Photoshopの使い方

人物のフォトレタッチ 〜陰影の調整〜 フォトレタッチ入門 第15回

投稿日:2016年8月5日 更新日:

eyecatch_retouch_lessons15

 人物のフォトレタッチの作業をご説明します。
 この回では陰影の調整の方法をご紹介します。

人物のフォトレタッチ全体の中の、陰影の調整の位置付け

 ここで説明する人物のフォトレタッチの流れは以下のようにします。

 このページで紹介する陰影の調整の作業は6番目です。

  1. Camera Rawで明るさ・コントラストの調整。PSDで書き出し。
  2. Photoshopで肌の処理
  3. 明るさの微調整
  4. 肌の色調補正
  5. 目、口、鼻等の処理
  6. 陰影の調整
  7. 髪の毛の処理

陰影の調整が必要な例

 撮影したそのままの陰影には、できればここに影はほしくないなど、少し陰影の具合を直したい場所がある場合があります。

 目の下が若干クマのように見えるので明るくしたい、という場合もあるでしょう。
 鼻の横や目と目の間の影の具合など、少し影を薄くしたいような場合もあるでしょう。
 鼻と口の間にできた鼻の影が濃すぎると思う場合もあるでしょう。

 そのような場合には陰影の調整を行います。

Photoshopによる陰影の調整の一例

 Adobe® Photoshop®による陰影の調整の一例です。

 陰影の調整は、目の調整のときと同じく、覆い焼きツール焼き込みツールを調整レイヤー風にかける方法を使用します。

 この方法は以前はAdobeのサイトにも説明があり、レタッチの方法の説明でよく出てくる方法です。

手順1 覆い焼き、焼き込み用のレイヤーの作成

 覆い焼き、焼き込み用に新規レイヤーを作成します。
操作 メニューから[レイヤー>新規>レイヤー]と進み、「描画モード:オーバーレイ」にし、「オーバーレイの中性色で塗りつす(50%グレー)」にチェックを入れて新規レイヤーを作成します。

12_05_overlay_layer

覆い焼き、焼き込み用の新規レイヤーを作成

手順2 覆い焼きツール、焼き込みツールで陰影の調整

 覆い焼きツール、焼き込みツールで陰影の調整をしていきます。

操作 覆い焼き、焼き込みとも、「範囲:中間調」にします。
 また、処理し過ぎずちょっとずつ慎重に作業するため、露光量は1%〜20%など小さくしておきます。
 焼き込み・覆い焼き用に作成したレイヤー上に焼き込み・覆い焼きの効果を与えて、陰影を調整します。

 ブラシのサイズは効果をかけたい部分より一回り大きいくらいにして作業します。

15_02_ooiyaki

覆い焼きツール、焼き込みツールで陰影を調整

15_04_beforeafter

陰影の処理前(左) 処理後(右)

慣れていないとムラになる

 焼き込み・覆い焼きで陰影を調整する作業は慣れが必要です。

 慣れていない人が作業した場合、ムラになります。

陰影の調整の完了

 以上で陰影の調整は完了です。

15_03_end

陰影の調整まで完了した状態

 以上、陰影の調整の方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色調補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない色調補正・フォトレタッチ等のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

フォトレタッチの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-Photoshopの使い方
-

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.