらに彩度を微調整します。

さらに肌の部分の彩度を微調整

さらに肌の部分の彩度を微調整

 レンズフィルターなり、他の機能なり、好みの機能で肌の部分に対する服の色の影響を再現します。

服の色による肌の部分への影響を再現

服の色による肌の部分への影響を再現

 肌の部分に対する服の色の影響を再現した結果を見て、さらに彩度を微調整してみます。

肌の彩度をさらに微調整

肌の彩度をさらに微調整

 以上で完成です。

色変更の前後の比較

服の色変更後

服の色変更後

元の写真

元の写真

さらに多少の色、明るさの変更なら全体に対する調整で可能

 もう少し暗い紫など、多少色や明るさが異なるバリエーションを作る程度なら、今使ったPhotoshopのデータに対して服と肌に一律に調整を加えるだけで対応できるでしょう。

 以下はもう少し暗い紫にしてみた結果です。

肌と服に一律の調整を加えてもう少しくらい紫にしてみた例

肌と服に一律の調整を加えてもう少しくらい紫にしてみた例

さらに精密に作らなければならない場合は地味な手仕事で対応

 写真全体を表示するだけなら以上のような作り方で対応できる場合も多いでしょう。

 しかし、もし一部分を拡大して表示しても色を変更した形跡が分からないくらいのレベルに仕上げなければならないとしたら、レイヤーマスクの不十分な場所を服の素材の目に合わせてブラシツール、焼き込みツール、覆い焼きツールなどで直していくなどの地味な手仕事で対応するしかないかもしれません。

 達人のような人なら別な方法を考えられるのかもしれません。

 以上、モデル着用の黒っぽい透ける素材の服をもう少し明るい色に変更する作業例をご紹介しました。

参考記事

huyoubutsu_shoukyo22
Photoshopで電線などの不要物を消す方法

 写真に写っている電線、車、ゴミなど、不要なものを消したいケースは多いでしょう。  写真編集を職業にしていなくてもAdobe® Photoshop®を持っている人は多いので、自分で消し ...

Photoshopで人物の写真を切り抜く方法、手順の例

 人物の写真を髪や服についても正確に切り抜いて、別の画像と合成したりレイアウトデータに配置して使うようなケースは多いでしょう。  ここではAdobe® Photoshop®を使って人物 ...

Photoshopの「選択とマスク」の使い方 境界が複雑なものを切り抜く時に使う

 Adobe® Photoshop®で選択範囲を作るためのツールの一つに「選択とマスク」があります。  「選択とマスク」は説明通りに使ってもいまいち使いにくいかもしれません。  また、 ...



当事務所の写真・グラフィック出力サービス

 仕事や創作活動で写真・グラフィックのデータを完成させたら、最終的なプリンター出力を当方にご依頼いただけますと幸いです。

技術は人のためにある

 人の暮らしに役立つ道具を作るのが技術、工学の目的です。写真や画像に関する仕事や創作活動を意義あるものにするため選挙、国会への請願その他種々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

浜野謙太 投票はあなたの声 #shorts|VOICE PROJECT 投票はあなたの声

Photoshopの本

Photoshopの自動化

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

-Photoshopの使い方

© 2022 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜