カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

人物のフォトレタッチ〜肌の色調補正〜 フォトレタッチ入門 第11回

      2018/10/17

eyecatch_retouch_lessons11

 主にAdobe® Photoshop®を使用した人物の写真のフォトレタッチの作業をご説明します。

 この回では肌の色調整の方法の一例をご紹介します。




Photoshopで全体の色の調整

 写真全体の色の調整は、一般的な写真の処理と同じです。

当ブログ参考記事

肌の色調整

 ここでは黄色人種の人の肌の色の演出の方法をご紹介します。

特定色域で濁りに関する調整

操作 調整レイヤー「特定色域」をかけます。

操作 「相対値」「絶対値」のうち「絶対値」を選択しておきます。

良く撮れた人物写真なら肌の色演出はそれほど必要ないこともある

 ここでご紹介する特定色域を使った演出は、ある程度処理を加えた方が良さそうな写真の場合に使用できます。
 一方、プロのカメラマンがスタジオ内で人物を撮影した写真などの場合、肌の色がほぼ完璧な数値になっていることもよくあります。
 そのような写真の場合、余計な処理を加えると無意味に画質を悪くし色を不自然にしてしまう結果になります。
 よって、写真の見た目と数値を確認してほぼ完璧な場合はここでご紹介する処理は不要です。

特定色域で濁りを取る

操作カラー:レッド系」を選び、シアンのスライダーを少し下げて、肌の濁りを取ります。

 下げ幅は、たいていは0%〜−10%の間くらいでちょうど良い場合が多いです。

 数値的な目安としては、顔の一番明るい場所付近のCMYK変換後のCの数値が1〜3%になるくらいがちょうど良い場合が多いです。

CMYKの数値を目安にする場合はカラー設定に注意

 ただし、CMYK変換後の数値を目安にする場合、当コーナーで使用しているカラー設定と同じにしておく必要があります。

 CMYK変換後の数値を確認するには、情報パネルオプションで、第2色情報に「モード:CMYKカラー」を選んでおきます。

11_01_infopanel

情報パネルオプション

操作 特定色域の効果は肌のみにかけたいので、レイヤーマスクで肌のみにかかるようにマスク処理しておきます。

11_02_nigori

特定色域で濁りを取る

 この、濁りを取る操作はし過ぎると不自然になってくるので注意します。
 わずかに濁りがある状態が綺麗でかつ自然です。

肌の濁りが少なすぎる事例

 写真によっては、初めから濁りが無さ過ぎて不自然に仕上がっている場合もあります。
 「肌は鮮やかできれいなのになぜか不自然に見える」という場合は、数値を見てみるとCMYK変換後のCが0%になっている場合がよくあります。
 そういう場合は、特定色域の選択を使った上記の操作で逆にシアンのスライダーをに動かして濁りを入れてみます。そうすると肌が自然になってきます。

特定色域で顔を明るくする

 肌が少し明るい方が自然な色にしやすいので、少し明るくします。

操作 特定色域の、「カラー:レッド系」を選び、ブラック−10%くらいにしてみます。すると顔が少し明るくなります。

11_03_bright

特定色域で肌を少し明るくする

特定色域で肌の色の調整

 特定色域で肌の色を調整していきます。

顔の赤さの調整

操作 特定色域で「カラー:レッド系」を選び、マゼンタのスライダーを下げ、顔の赤さが気にならない状態にします。

 このあとさらに調整していくので、この段階では顔の赤さが完全に気にならないところまでスライダーを下げます。
 その結果少し黄色すぎる状態になりますが、気にせず進みます。

11_04_red

特定色域で顔の赤さを解消する

顔の黄色さの調整

操作 特定色域で「カラー:イエロー系」を選び、イエローのスライダーを下げ、良い顔色になるよう調節します。

11_05_yellow

特定色域で顔色を良くする

操作 イエローのスライダーを下げ過ぎると色が抜けてきます。
 イエローのスライダーをかなり下げても色が良くならない場合は、マゼンタのスライダーをに動かしてマゼンタを少し入れてみます
 そうすると色が抜けすぎずに黄色さを緩和できます。

11_06_yellowred

イエローにマゼンタを入れてみる

顔色にムラがあるとき

 顔色にムラがあり、上記のように肌全体の色を一律に操作するだけでは満足いく結果にならない場合もあります。
 その場合は、「色域選択」で黄色っぽい部分、赤っぽい部分などを選択し、その選択範囲に対して「特定色域」や「レベル補正」などで色の補正をかけて行きます。

彩度が低くてうまくいかない時

 写真全体の彩度が低いために、うまく色の調整ができない場合があります。その場合は、肌の調整用の「特定色域」の調整レイヤーの下などに「色相・彩度」の調整レイヤーを作成して彩度を少し上げてみます。

 そういった処理を施した結果が下図の状態です。

11_07_colorfinish

肌の色の調整まで終了した状態

彩度の調整

操作 肌の色の調整が一通り終わった後、もしもう少し彩度が欲しい場合は「色相・彩度」で肌の彩度を理想の状態にします。

その他の色の調整

 例の写真の場合なら葉や花など、肌以外に色を補正したい場所を補正します。

11_08_colorfinish2

肌以外の場所の色も調整

肌の色調整の完了

 以上で肌の色調整は完了です。

11_09_end

肌の色調整まで完了した状態

 以上、肌の色調整の方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

フォトレタッチの本

 - Photoshopの使い方