PhotoDirectorの使い方 デジカメ写真を自分で修正

PhotoDirectorのカラーマネジメントの仕様を確認してみる

2021年3月24日

photo_director_cms02

 CyberLink®の写真現像、レタッチソフトPhotoDirector®にはAdobe® Photoshop®のような細かいカラーマネジメントの設定欄はないようです。
 しかし、写真の作業をするならカラープロファイルがどのように扱われるかなど、把握しておきたいことも多いでしょう。

 ここではPhotoDirectorのカラーマネジメントの仕様をおおまかにみてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

PhotoDirectorには詳しいカラーマネジメントの設定欄はないようである

 例えばAdobe® Photoshop®はカラー設定という設定項目があり、プロファイルの扱いなどカラーマネジメントに関する細かい設定が行えます。
 設定が行えて便利な一方、カラー設定の設定内容が適切でない場合は色がおかしくなったりします。

 サイバーリンクのPhotoDirectorを使う限り、詳しいカラーマネジメントの設定欄はないようです。

 カラーマネジメントに関して複雑なことは行えませんが、そのおかげで色管理にあまり詳しくなくても失敗なく使えるようになっています。

PhotoDirector

icon icon


icon icon


PhotoDirectorのカラーマネジメントの主な仕様をみてみた結果

JPGなど、RAW以外のRGBデータを扱う場合

 写真の画像データについて、色空間を変えたり、またカラープロファイルを埋め込んだデータや埋め込まないデータを作り、PhotoDirectorで開いてみます。

埋め込みプロファイルなしの画像データを開く場合

 PhotoDirectorで埋め込みプロファイルなしのRGB画像データを開くと、sRGBのデータとみなされて色が確定され、開かれるようです。

sRGBで作成され、埋め込みプロファイルなしの画像データを開いてみる

 今、sRGB色空間で開くと以下のように見える画像データがあります。

この写真の本来の色

この写真の本来の色

 このデータをプロファイルの埋め込みなしの状態にしてPhotoDirectorで表示すると以下のようになり、上の画像と同じようにsRGBを指定した色になります。

sRGBの写真を埋め込みプロファイルなしの状態にした画像データを表示した結果

sRGBの写真を埋め込みプロファイルなしの状態にした画像データを表示した結果

AdobeRGBで作成され、埋め込みプロファイルなしの画像データを開いてみる

 次に、同じsRGBの画像データをAdobeRGBにプロファイル変換し、埋め込みプロファイルなしの状態にしてPhotoDirectorで開いてみると、以下のようになります。
 AdobeRGBに変換した画像にsRGBが適用されてしまうため、AdobeRGBの画像に無理やりsRGBを指定した時と同じような色になってしまいます。

この写真の本来の色

この写真の本来の色

AdobeRGBの写真を埋め込みプロファイルなしの状態にした画像データを表示した結果

AdobeRGBの写真を埋め込みプロファイルなしの状態にした画像データを表示した結果

埋め込みプロファイルありの画像データを開く場合

 プロファイルが埋め込まれた画像データを開くと、たいていの場合は正しく埋め込みプロファイルが適用されて、開かれます。

 埋め込みプロファイルが、一般的なRGBプロファイルであるsRGB、AdobeRGB、ProPhotoRGB、Display P3、などの場合は、正しくプロファイルが認識され、正しい色で表示されます。

 一方、プリンタープロファイルのようなRGBカラープロファイルや、AppleRGBなどの場合は、プロファイルを埋め込んでも正常な色では表示されませんでした。

sRGB埋め込みの画像データを開いてみる

 sRGB埋め込みの状態の画像データを表示すると、正しくsRGB色空間で表示され、データ本来の色になります。

この写真の本来の色

この写真の本来の色

sRGB埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

sRGB埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

AdobeRGB埋め込みの画像データを開いてみる

 AdobeRGB埋め込みの状態の画像データを表示すると、正しくAdobeRGB色空間で表示され、データ本来の色になります。

この写真の本来の色

この写真の本来の色

AdobeRGB埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

AdobeRGB埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

ProPhotoRGB埋め込みの画像データを開いてみる

 ProPhotoRGB埋め込みの状態の画像データを表示すると、正しくProPhotoRGB色空間で表示され、データ本来の色になります。

この写真の本来の色

この写真の本来の色

ProPhotoRGB埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

ProPhotoRGB埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

Display P3 埋め込みの画像データを開いてみる

 Display P3 埋め込みの状態の画像データを表示すると、正しくDisplay P3 色空間で表示され、データ本来の色になります。

この写真の本来の色

この写真の本来の色

Display P3 埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

Display P3 埋め込みの画像データを表示した結果。本来の色が正しく表示されている。

上記以外のRGBプロファイル埋め込みの画像データを開いてみる

 当ブログ運営者の私が試してみた限りでは、sRGB、AdobeRGB、ProPhotoRGB、Display P3 以外のRGBプロファイルが埋め込まれた画像データは正確に表示されないようです。

 インクジェットプリンターのデバイスプロファイルはRGBカラープロファイルですが、これを埋め込んだ画像データを開いても正常には表示できませんでした。(通常はこのようなことをする必要はないのでほとんど問題はないでしょう。)

プリンターのデバイスプロファイルを埋め込みの画像データを表示した結果。正常に表示されない。

プリンターのデバイスプロファイルを埋め込みの画像データを表示した結果。正常に表示されない。

 AppleRGBを埋め込んだ画像データを開いた場合も正常には表示できませんでした。

AppleRGBを埋め込みの画像データを表示した結果。正常に表示されない。

AppleRGBを埋め込みの画像データを表示した結果。正常に表示されない。

RAWデータを扱う場合

 RAWデータはまだ色を完成させる前のデータであり、色をカラープロファイルで確定する以前の状態でなので、普通にPhotoDirectorで開いて処理します。

CMYKの画像データを開いた場合

 CMYKの画像データを開いた場合は、プロファイルの種類に関わらず正常には表示できません。
 CMYKには対応していないようです。

JapanColor2001CoatedのCMYK画像データを開いてみた結果。

JapanColor2001CoatedのCMYK画像データを開いてみた結果。

データ書き出し時のプロファイルの扱い

 データを書き出す時、以下の3種類のプロファイルのいずれかを選べるようになっています。
 一般的な用途なら、この3種類のプロファイルのいずれかを選べれば十分でしょう。

  • sRGB
  • AdobeRGB
  • ProPhotoRGB


 RGBデータとして書き出すためには何らかの色空間を決めなければならないので、用途に合わせてどれかを選びます。

データ書き出し時のプロファイルの選択欄

データ書き出し時のプロファイルの選択欄

カラーマネージメント技術は人のためにある

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の

blankremember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

まとめ

カラーマネジメントの仕様のおおまかなまとめ

  • 埋め込みプロファイルがないRGBデータはsRGBとして扱われるようである。
  • 少なくともsRGB、AdobeRGB、ProPhotoRGB、Display P3 のプロファイル埋め込みのRGBデータは正常に扱われる。
  • 上記以外のRGBデータは正常に表示されない場合が多い。
  • CMYKデータには対応していないようである。


デジカメで撮影したデータを扱う限り問題なくうまくいく

 デジカメで撮影した画像データのほとんどはsRGBカラープロファイルまたはAdobeRGBカラープロファイルが埋め込まれています。
 スマホ等で撮影した写真はsRGBかDisplay P3 が埋め込まれた画像データになっている場合が多いです。
 別のソフトでRAW現像して書き出したデータもほとんどの場合sRGB、AdobeRGB、ProPhotoRGBのいずれかのカラープロファイルが埋め込まれています。

 よって、PhotoDirectorでデジカメやスマホで撮影した写真のデータを扱う限り、色管理に関してややこしいことは考えなくても問題なくうまくいくでしょう。

 PhotoDirectorにはカラーマネジメントに関する細かい設定欄がないため、色管理に詳しくない場合でも失敗せず無難に作業を進めることができます。

 以上、PhotoDirectorのカラーマネジメントの仕様をおおまかに確認してみました。


 

参考記事

PhotoDirector

icon icon


icon icon


サイバーリンク公式オンラインストアblank

フォトレタッチの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-PhotoDirectorの使い方, デジカメ写真を自分で修正
-, , , , , , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜